« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

ピットロード駆逐艦雪風製作日記(休憩編)

どうもこんばんは。

「XM16E1」が好きなパカ山です。

ピットロードの駆逐艦雪風の製作日記を続けてますけど、

鮎釣りの鉄線を明日買います、多分。

よって更新は少し待ってくださいね。

(こんな風に書くといいのかな)

先日、模型の空中線の話しましたよね。

アンテナとかの電線とかのことなんですけど、実物では艦首から艦尾まで艦橋を経由してとにかく長さを稼いで張るんです。

長さを稼ぐ理由は少しでも長い波長の電波を送受信するため。

波長を長くする理由は電磁波は波長が長いと遠くまで届くから。

青い色は波長が短いから空気中で散乱してしまうので空を青く染めてしまうし、赤い色は波長が長いので遠くまで届き夕暮れ時の空を赤く染める。

旧海軍は長波をよく利用しました。

長崎県の針尾の電波塔は「ニイタカヤマノボレ」の送信で有名ですが、高さで波長を稼ぎました。最近では「象の檻」が有名ですね。

電波の利用について日本は戦前から優れた研究を行なっていたのですが、その利用価値を見出したのは日本よりもアメリカでした。今も各家庭の屋根の上にある「八木アンテナ」も日本人が開発したのですが、戦中の日本軍はその価値が分からず、しかしアメリカ軍は大いに利用していました。

そんで空中線ですけど、あるサイトで女性の髪を使用した例もあると読んでから、かみさんの髪の毛が「材料」に見えてきたんです。

ある日(おととい)聞いちゃいました。

「あのー、髪の毛がねぇ、使えるらしいんだよね・・・」

かみさんはこう言いました。

「その辺落ちてるでしょ」

おっしゃるとおり!

そんで書斎の床を・・・・

そうしたら、・・・いやね、考えたら分かることなんだけど、

・・・・・・おいらのが落ちてた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月30日 (水)

アクセス増加キャンペーン?

累計アクセスは1000を超え、1日のアクセスも50を超えるようになりました。

今こそ飛躍の刻(とき)! アクセス増加キャンペーンをやりますぜ。

作戦はこうです。

1.毎回のブログで「XM16E1」などとどこかに書く。
  ⇒マイナーなキーワードなら検索で上位確保も可能。

2.タイトルを「ショコタソ がんばれ!」のような「撒き餌」にして、
  1行目を「かっわ~い奈保子、きっれ~い奈保子、アク○ミー♪」
  とか書いて、申し訳程度に触れておく。
  ⇒ブロガーのアクセスを誘う。


・・・・姑息やなぁ。(ほれぼれするわ)

それに「ア○アミー」ナツカシス。(画像探すかな)

って、おいら自身が釣られてますぜ。

ブログをアップすると、「新着記事」に載ります。

「新着記事」は一時間毎の更新なので、想定される新読者が現れる時間を狙ってアップするのが効果的。「新着記事」に紹介されるのはタイトルと1行目の少しだけなので、そこをキャッチーにしてみるわけです。

新着記事一覧に、

「九九式短小銃の分解」

「長澤ま○みタソが水着で・・・」

が並んでいたら、

どっちをクリックしますか?



・・・・・え? 両方?
(その手があったか!)

わかりました。

自信と信念を持って「九九式」でいきます。

でもまさみたんの「セーラー服と機関銃」は見ますんでよろしくです。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2006年8月28日 (月)

駆逐艦雪風製作日記(脱線編)

この数日のブログのアクセス解析によると、「結婚できない男」が一番人気でした。

・・・・・駆逐艦雪風製作日記じゃないんよ。

じゃぁさ、もっと姑息なキーワードを散りばめてアクセス稼いだる!

手始めはこうじゃ!

「ショコタソ」

次はコレじゃ!

「機関銃」

そうそう、「セーラー服と機関銃」の写真とか皆さんご覧になりました?

長澤まさみタソが「MP40」抱えてるんですぜ!

「グリースガン」じゃなくて「シュマイザー」ですぜ!

骨董品じゃないですか。

・・・・・これくらい書けばアクセス伸びるかな?(ホントはタイトルで選ばれるので、もうムダだと分かっています)。

タイトルと一行目に全てを賭けて、リベンジします。

長い前置きでしたが、コメント欄に「質問」を頂きました。感謝です!「雪風」見てくださったのですね。

Photo_61えっと、「ジャッキステーとやらに使う金属線はやわらかいのか」というしつもんですが、写真の通りフニャフニャです。

テレビのアンテナ線やAVケーブルをばらすと出てくる編み編みになった線をほぐしたモノであります。

実は今日、鮎釣り用の鉄線がメチャ細いと聞いたので、そいつに興味が移ってしまっています。

Photo_62次に「どうやって曲げてるのか」ですが、写真の通りなのでピンセットで引っ張ったり曲げたりしています。

外周へは、髪の毛を巻きつけるような感覚で手で巻いています。

やってるうちにコツが掴めてきたので、もう2、3個つぶせば見られるものが作れるかもしれません。

ついでに、今一番の課題は元のプラパーツのエッジを如何にシャープにするかにあります。模型作りの基本のスキルですが、今まできちんとそれに向き合ってきていませんでした。表面処理然りです。1/700は深いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駆逐艦雪風製作日記(砲塔2)

「雪風」と書くときょうびは「アニメの偵察機」だそうですね。

かくいうおいらは古代守の「地球連合艦隊 ミサイル艦ゆきかぜ」を思い浮かべますが。

そういうわけでタイトルに「駆逐艦」の文字を入れました。もうみんな迷わないですね。

「駆逐艦」好きなんですよ。小型軽量の船体に不釣合いなほどの出力、装甲は一切無く、一撃で敵艦に致命傷を与える(かも知れない)魚雷を装備し、マストを右左に大きく傾けながら時速70キロを超えるスピードで疾走する感じ。・・・たまらんです。

Sh530114_1そもそもプラモ作りを再開した理由はコレです。仕事帰りにタカラ「連斬模型大和」をコンビニで見つけてしまったことに始まります(駆逐艦も写ってます)。

2種類フルコンプしてしまいました。(この間殆ど全滅しましたが)

Photo_10次いで登場した駆逐艦シリーズもフルコンプしてしまったのですが、これがまた小さいのに良く出来ています。

ぶっといマストは気になりますけど、初めて手にした立体の駆逐艦でした。しびれました。

そんで思い出したのが、数年前からモデルグラフィックス誌で特集されていた「造艦技術大全」から始まる一連のウォーターライン特集でした。この特集の作例に受けた衝撃は計り知れません。高校の頃に武蔵を作った経験がありましたから、あの小ささの中に詰め込まれた「人間技とは思えない技術」と、「まるで絵画を描く様な艦のイメージの表現としての誇張や省略」がそこに掲載されていました。(今月号にも出てますよ)

おいらがそれを再現するなぞおこがましいにも程がありますが、手すりやマストなんかが「エッチングパーツ」という形でパッケージングされていますし、模型屋にも随分多種多様な素材が置かれていますので(エバグリも手に入るようになりました)少しばかり背伸びして「初めての駆逐艦プラモ」にチャレンジしてます。

まず買ったのがキットじゃなくてエッチングパーツ(爆)

3枚買ったので、税込み4千円近いです。

なんか、ニチモの1/200でも買ったほうが良かったんじゃないかとその時点で思いました。

以後、エッチングハサミ、ヤットコ、ケガキ針、ニッパ、塗料、ピンセット、極細ピンバイス、そしてエアブラシと、もう後には引けなくなってます。

・・・・・・・アフォでしょうか。

Photo_60今日の工作です。

ジャッキステーはベタに接着してみました。

側面の補強板も同じ金属線。

側面に窓つけましたけど、突起だなこれは。でもね断面がシャープペンの芯と同じ0.5mmなの(泣)。

C実物はこんな風になってます。

側面は補強板とジャッキステーが接近混在していますが、ロングで見るとよく見えません。でも影を落すので側面に筋が2本見えたりします。それを再現したいです。

・・・・・が、腕と相談します。

今日の加工法が多分私の技量からすれば限界かなと思います。個人的にはやや満足かな。楽しいです。

それではまた。おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

雪風製作日記(砲塔1)

こんにちは。パカ山です。

今日は砲塔製作の練習をやっていました。

結果から言いますと、失敗しました。トホホ。

まぁ、1/700の船は高校の時に武蔵作って以来、今回が2作目ですし。

それにプラモのブランクも10年以上ですしね。

・・・・・言い訳でした、スマソ!

Photo_50では早速。
今日の道具。

右下の丸いやつは写真用のルーペです。

これがないと見えません。  

Photo_51
まず、真鍮パイプを切り出しますが、まずそこから悩みます。結局ニッパで長めに切って、チマチマやすりで削って長さを揃えました。ニッパだと当然ひしゃげるのでかなり削ります。
 

 

Photo_58

パイプ内径が0.2mmですけど、0.3mmに拡大しました。ホントは0.2mmの方が正解ですが何となく雰囲気で。

ピンバイスでおっかなびっくり掘ります。よく見えないので手の感覚だけが頼りでした。
 

Photo_53キットの砲身を切って、センターにポンチを打ちます。

そんで0.6mmの穴を開けました。

思ったよりも楽に出来てほっとしました。

そんでいよいよ実験大詰め、ジャッキステーに掛かります。

 

Photo_55まずは軽い気持ちで適当に穴を開けて、0.2mmのピアノ線を接着していきます。間隔も本数も適当です。

乾燥したら、剃り残しのヒゲ位を目安に全部ニッパで切り飛ばしてしまいました。

後で踏んだら大変です。ちゃんとゴミ箱の中でやりました。
 

Photo_56そこに、0.1mm線をはわすのですが、やっちまいました。ゼリー状のアロンを使おうと思っていたら見当たらず、普通のアロンを使ってみたら部品に思いっきり垂らしてしまいました。

しかもあんま見た目に良くないです。

それに加えて、金属線がくっつかないのなんの! 

Photo_57
ちょっと考え直す必要ありです。

今日の失敗を教訓に、再度「脳内実験」を繰り返していきます。

最後に一言。

皆さん、お仕事頑張って下さい!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「結婚できない男」

プラモ作りを再開したおいらを見て、かみさんが見ろと指定してきたのが、放映中のドラマ「結婚できない男」でした。

彼女に言わせると、「そりゃ結婚できないでしょ」だそうで、今週は艦船模型を組み立てて悦に入るシーンから始まるそうです。

それは昼食中の夫婦の会話。

おいらは仕事が大体午後からなので早めの昼食を夫婦で食べます。そんでその様子をベビーベッドから4ヶ月の長男がじーっと見ています(目が合うと笑顔で返す愛嬌のある子です)。

・・・・・仕事が終わって帰ったのは午前様でした。

とりあえず例のドラマを見てみました。

見た感想を言うと、・・・・・いや、絶対結婚できますって!

だって阿部ちゃんだもん。かっこよすぎ!

キャラも「ドラゴン桜」の桜木先生チックで、自信と信念にあふれています。

その性分とルックス、多分それだけで(選り好みしなければ)絶対群がってきますって!

じゃ、冷静に、テレビドラマとして見た感想を言いますと(私見ですが)、

― イケメンの不器用な様は「カワイイ」 ―

―そんで「気持ちイタイ」男を手の平で転がすような優越感を得られる―

充分でしょ、母性本能を持った人間に対しては。

更に言うと、独占欲も満たしてくれて一石サンチョウ。

・・・・そんで、ふと思いました。

かみさんはおいらの何が良かったのかしら?

分かりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

雪風製作日記始動?

雪風の砲塔の製作を始めました。
B
・・・っても、これはB型改2砲塔で(雪風はC型)、まずは余剰パーツで練習します。

作業台にしているのは100円ショップで買った「まな板」です。良いです。
 

01mm0.1mmの金属線を切り出してみました。例の同軸ケーブルのシールド線です。

やっぱりこれぐらい細くないとマッチしません。

太い線使うぐらいなら省略した方が私のイメージに合いますし、ストレスも減ります。
 
 

Photo_44ここからはこれの出番!相当悩んで買ったタミヤのピンセットです。
昆虫採集用だかの安いピンセットでもいいかなと思ったのですが、道具は良い物を使わないとね!

 さっそく金属線をつまむと、

「ピンッ」とどっかへ飛んでいきました。

・・・・ダメじゃん(この安物がっ!)。

製作どころか、部品もつまめないんじゃ今日も進展ナシではないですか!

気を取り直して先端を触ると、エッジの処理が不十分なのに加えて塗料がエッジに厚く乗ってます。最後の詰めで転んだんですね。まったくもう。

Photo_45研いでみました。
ダイアモンドヤスリから始めて1000番のペーパーで仕上げます。少々曲げも調整しました。

刺さります。危ないです。

 

 Photo_46

「おおっ!」自分でもビックリするぐらいつまめます。
まるで部品が吸い付くような感じです。

やっぱり道具はいいもの使わないとダメですね。

タミヤのピンセット、オススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

子守?

昼まで寝てました。

久しぶりにゲームでもしようと思い、

PSの「青の騎士 ベルゼルガ物語」を始めました。(何年ぶりかしら)

しかし娘が気に入ってくれませんでした。

インスト見ながらベルゼルガは嫌いだからファッティーを出せとか

そのうち「ベルはイヤ!タコがイイ!」と言って聞きません。

仕方なく、「エナジーエアフォース」に切り替えました。

対地攻撃任務。対地誘導爆弾マーベリックを落としますが、私はこれが大変苦手で一発落とすごとに確実に迎撃ミサイルを喰らって墜落します。

ステルス機のF22を使ってかなり頑張りました。

迎撃ミサイルをチャフ・フレアーでかわし、次々と目標を潰していきます。10個程の目標を潰して、最終目標への投下体勢に入りました。

おいら、ゲーム中はかなり「独り言」を言います。(かみさんのツッコミをよくうけます)

「ヨーソロォ、ヨーソロォ、テーッ!」とか、「うわ、ヤベっ死ぬるぅー!」とか、客観視したくないです。

ラダーを小刻みに使用して機体の向きを維持し、2発一気に投下しました。投下と同時に右旋回。普通は敵が発射したミサイルとの距離を充分取り燃料切れを誘うのですが、マーベリックの投下位置は思いっきり敵の射程内なのでそれはムリ。

よってミサイルのベクトルと機体のベクトルを直行させフル加速し、ミサイルが接近したらエンジンを絞ってチャフ・フレアーを放出。ステルス効果を最大にして、あとは祈るだけです。

・・・・・・撃墜されました。(おいらなんてそんなもん)

「おとーちゃん、だめじゃん」と娘が言います。

そして何を思ったか、かみさんが古いPSのソフトを持ってきました。しかも娘の食いつきそうなものばかり。

・・・おいらのゲームの時間は終了です。

娘が選んだのが「子育てクイズ マイエンジェル」。

娘は字が読めないので、おいらがクイズを読んで答えを選びます。

娘がやるのは○×△□を押すだけです。

それでホントに面白いのかとも思うんですが、娘は嬉々としていました。

おいらは正直つまんないです。

かみさんに代わってもらおうと思ったら、寝る寸前。キケンです。

そのうち飽きるだろうと思っていましたが、なかなか飽きません。

それどころか、娘の成長していく姿においらの方がはまってます。

さらにかみさんも合流して、いつの間にやら夫婦でゲーム。

娘はおやつ食べながらそれを見ているという変な構図。

このゲーム、なんか懐かしくて、しかし今は空想の中ではない本物の娘がいます。娘が25歳になり嫁に行くところでゲームは終わりますが、ちょっと切なくなります。

あれやこれやですぐに夕飯の準備。そしてお風呂とあっというまに時間が過ぎて、今日やろうと思っていた事は全く出来ていませんでした。

早く「雪風製作日記」が書けるように頑張ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

材料

ピットロード製駆逐艦「雪風」の製作のために部品を物色しています。

近所の模型やをはしごして、0.6mm径の真鍮パイプを見つけました。

主砲の砲身に使えそうです。

0.3mm径のピアノ線を見つけました。計ったら、0.26mm位でした。

いいぞ!

0.2mm径のピアノ線を見つけました。計ったら、0.24mm位でした。

チキショウ!

何か0.1mm径の金属線をと思って探したら、同軸ケーブルのシールド線が0.1mmでした。

ジャッキステーに使う積もりですが、フニャフニャなので強度もくそもありません。

0.6mm位の均質なプラ棒が欲しいのですが、こちらでは手に入りません。

やっぱし伸ばしランナーに戻るんでしょうね。

プラ板も0.2mmより薄いのを見たことない。

そんで空中線は何にしようか悩んでおります。

ネットで調べてみたら、女の人の髪の毛とか、釣り糸とか、ストッキングとか色々書いてありました。

妻帯者でよかった!

色々試してみます。

明日はサバゲの予定ですが、ちょっと疲れ気味なので家で模型にいそしむかもしれません。

子守の可能性も大です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

プール

昨日ですけど、プール行きました。

仕事あったんですけど、おいらに発言権は無いので速攻書類上げて行きました。

海辺のホテルの屋外プール。タダ券貰ったのが理由です。

そうしたら、まず、・・・・・

カメラ禁止ですって。

夢もヘッタクレも、・・・っていうか、目的の半分は・・・・(以下自主規制)

でもね、長男は初プールなのですよ。娘の初プールはいっぱい写真撮ったのにね。

次に、

メガネ禁止ですって。

だってオタクだもん!仕方ないじゃんっ!

そしたら「ヒモ」くれました。結べって。

「プール内で割れたら、そのプールは閉鎖ですから」
・・・って理詰めされちゃかないません。

3時間ほど娘と波打ち際で戯れました。

帰路についたら、子供たちは速攻熟睡。

なんか親の気分でドライブになりました。

450海の方に向かうと、結構色々あります。

写真は埋立地にあった何か分からないマシーン。

造船所のガントリークレーンや、コンテナクレーン、陸揚げされた腐るほどの外車など、海岸って素敵。

なんか、「国境」って感じがします。ちょっと緊張してみたり。

今日の教訓。

ビキニは青も良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

領海侵犯?

わが故郷長崎県は漁業が盛んです。

私が長崎に住んでいた頃の話ですけど、

韓国からの密漁船が跳梁跋扈しておりました。

彼らは根こそぎ刈り取るのでその被害は甚大で、しかもそれらは日本に輸出されていたと聞いています。

海保の船を振り切るために、高速が出せるように改造された漁船が韓国の港に普通に並んでいましたが、現場で押さえなければ逮捕できないそうです。ニュースの特集で見ました。

しかも日本は武器使用の制限があるので、領海内に入っただけでは撃てません。

反面、韓国やロシアに撃たれ続けてきた歴史があります。

竹島付近なんかは、日本政府が主張する領海内なのに撃たれたりしてます。

なぜなのか、おいらには分かりません。

戦後61年と言われていますが、61年前の今この瞬間もソ連は攻撃を続けていました。

日本のポツダム宣言受諾までに充分な領土を掠め取れなかったからです。

例えば千島の占守で日本軍が武装解除を開始したのが16日。

ソ連側の占守攻撃開始は18日。

以後日本軍とソ連軍は3日間戦闘を続け、ソ連は白旗を掲げた日本の軍使を射殺するほどでした。日本は再び軍使を立ててようやく武装解除しましたが、全員シベリア送りになりました。しかし彼らは実は同島の婦女子を全員脱出させることに成功しています。

満州での攻撃はこれからさらに激化し、捕らえられた日本人はシベリアに送られ続けていました。

なんだかねぇ。

うかつな事を書くと叩かれそうなのでこの辺で。

でもいつか「自分の意見」が書けるように精進します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

ダメなのね、もう・・・

Photo_9早番なのに帰りが遅くなってしまった今日。

当然ながらサービス残業。

家に帰るとこんな文字が。

ギョウザァー! 


字消せよ、焼けないのなら・・・・。

でもそれよりも、「キュウソ」の入ってるらしいちくわの方が気になって仕方がない。

まるで、某国が版権無視して出した「バルキソー」とかいう可変おもちゃのノリだ。

世の中、まだ捨てたもんじゃない。

思ったよりも面白いことが多い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

戦闘準備

今週末はサバゲです。

みなさん、撃ってますか?

おいらはすっごい久しぶり。

でもきっと今回もエサです、エサ!

Photo_6 近くのフィールドは起伏が激しくブッシュは少なめ。

今までとは勝手が違います。

おいらの毛シャツもこの有様。

見ての通り目立ちます。

しかも「命ある限り前進し続ける」本物の毛虫みたいな性格なので簡単にトレースされてます。

「痛い」です。

こないだなんか、左90度に現れた敵をやり過ごそうと固まっていたら、

睨み合うこと」数十秒、セミで撃たれました・・・・・。痛い。

毛シャツの新調も考えてます。せめて毛帽子だけでも。

しかしなかなか出来ないので、

それまではこれで逝きます。

Photo_8      

それではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

金属が好き

今日が誕生日のパカ山です。

家内が一万円以内を条件に好きなもの(鉄砲以外)を買ってくれることになりました。

すっごく悩みましたが、今はこれしか考えられませんでした。
Photo_42
タミヤのスプレーワークHG-2
(ダブルアクション0.3mm)です。

 
 一万円を超えちゃいましたので残りは自腹。

この金属感がゾクゾクするほど素敵です。

昔からずっと欲しくて、でも初期投資が大きすぎるため踏み切れませんでした。

雑誌のエアブラシ特集とかついつい買ってしまうのに結局はどれがいいのか分からず、しかも大学時代の友人の例もあって二の足を踏み続けてきました。

気が付けばそれは15年越しの恋慕です。

大学時代、同じ文学部のオタク仲間であった「S」は、「テッカマンブレード」という私には全く分からない模型をせっせと作っていました。ゲーマーとしても超一流だった彼は「ストⅡ」など「格ゲー」の修行中でもあり、地元ゲーマーを駆逐すると本八幡や新小岩あたりまで進出して孤独な戦いを繰り広げていました。

そうそれは未だスーファミの時代。

「ゲーセン」はおいらなんぞには想像もできないくらい「香ばしい程にハードな」世界だったようです。

その彼が今は亡き千葉のセントラルプラザの模型屋のショーウィンドーで足を止めました。

その視線の先は「98式AV」すなわち「パトレイバー」のガレキの作例でした。

「うまいな・・・」

彼はそう呟くと、「あ、V2が出るんだぁ」と店頭の広告を指差し、Vガンダムの新OPの美しさを語ってくれました。

あの頃Vガンなんぞ一度も見たことなかったけど、今は言える。

「確かにあれは美しい! (君の言うとおりだったよ!)」

そう彼は常に妥協を許さない、最高の結果しか求めない、筋金入りのオタクだった(・・・と思う)。

その彼がエアブラシに手を染めるのにそう時間はかからなかった。

・・・で、何か良くわからないスプレー式の「DDT噴霧器」みたいなのを買ってきた。

・・・・・・全くダメ。

そんで、よくわかんないけど1万前後の何かを買ったらしい。

・・・・・・全くダメ。

結局数万かけて、コンプレッサーも、ハンドピースも、レギュレーターもかなりなものを買い込んできた。

彼は言った。

「この辺、全部ダメ。金のムダだった。」

それから15年が経った。

彼が求めていたレベルがどれ程のものだったのか今は分からない。

しかし彼の言葉に支配され続けた15年だった。

「4,5万最初にきちっとかけた方が結局安い!」

何て重たい言葉だ。

でも、今のおいらは分かる。

・・・おいら最高でなくていい!

最高を待ってたら「いつまで経っても前に進めない!」

「ムダ上等!」

そうして迎えた今日

・・・・・・・店員と話し込むこと30分。

結局お手軽は拒否し、拡張性を重視。

そうなるとダブルアクション。

メタリック塗装には、あまり細すぎるのもと言われ0.3mmに決定。

最終的に4万コースに行く覚悟で、第一歩を踏み出した。

Photo_43だけど今は缶。練習用だ。

缶に繋ぐための簡易レギュレターや細いホースはコンプレッサーを買ったらゴミになる(自腹)。でもそれでいい。

そして塗装ブースも作らないと!

  

色々あるけど、夢膨らみます。

そして何より、カメラでもそうだけど、「金属が好き!」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

ショック

たった今知りました。

ブライトさんの声優さん、鈴置洋孝さんが肺がんで去る6日になくなったそうです。全く知りませんでした。

やっぱ、一番に思い浮かぶのはブライトさんですけど、ダイターン3の波乱万丈(なんちゅう名前だ!)もそうだったと知って驚きでした。

で、個人的に非常に「微妙」なのが、オーガスのオルソン!

本放送当時、リビドーに素直すぎる主人公にどうでもよくなった記憶がありますが、実はラスト数話がたまらなく好きな作品です。

でもあのオルソンのダサいこと!後半良くなるんですけどあの作画と演出はなかったと思います。

何故そんなことを言うのかというと、そこにブライトさんの声が付くわけですよ!

そんであの声はダサい感じの画と出会うとすごいことになるんです。

それはむしろ奇跡と言っていいです。

もう聴けないんですね。

はぁー。

マ・クベ、セイラさん、そんでブライトさん・・・・・・

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰ってきたパカ山

新しいルーターが届いて、電脳空間へ帰ってきました。

沢山(2通)のお見舞いコメントをありがとうございました。

Photo_40書斎も大分平穏を取り戻しつつあります。

でも・・・・

写真の小銃は、テラ銃じゃありませんから、・・・・・残念!

なくして分かるありがたさ、親とセロテープ、・・・そして嫁?

さすがにかみさんも今回は反省したみたいで、書斎の掃除を止めてくれました。

YAMATOのVF1-Jは初お目見え。でもミサイルがどっかいってしまったらしい。

ところで今日は「下北サンデーズ」の日でした。

楽しみにしてたんですが、・・・まぁね、テレビだし、仕方ないかなと。

無意識の天賦だけでのしあがる主人公が現実味を失ってて、なんかありきたりになっちゃいました。

もっと貧乏を! もっと絶望を! そしてもっと痛ましい夢を!

そんな明日の見えない痛い連中の今日この瞬間のわずかな輝きを見たかった!

ま、いっか。でも来週も見ます。

あの、13日は私の誕生日です。(あ、いや、別に、ね?)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月 8日 (火)

惨劇

かみさんが、私の留守中に、衝動的に書斎の模様替えをやってしまいました。

今回の被害は、

駆逐艦「磯風」大破。

Zガンダム中破。

分解中だったM16の部品の所在が不明。

ルーター死亡(ネット不可)。

その他行方不明多数。

その惨状に理性を失った私の必死の捜索活動により、

九九式小銃が落下し、真っ二つ。

落下地点にあった連斬模型の大和大破

駆逐艦雪風中破、槙小破。

ついでにZガンダムは大破。

さらに滑った機関部と銃床がサッシを直撃(ガラス一枚大破)。

前代未聞の被害に茫然自失状態にあります。

ネットが使えるまで更新が滞りますが、多分元気ですから。

みなさんもお元気で。

それでは、ごきげんよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

下北サンデーズに夢中!

おはようございます。

ブログの更新もせずにすいませんです。

家族サービスで忙殺される休日、子供が寝静まったので深夜こそこそとパソに向かいました。パソに録画されている山のようなテレビの中から「功名が辻」を見終わると、ふと気になったのがかみさんがせっせと録りだめている「下北サンデーズ」。

ちとクリックしたら、

アイタタター!

やられた! ツボです。

今日は仕事が早番なのに3話連続ノンストップで見てしまいました。

来週が気になる、気になる、気になる!

それというのも、うちの嫁、高校時分は演劇部。しかも千葉大!(理系)。

そして高校の演劇仲間の公演を見に、下北沢へ足しげく通っていました。

「すごい、親父が熱中するわけだ・・・って嫁か、」

・・・・で、私は元劇団員!(自爆)

かみさんも見に来ましたよ私の出てる芝居。それも付き合う前!(アンケートが酷評。しかも名指し)

自分でもすっかり忘れていたけど、小劇場で芝居を見、そして舞台に立ったあの頃・・・。


テレビのドラマも凄いですねぇ。(原作者もですけど)

そういう世界にどっぷり浸かった人たちが浸かりきった末にクリエーターとして活躍してるんでしょうね。頭が下がります。

おいらは片足突っ込んだ程度で引退し、まっとうな人間(?)の道を選びました。

さぁて、お仕事の準備準備!(早番ですってば)

夢の続きをまた今夜、パソの中で見ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

一生生きても足りないよ!

プラモ好きには「積んどく派」が多いそうです。

いつか作りたいので買うのだけれど、作る時間がなくて積んどく。

あるいは作るペースを買うペースが上まわって積んどく場合などです。

やっべ!すごく分かるよそれ!

ある掲示板で名言を見つけました。

「今持ってるプラモを作りきるのに200年はかかるよ」


・・・・・まずひ

おいらね、そんな量はないのだけれど、こないだ買った積りのキットが15年目のデッド品だったりするのね。このままでは「買ってから40年は当たり前」になりそうですし、中年の10年は高校生の半年分もない気がします。

こまったことに人生80年程度。だけどそれぐらいじゃ100%足りない!

生き急いで全て終わらすか、今のペースで一秒でも長く生きるか、どちらかしか選べません。

今度生まれてくるときは、一生分で完結出来る夢しか持たない積り。

・・・でもまたきっと持つ。

この夏をおいらの人生の「天王山」にしてやる!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

ねちゃった

更新せずに寝ちゃってました。

お仕事昼からだからもう少し寝ようっと。

テレビで総裁選への靖国参拝の影響云々言ってました。安倍氏は四月に既に参拝していたとか。

別にどうでもいい。

個人の信条で好きに決めればいいのに。

やめたり隠したりする理由が、

「中国辺りに文句言われるから」ってのはどうなんでしょ。

企業も「商売に邪魔なので参拝するな」というのはなんかいやですし。

靖国問題の議論が熟することなく、ただ中国辺りの意向第一だし、マスコミの関心もそこばっか。

こんなんじゃいつまでたっても領土を掠め取られっぱなしだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

戦艦武蔵

いつか必ず来るこういうとき。

吉村昭氏が亡くなられました。

家内が新聞記事で見つけました。

「ご自宅三鷹だったんだね」が家内の感想。

当然私は全く面識なしです。

だけど10歳ごろに読んだ「戦艦武蔵」は私の「生涯の一冊」の一つ。・・・ファンでした。いや正確には「戦艦武蔵」のファンだったのかもしれません。

でも「吉村 昭」という活字を見るだけで心躍ります。

牛車に曳かれて運ばれる最新鋭戦闘機の描写が印象的な「零式艦上戦闘機」、閉塞された世界の恐怖がトラウマの「深海の使者」、沈んだら最後ほぼ全ての乗員が死滅してしまう事実に驚愕した「海の史劇」、中学の教科書に出ていた「星の葬列」など、何というか、凄く「命」がわらわら山ほど消えてく事実を知らされ、そして惹かれた気がします。

私は父親を7歳で亡くしましたが、父の友人だった方の中には武蔵建造に携わった方々のご子息もいらっしゃいました。

ある時、吉村昭先生が取材に来られた時の話を酒の肴に話してもらいました。

約一ヶ月もの間通って来られたそうです。いったいどれくらいの間長崎にいらしたのか分かりませんが、小説の取材がそんなに大変なものとは知らなかったので驚きました。

「サイン入りの本がとってあるよ」とか、「また読む機械があったら、○○がうちの親父だからね」とか。・・・・思案橋で飲んだなぁ。しかも吉村先生「肴」だし。

武蔵建造の折は三菱長崎造船所のまだ造船技手だった母方の祖父は武蔵建造との直接的な関わりはありませんでしたが、造艦の話を沢山してくれました。(しかしホントは「戦艦武蔵」を読むまでは殆ど聞いてなかったです)

Photo_34高校2年の時ふとしたきっかけで、文化祭で「戦艦武蔵展」を企画展示しました。
その時展示した1/700と1/350の二隻の田宮の武蔵は、製作に8ヶ月もかかってしまい、その間全く勉強しなかったのも思い出です。
これは昭和63年当時の証拠写真。

  
 

Photo_36一応完成写真ですが、文化祭当日まで作っていて、空中線を張れなかったです。

しかも玄関に飾っていたら落ちてきた額縁で大破し、そのうち捨てられました。

「戦艦武蔵」と出会って以後、私の中にそれを映像として見てみたいという欲求が沸いてきました。そのうちに映像や特撮技術への興味が強くなり、映画を志すようになりました。

その結果は、・・・まぁ、平凡な仕事とありきたりな毎日の繰り返しです。

でも! 私の中にいつか確かな武蔵像をパズルのように組み上げていくのが今の私の夢です。簡単にはあきらめませんよ!

Photo_38昔の写真を探したら出てきたのでおまけ。

旧制高校時代の父方の祖父です。

昭和一桁の写真です。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年8月 2日 (水)

いたたー!

♪親父みたいなヨ~

サービースゥ 残業ォ~

やらぬ積りがやっていたァ・・・

はい皆さんこんばんはー! パカ山ですぅ。

冒頭の何気ない歌から「マンガ日本昔話」の「牛鬼淵」を思い出してしまいました(自爆)。

頭の中で「今日は鬼刃はないんだなァ、ハァハァ」と聞こえてきます。

あれ、かなりトラウマでした。

話変わって、

このブログもググルと出てくるようになりました。

ウレシイ限りなので扱うネタには気を遣っていきたいです。

そうそう、昨日、近所のメイドさんのいるお店の前に救急車が止まっていました。

知人が言うには飲みすぎですって。(無関係の可能性も大)

「萌え氏ねる」とかよく言うけど口先だけの言葉でいいです。

明日は休みなのでなるべく早い時間に更新したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

夕食

Photo_2今日も午前様になってしまった。
小さい子供がいるので皆寝てる時間。

吉乃川片手に帰宅すると、今日の夕食はカレーだって。

うわぉ!ウレシイなぁ!
   
    
   

Photo_3・・・ってこれかよ!(ヤラセなし)

ホントうちの嫁さん、おもしろいです。

皆さんにも幸せのおすそ分けでした。

・・・・って、いいのかオレ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »