« 多忙 | トップページ | 合掌 »

2006年9月24日 (日)

1/700駆逐艦雪風製作日記(パテ編)

先程またもや記事の全消去を経験したパカ山です。

昨日Kiss digital Nにシグマの70-210mm/2.8を装着して職場のイベントを撮影してました。

ついでにビデオカメラも回し、誰も動かないので音響もやり、久しぶりに動きました。

(そしたら夜中に両足が神経痛になってかみさんにシップ貼ってもらってました)

サバゲが仕事と毎回重なってしまっているので運動不足ここに極まれりでしょうね。

明日は研修会でして、参加しながら撮影もします(そんで編集、複製&配布)。

他にも仕事がてんこ盛り。おいらの処理能力は8ビット位なのでいつも職場でフリーズしています。

Img_0614 本日はパテ編です。

黒い箱のは光硬化パテです。方々探して購入。

そんで恐る恐る封を開け、そっと板の上に出しました。

「黄色い澄んだ液体」でした。

艦橋の継ぎ目にちょこっと付けて窓際に置きました。硬化時間は1~2分とあります。

3分程で様子を見たら表面は液体のまま。底の方だけ僅かに固体になっていました。

実は私は重大なミスを犯していたのですが、それは後述します。

自分のミスに気付かず、「うっわー、また使えんもんばこうてしもたばい」と絶叫し、ゴミ箱一歩前状態でした(しかし1000円以上したので捨てきれませんでした)。

そんでオーソドックスに「タミヤパテ」を買ってきました。

Img_0615_1 艦首に使ってみましたが、そうそう、

ざらつくんですよね、これ。忘れてました。

サフ吹けばいいのかな。

やっぱ、ポリパテかなぁ。

パテでひとしきり悩みました。

そんで、ネットで光硬化パテを調べてみました。

すると、写真や動画で使い方を紹介しています。

チューブから板の上に出し、ヘラで伸ばして光を当てると、おぉ!固まってる。

・・・ってか、チューブから出てるパテが、おいらのと色が違う。

別のサイトで見てみたら、

「開封したときに『上澄み』が出ます。使わない方がいいです」とな。

おいらが使っていたのは「上澄み」だったのか。・・・・捨てなくて良かった。

仕事がひと段落着いたら再チャレンジします。

Img_0619 船底板の接着をしました。

反りを治すために、平らな台の上に置いて重しをします。

そこら辺のものを適当にのっけて確実に平面を出し、

流し込みタイプの接着剤を付けて放置。

うん、見事に反りはなくなりました。

|

« 多忙 | トップページ | 合掌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130266/3560511

この記事へのトラックバック一覧です: 1/700駆逐艦雪風製作日記(パテ編):

« 多忙 | トップページ | 合掌 »