« 娘語録 | トップページ | プリキュアがやってきた日 »

2006年9月17日 (日)

その後の金魚

こんばんは。パカ山でございます。

タイトルの通りXM16E1が好きです。でも本当は原田知世の方がもっと好きです。

2それはさておき、

さっきまで水槽の水換えをしてました。

ガラスが汚れて、フィルターもほぼヘドロで目詰まりしてたのを見て見ぬフリしてましたが、流石に汚いのでお掃除しました。

これで塩分濃度は1/6程に減少しました。

上の写真は金魚を水槽に入れた初日。

下の写真はついさっきです。

見事に水草は朽ちてしまいました。

水草入れてもどうせゴミになるだけみたいな気がするので、今後はナマモノは止めて
水槽の底に難破船(駆逐艦)でも沈めてやろうと思っています。

この金魚たち、すごい食欲で、人影を見ると水面に殺到して口をバクバクさせます。

一度餌をあげても30分もするとクレクレ君でして、おもろいので散々食わしてやります。

娘なんぞは豪快に餌のケースを水槽にガツンガツンぶつけながら振り入れます。

パッと餌が水面一杯に広がり、クレクレ君たちは大喜びです。

こいつら、和金が三匹なので、どいつがどいつだか区別が付きません。

前に飼ってた時は和金は一匹だけだったので、「和金の清麻呂」と名付けていましたが、
今回の塩漬け和金たちは揃いも揃って仲の良いクレクレ君たちなので名前付けようにも識別が大変困難です。加護ちゃんと辻ちゃんの識別ができるおいらも匙を投げました。

ともあれ、こいつらクレクレ君たちは娘と家内にそこそこ人気があり、その「ガツガツ餌を食う」という行為だけを武器に飽きられずに暮らしています。

ペットが「がっつく」さまには癒しがあるんですね。

|

« 娘語録 | トップページ | プリキュアがやってきた日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130266/3468959

この記事へのトラックバック一覧です: その後の金魚:

« 娘語録 | トップページ | プリキュアがやってきた日 »