« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

ごあいさつ

こんばんは、パカ山です。
約一週間もの間更新しなかったのは当ブログ始まって以来の事でして、それはそれは心苦しく思っておりました。ごめんなさい。もうしません(多分)。
今年も今日で終わり。でも昨日も平常通りに仕事してました。そういえば昨年も30日まで仕事してましたし、さらに前職では正月もヘッタクレもなく、むしろカキイレドキなニッチビジネスのチャンスとしておりました。どうでもいい日だったんですね。
「31日」は私にとって降って湧いたような「年越の日」です。「日常」が突然「非日常」に変わる不思議な日のような気がします。テレビはこぞって年末の雰囲気を演出します。年の瀬の雰囲気とは最早メディアによって作られた幻想のようにも思えます。
でも今日は日常の延長でした。娘が風邪を引いていて中々良くならないので病院へ連れて行き、余りに汚い車を洗い、かみさんに言われるまま窓拭きをしてるうちに夕食。テレビでも見て「年の瀬」を実感してみようと思います。
来年も宜しくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年12月25日 (月)

電波山

こんにちは、XM16E1が好きなパカ山です。

クリスマスの今日も妻とちょっとドライブしていました。目指した先は、「電波の出所」です。

私の住んでる近所や職場のある隣の市などでは方角が分からなくなるとテレビのアンテナを見れば良い事に気づきました。テレビのアンテナは西か北かどちらかを向いているのです。古いアンテナは西すなわち名古屋方面を向いていますが新しいものは北を指向しています。そう、そこに強い電波の発信源があるのです。

「電波がオレを呼んでいる」・・・・・というか、はるか遠く、どこからでも見える一番高そうな山の頂上に沢山のアンテナが立っているので、多分あそこに上れば相当眺めが良いに違いありません。

  ・・・行程は省略・・・

450_1アンテナー!

まるで電波山。電磁波がオレを刺激する、
・・・っていうか、アンテナ以外何も見えない。おまけに寒くて早く帰りたい。

 
 

450_2右を向いてもアンテナだー!

450_3

 
 
  
 
 
 

                   左を向いてもアンテナだー! 

450_4左のアンテナが妙にカッコイイのでもう一枚。セントレアに向かってるのか沢山飛行機が飛んでます。何かとってもSFチックだと思いませんか?

今日の日記

今日は山でアンテナを見ました。

他は何も見えませんでした。

寒かったです。

              おわり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

初めての遠乗り

多少なりとも運転に慣れた私は妻をドライブに誘いました。

夕方には娘のお迎えや母の見舞いがあるので準備完了が何時になるかで行動半径が決まります。結局昼からの出発となり目的地は浜松市のイオン(ジャスコ)になりました。

国道一号線を一路東へ。途中からバイパスに変わるので殆ど高速です。

時速80キロの巡航。後部座席の0歳の長男は瞬時に寝てしまいました。

上がり気味のバッテリーのチャージを優先したので長男のイビキがBGM。

妻は娘の話を始めました。

「昨日ね、Sちゃん(娘)に『おかぁちゃんお家が欲しいの』って言ったらね、『Sちゃんまだ子供だもんでお金ないから大人になったら買ってあげる』だって。・・・そんでね、『おかぁちゃんアイスクリーム食べたくなった』って言ったらね、『Sちゃんお金持ってないからおかぁさんが買って下さい』だって、可笑しいらぁ」

最初はかなり違和感を感じていた三河弁も今では全く気になりません。そして娘は三河弁しか知りません。

変化の無い道をひた走ると遠州灘が見えてきます。素敵です。

「窓から漁港が見える」家で育った私は海が大好きで、妻と初めてバイクで二人乗りした時も港へ行きましたし、初めて二人で旅行した場所も外房の犬吠崎でしたし、そんな海好きを妻も承知してくれています。関東では銚子、九十九里、白子海岸、安房勝浦、館山、千葉港、富津岬、お台場等々。海外ではグァム(のみ)。愛知では蒲郡や渥美半島のそこいら辺あっちこっちに行ってみました。

しかし私にとっての「海」とはどちらかというと砂浜の美しい海岸線ではなく、油が浮いてるようなコンクリートで固められた港です。赤錆びた漁船やFRP船がゴムタイヤ等でクッションを作って接岸し、波が来るたびに「キュッキュッ」と不快な音を立て、ノラ猫がそこかしこで子作りし、捨てられた魚のにおいが鼻をつく。そんな港に懐かしさを覚えます。・・・変ですか?

更に左には浜名湖。目的地は目前です。

何とか無事にバイパスを降りて大きな橋を渡りきると巨大な店舗が見えてきました。

ビックリです。有楽町のそごう(古っ!)の何倍の面積でしょうか。どこから入ればいいのか分からないので適当にパーキングを目指したら4階までスロープを上がりました。千葉そごうのコリドーパーキングは18階位ありましたけど、スロープを一度バイクで昇り降りしてみたかったなぁと変なことを思い出しました(勿論禁止です)。

パーキングからエスカレーターを降りると幸運にもおもちゃ売り場でした。凄いです。見渡す限りおもちゃの山が続いており、並みの保育園の敷地面積を超えてるのではないでしょうか。併設されたゲームセンターの奥にはメリーゴーランドも回っています。天井が高く、贅沢な吹き抜けがあり、最早ここで揃わない物は何も無いだろうと思えるほどの売り場面積があり、まるで夢の空間です。も一つ嬉しいのが喫煙場所で、各階に喫煙ブースと灰皿つきのオープンテラスがあり虐げられている感じを受けません。妻も「Sちゃんも連れて来たかったね」と興奮げでした。

しかし時間は少ないので、クレーンゲームを一回ずつやったらレストランへ向かい、新宿紀伊国屋書店の地下を思い出しながら「とんかつの和幸」でランチにしました。食べ終わると私は喫煙、妻はアイスで締め、名残惜しいけど帰る時間です。

帰りも全く同じ道を通りました。海を見れて良かった。沢山充電できました。

妻は「今度は名古屋だね」と気楽に言ってきます。

「今度は東名か・・・」

ムリせず少しずつ運転に慣れたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

あと二ヵ月半

稽古不足を幕は待たないという歌があったが、その時は必ずやってくる。

あと二ヵ月半・・・、そこで仕事に一区切りがつくのである。

世の中、自分の力で何とかなる事もあれば、何ともならない事もある。

だが、それでも何とかしたくて何とかしてみる。

そんで何とかなる場合もあるし、何ともならない場合もある。

色々だ。

 ・・・・・・・・・・・・・  

唐突かもしれないが、

普段私は「先生」と呼ばれている。

「先生」にも色々あるが、高校生に勉強を教える方の先生である。

専門は現代文で、暇なときは日本史や化学も質問に応えたり、時には小論文の添削もやったりする。勿論それらは正規の仕事ではなく個人的なサービスで、当然給料には全く関係しない。

しかしやるからにはプロの仕事をしているつもりで、AO、推薦、一般入試で私が小論添削をした生徒の合格率は100%を更新中だ(自慢)。

そんな私には今からが最も胃が痛い時期である。

あと二ヵ月半で国公立の前期試験までが終わるのだ。そしてそれは私の一年の仕事の結果が出る唯一の瞬間でもある。

それともう一つ。

「先生と呼ばれるほどの馬鹿じゃなし」というが、私は「先生」と呼ばれるのが嫌いである。それは自分が「過去の人間」になってしまった様な気がするからだ。

そう、私は巣立っていく生徒達の「思い出」ではなく「ライバル」でありたい。

・・・・で、辞める事にした。彼らと同じ土俵で戦うために。

そしてその旨は上司には二ヶ月前に伝達済みだ。

よって、あと二ヵ月半で「先生」を引退する。

受験が終わるまでは生徒達には内緒だよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

部屋の片付け

全国の出戻りモデラーの皆さんこんばんは、パカ山です。
模型が作りたい一心で部屋の片づけをやっています(進行形)。
どこに塗装ブースを置くかとか、排気ダクトの取り回しとかに頭を悩ませています。
Photo_183しかしまぁ、ダクトの先端はこういう便利グッズがあるのでかなり細く出来ます。

・・・っていうか、寒くて塗装どころじゃなくなってきました。しかもコンプレッサーじゃなくて缶ですから。

 
 
  

Photo_184掃除をしてると出るわ出るわ。

ガラクタ屋敷かうちは。

この写真見てピンと来る人は相当のマニアですよ。
フィルムのリールとスプライサーです。

 

Photo_185手前のスプライサーは35mm用でテープ式です。
奥のヤツは16mm用で同じくテープ式。

要はフィルム映画の編集の道具で、フィルムを切ったり貼ったりする道具です。
とあるアニメの撮影スタジオで活躍していたモノでしたが、そこの社長から頂きました。パカ山も無謀にも自主制作映画を撮ろうと燃えていた時代があったんですよ。

他には8mmの映写機もサイレンとですけど一台あります。電球が現役だとちょっと嬉しい。東京では映写機の電球屋から歩いて5分の所に住んでたんですよ。偶然ですけど。

このスプライサーも既に用済み。かみさんは燃えないゴミで持っていってくれるかなぁと心配げ。何故ってこいつら鉄の塊なので重い!且つ意外とデカイ!

ヤフオクにでも出してみようかなぁ。

近々パカ山もヤフオクデビューすることに今決定しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

明るい日と書いて明日

こんにちはXM16E1が好きなパカ山です。キグルミの「たらこ・たらこ・たらこ」が朝から頭の中で無限ループしています。

明日は休日。子守の合間にいったい何をしよう。

金がかからず、コンパクトな時間で出来ることが絶対条件です。

以下最近の懸案事項を列挙します。

1.模型制作に特化した形への書斎の配置転換。

2.機械加工をやらせてくれる乃至はやってくれる人探し。

3.VISAカードでも作る。(現金主義でしたから)

4.各航空会社のマイレージを「消える前に使う」。(最低2万マイルは消えた)

5.生命保険加入。(何となく入ってなかった)

6.M16を組み立てる。(部品足りない)

7.プラモを作る。

8.法律の勉強。

9.経済、経営の勉強。

10.子作り。(3人目)

色々やらねばならんのに、子供に絡みつかれ乍らの読書で午前が終わり、買い物に付き合うかお見舞い各所で午後終了。夕飯の後は子供を風呂に入れ、一杯やると寝る時間・・・というのがこの1年ほどのパターンです。

遺憾、遺憾よ。

明日は1~10の全部を少しでも進展させますぜ!人生の時間は限られてますからね。

でも「子作り」については練習だけでいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

九〇式鉄帽のヒモの結び方

Photo_181全国の愛国者の皆さん、こんにちは。
自分はパカ山一等兵であります。
今日は我が戦友というか娘の友達である
プ・・、イ、イヤのらくま二等兵とともに、
帝国陸軍の標準的な鉄帽の被り方を紹介
するつもりであります。

「クマよよろしくな」

Photo_182「はいであります!」

M1ヘルメットと比較するとこの通り。
キモーチM1の方が大きく見えるのですが、M1は耳の辺りが張り出してるし全体に膨らんだ形状なのでそう見えるだけの様な気がします。
鉄帽はフチが平らなので背中に背負ったり出来ます。でも頭頂部に通気穴が四つ開いてるのでバケツのような使い方は出来ません。

Photo_171私の鉄帽は中田商店で購入しました。ライナーがレプリカで、ヒモも実物と取り回しが異なっています。
向かって右側が前ですが、この鉄帽ではヒモは一本で、後頭部のリングに結びつけた後左右のリングに通していますよね。しかし実物は長短2本のヒモを使用し、いずれも左側のリングに結び付けられています。短い方はそのままアゴひもになり、長い方は後頭部のリングに付けられたヒモのループに通してから右のリングに通します。結局形は同じなんですけどね。ちなみにその状態でのヒモの長さは右側の方が長くなっています。理由は分かりませんけど背負いやすいのは事実です。

Photo_172早速被ってみましょう!

まずは下準備。
耳がおさまる部分を作っておきます。
左右のヒモを後頭部側に引っ張ります。
鉄帽のフチから少しはみだす位に控えめに
三角を作ってください。

Photo_173「さて出番だのらくま二等兵!」
「おう、まかしとけ!」

今回は帽だれ付きの略帽の上から被ります。
耳の部分の三角と、まっすぐ下に垂れ下がったアゴヒモが分かりますでしょうか。

 

Photo_174Photo_175







次に右側のアゴヒモを左側の三角に通します。三角が引っ張られるので耳の下まで伸びてきます。右側も同様です。

2_2Photo_177 







左右通し終わったのが左の写真です。
最後に蝶結び。
ヒモの長さが左右で違うので右頬で結びます。きれいに結びましょう。
 

2帽だれを外に引っ張り出して完成であります。

「ありがとうクマ!」

皆さんもぜひ90式鉄帽をゲットして
ハッピーなコスプレライフを送ってください。

 

Photo_179今回は一般的な陸軍の結び方です。
しかし鉄帽のヒモの結び方には多数の
略式のやり方があります。

左はその例です。
さっと被って蝶結びできるように最初から
三角に結んであります。

Photo_180もひとつおまけ。
鉄帽を被る時は略帽を後ろ前にするのが正式です。今回の例は帽だれ付きの略帽の上に被る場合ですので注意してくださいね。

そういえば「鉄兜」と「鉄帽」と二つの呼び名がありますけど、どっちも正解です。もともとは武器の一つとして考えられていたので「鉄兜」と呼んでいたのですが、後に「被服」として軍服の一部になったため以後「鉄帽」が正式な呼び名になりました。つまりは帽子の一種なんですね。

いかがでしたでしょうか。

何でいきなり「鉄帽の被り方」なのかと言うとですね、実は「ゲートルの巻き方」の記事へ検索から来てくださる方が意外に多いんですよ。
世の中には隠れ日本兵がまだまだ沢山いるんだなぁと思いました。

そんな、かつてのパカ山の様な方々へこの記事を捧げます。

それでは皆さんお休みなさい。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年12月12日 (火)

九〇式鉄帽

Photo_166こんにちは、XM16E1を持って日本兵のコスプレをしたりするチグハグなパカ山です。

愛用の鉄帽で「ヒモの結び方」をやりたいのですが、自分で被って自分で写真撮るのも難しいのであります。
そうなると誰かモデルが必要であります。
うーん、困ったなぁ。

2_3「パカ山一等兵殿、
 そんな時には自分が居るではありませんか」

「貴様はプ・・、いや、のらくま二等兵!
正体がバレないように文字通り一肌脱いでくれて、・・・・・って素っ裸ではないか」

 
 
次回「のらくまと学ぼう、鉄帽の被り方」にご期待ください。

   
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

今年の撃ち納め

こんにちは、XM16E1が好きなパカ山です。

今年はほんとにサバゲが出来ませんでしたが、今年の最後のサバゲに何とか参加できました。一体何ヶ月ぶりでしょうか!

Img_0105前日までの雨が嘘のように晴れわたり、気温も割と上がってくれています。絶好のサバゲ日和とはこのことです。
しかも初めての「自分の運転で行くサバゲ」でした。

いやー、スッゲー楽! 嘘みたいに楽。
自転車にはもう戻れないです。しかし自転車野郎の性か、ついつい細い農道に入ってしまいます。対向車とのすれ違いでドキドキしてました。

Img_0104今日の武器はコレ。
M4の短いヤツです。PDIのアルミアウターバレルで銃身を詰めているのであまり前重じゃないです。ストックはM16の固定ストックを拝借しました。ダットサイトもプラの安物。
初速はホップ無しの0.2gで95m/sでした。
精一杯軽くしておかないと中年には辛いでやんす。
ホントはM16をメインにしようと思ってたんですけどね、昨日メカボを組もうとしたら案の定部品が足りませんでした。
そういえば、しばらく前にメカボにポストイットが貼ってあって「ごめん落とした」と書いてありましたので、かみさんが掃除中にメカボの中身をぶちまけたみたいです。

Img_0107今日のおいら。
よく「しばらくやってないと勘が鈍る」と言いますが、おいらは元々「勘」がないので今日もせっせと餌になっておりました。
しかしいつもより余計に狩られてたような気がします。
下手は下手なりにもっと下手になるのかしら。
このままでは下手の限界を超えてしまいます。

本日は午前中4ゲーム、午後4ゲームに参加しました。

初戦は最終防衛ラインで寝てただけで終了。

2戦目は射程外の敵を眺めているうちに違う方向から接近してきた敵に狩られました。

3戦目は2ゲットでしたが2人目と刺し違えました。でもベテラン2人でした。金星です。

4戦目は不確実1&撃ち合って撃ち負けて沈没。

昼食はさんで以下4戦目と同様なので省略。

今日もだらだらと射程外の敵を眺めては撃つタイミングを逃していました。どうも距離感が掴めず指くわえて見てるばかり。それと、射程内ではかなり撃ち込むのですがうまく倒せません。「弾道が読めてない病」が再発したようです。
中距離以上だと急激に弾道が下がるので、撃つ方からは届いてるように見えても相手の手前に落ちている事がよくあります。おいら昔から相手の手前ばかり撃つ癖があるのです。分かってたはずだけど、忘れてました。やっぱ下手は下手なりに勘が鈍るみたいですね。

来年こそは。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年12月10日 (日)

やっぱり罠だったか・・・

Yahooで!「youtube 999999」を検索してみた。

やはり・・・・。
大体ケタが少なすぎる。一日に何十人出るんだ?

そんで、現在スパイウェア検出中。

やっぱりぶち込まれてる。

・・・・そうです。押しました。
パカ山はアフォです。ロト系のサイトへ飛ばされました。チーン。

これからは気を付けます。もうしません。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

何か踏んじゃったらしい

こわいよ~!

Photo_16←これなんですけど、何か上のほうでチカチカしてるんですよ。

何か踏んだの?

いいことなの?

ラッキーなの?

それとも何かやっちまってるの?

・・・もうさっきっから中国語なりっぱなし!
イー、アル、サン、スー・・・もうやめてくれ~!
中国人の旅行のマナーがなってないって事でしょ。
それよか、おいらは運がいいのでしょうか、それとも悪いのでしょうか。

「×」押していいですか?

踏まなきゃ何でもなかった日常が、進むにも下がるにも勇気が出なくてドキドキです。

誰か助けてー!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

STAY ALIVE

・・・・・・・うちの金魚たち、まだ生きてます。

っていうか、すくすく育ってます。思ったよりたくましいです。

一匹も欠ける事なく今日まできました。ちょっとウレシイ。

Photo_164冷え込みが厳しくなると、それに比例して水槽の藻が消滅していき、水槽の水も澄んできました。金魚の姿もやっとじっくり観察できるようになりました。

底に沈んだ大和の残骸もいい味出してます。

奥のガラスは掃除していないので色味がまるで「木枯らし紋次郎」・・・じゃなくて落ち葉舞い散った後の様です。

そんでやっと金魚に名前を付けました。

いや、名前は色々付けたりしたんですけど、つまりは個体を識別できるようになりました。
今まではまるで濃霧の中で同型の駆逐艦を識別するようなものでしたから。

Photo_165まずこいつ。「ヒレなし」 です。ヒレがちっさいでしょ。

こいつはムナビレ動かしても姿勢制御にならないのでいつも「オビレ一本」で泳いでいます。まるで「ラジコンの潜水艦」みたいです。
とかいって、パカ山はラジコンの潜水艦が水中でどうなってるのか見たことないんですけどね。

12めんどくさいので全部。

「ヒレなし」と「チビ」と「ふつう」です。

「チビ」はチビだから。「ふつう」は普通だからです。
まんまですいません。ベタベタですよね。
でもたまに可愛く「チビ金」とか、クールに「ノーマル金」とか呼ぶこともあるんですよ。イカスでしょ。

こいつら、こんなに寒いのに、相変わらずの「クレクレ君」です。

みんな元気に育っておくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

普通免許一発試験(第一部完)

こんばんは、パカ山です。

意外と好評を頂きましたこのシリーズも今回が一応の完結と相成ります。

というのも・・・・・

Photo_163じゃーん!

とった!とったよ!

バイク失効以来、12年ぶりの免許だよ。

しかもはじめての「タイヤ四つ」のマシーンだよ!

パカ山35歳にしてとうとう取得してしまいました。

それでは最後の取得時講習についてです。

・・・って言っても、受けたら終わりです。もう落される事はありません。そういう気楽さはあるのですが、「受けて良かった」と思えた講習でした。

初日は3時間の「応急救護処置講習」です。

パカ山は以前「虚血性心疾患」のお年寄りが倒れるところに遭遇し、全くの素人ながら心肺蘇生を試み、そして救えなかった経験があります。
野次馬ばかりが群がり手伝ってくれたのはたった一人。救急隊員が来るまで心臓マッサージと人工呼吸を5対1で続けました。5対1でやったのは小学生の時見たドラマがそうだったからです。
救急隊に引継ぐ時、連絡先を聞かれたので名刺を渡しましたが、数日後かかってきた電話は奥様からで、「葬儀も終わって落ち着いたのでお礼を言いたかった」というものでした。

講師にその話をすると、「正直言って助からない場合が殆どです。だけどゼロではない。助かる場合もある。その為のものです」と言われました。何だか救われた気がしました。

1時間目の座学の後、2時間目は人形を使っての実践を行い、3時間目はそれらの一連の動作を行なってから、「止血法」と「AED」の操作を学びました。道具も進化しています。勉強になりました。

翌日は運転を中心とした講習です。
まず地図を渡され目的地まで自由なコースで運転を行ないます。目的地に着いたら他の講習生と運転を交代し、自動車学校まで戻ります。その間、他の講習生の運転で気付いた事をメモします。

自動車学校に戻ると、相談室にて、それぞれ自分の運転を反省し、且つ同乗者の運転で良かった点や改善点を指摘しあいます。講師のツッコミが鋭く、非常に参考になりました。
例えば運転の時に講師に「そろそろ安全な場所で止めてください」と言われて車を止めて運転を交代したのですが、改めてその時の状況について「あなたが駐車した場所は次の図のうちどれに当たりますか?」と図を見せられました。おいらが番号で答えると、「その場合の駐車方法はどうなりますか? 75cm以上取れる場所でしたか?」などと鋭く指摘されました。

次に「危険予測ディスカッション」に入り、「本試験のイラスト問題のような写真」を見て予想される危険を指摘しあいます。コレがよく出来ていて、一本取られることも度々でした。うまく正解するとなかなか気持ちイイです。・・・てか、ホントは全部当てて当たり前か。

それが終了するとお待ちかね「高速教習」です。もうすっかり日も陰り、インター手前に着いた頃にはライト全開です。そこから運転を代わり、ETCレーンから東名に乗りました。怖かったです。それだけです。次のインターで下りて、講習終了。自動車学校に戻り「修了証」を受け取りました。

講習の代金は初日の「応急救護処置講習」が3,800円、
二日目の「普通車講習」が9,800円でした。結構します。
初日に一括で支払いました。そしてこれで全てオシマイ。

昨日その「修了証」と「仮免」と「印鑑」を持って免許センターへ行きました。
9時半に受付開始で、交付は11時。そうして晴れて免許の交付を受けました。
交付の代金は1,650円。ついでに「交通安全のため任意で協力金として1,000円を・・・」とか言われましたが、家内に貰った2千円しかポケットに無かったのでそんなの払えませんでした。払う気もあんまりなかったりします。

これでこの記事もひとまずおしまいです。
大型や二種の予定は今のところないので、

「免許とりあげられました! 再取得への道」

・・・・・という形での連載再開だけは避けたいと思います。

それでは。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

取得時講習終了

こんにちは、パカ山です。二日間にわたる取得時講習が終了しました。詳しくは後ほど。

それでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »