« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

駄菓子屋で買った宝物

こんばんは。片付けられない男のパカ山です。

片付けを始めてもいつも途中で投げ出すので今日こそはと思っているのですが、今も現実逃避の真っ最中です。

そんで、アフォなものを紹介します。
Photo_265説明の言葉も要らないですね。スーパーカー消しゴムです。まだ沢山保管しています。

Photo_266カッターで切り取られたタイヤが「痛い」です。他にも、石油ストーブの天板でタイヤを溶かしたり、ホチキス針を打ち込んで滑りを良くしたりしていました。皆さんもやりませんでした?

Photo_267ヤマトとアナライザー。
これも定番のメジャーアイテムでしたね。

Photo_268黒いビニールに入って売られていたモノ。名前は知りません。確かカードより高くて20円位した様な気がします。いや10円だったかなぁ。覚えてないなぁ。

Photo_269使ってみます。
両端をマーキングして、ミゾに鉛筆を走らせます。

Photo_270片面完成。

Photo_271ひっくり返して反対側をマーキングに合わせてなぞると・・・

Photo_272ハチロクの完成です。

Photo_273他にもやってみました。
ブーメランって何だっけ。

Photo_274あ、これは!もしかして?
ってかガンダムシリーズなんて有ったのか、自分の持ち物なのに知らなかった。

Photo_275片面描いて嫌な予感。

Photo_276・・・・やはり痛かったか。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年2月27日 (火)

プリキュアCD

こんばんは、パカ山です。

娘が嘔吐と下痢を伴う風邪にやられていました・・・ってか、います。

嘔吐は収まってきましたけど、下痢が続いていて、食欲もまだ戻ってません。

車用のプリキュアCD、やっと先程完成。娘はドライブの時に喜んでくれるかなぁ。

手順は、エアチェックしたプリキュアをAVI.で編集し、音声をWAVEで抜き出し、16bitでリサンプリングした後メディアプレーヤーで書き込みしました。ほぼフリーソフトで事足ります。

Photo_263
そんで、本編からJPEGで静止画を抜き出し、

Photo_264ちょちょちょいっといじって、

Cdプリントしたら完成です。

喜んでくれるかなぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007年2月23日 (金)

いつもと同じ休日

昨夜はちょっとだけ仕事に色気を出して、売り上げ報告書のエクセルシートの自動化マニュアルを作成し総務係長にメール送信。

これが通れば現場の事務作業が減るし、自動だからヒューマンエラーも防ぐ事が出来るし、関数を実際に組む事で現場スタッフのエクセルスキルも向上する筈。・・・・そんな事わざわざやっても給料上がりませんけど。

夜更かししたので、今朝はゆっくり寝ていようと思ったけど、家内の妹が遊びに来るというので起きました。

とりあえず娘は保育園に送り、燃えるゴミを捨てて、娘のためにプリキュアのCDでも作る事にしました。車用です。今は「セーラームーン」と「機動戦艦ナデシコ」がお気に入りですけど、さすがにこっちが飽きてきました。
エアチェックしてある「Yes!プリキュア5」からOPとEDとアイキャッチを抜き出し、それだけじゃ寂しいので再放送の無印プリキュアもOPとEDを抜き出し、さらにスプラッシュスターも抜き出します。全7曲にもなりました。

しかし、うまく音声だけを抜き出せず、また勉強しなおしです。家内の妹さんも帰り、昼食を挟んで、やっと原因判明。mpeg.2で編集してました。AVI.でやり直さないと。明日かな。

もうすぐ1歳の長男ともしばらく遊びます。この子はサディストです。全体重かけて顔面に張り手するのは普通ですが、この子の場合目や口の弱いところを狙ってきます。しかも相手が苦悶の表情を浮かべたり悲鳴を上げると最高の笑顔を見せてくれます。今日は流石にキレました。顔面に喰らったので、顔面に平手を返したら、ハトが豆鉄砲とはこの事かといわんばかりの複雑な表情をしていました。思い知ったか!

ちょっとだけお出かけ。保育園のお迎えまであと1時間しかないので、ちょっと「見てるだけ」で終了。

保育園で娘を拾って、そのまま車でサークルKへ行くと、何か変なものが飾ってありました。「シャーペン」とかいうシャーのザクのツノがペンになったものとか、「ヒートホーキ」っていう名の机掃きとか。文房具大好きの私にはたまらんですよ。
 娘はプリキュア5の「ピンキーキャッチュ」(っていう変身グッズ)のプラキット食玩を掴んでます。控え目に「見てるだけはヤになっちゃった・・・」とか言うのが可愛くて買ってしまいました。また家内に「与え過ぎ」と怒られそうです。

次に雨上がりの公園へ行きました。
ブランコは下が水溜りになっているので滑り台で遊んで、ベンチに座って先程の食玩を組み立てました。210円にしては良く出来てます。本当は娘が遊んでいる横で本でも読もうと思っていたのですが、放してくれる訳ないですね。

遅い帰宅後、子供2人に絵本を読んで聞かせます。長男は妨害するだけですが。

夕食を食べ始めると娘がうつらうつら始めました。お昼寝出来なかったみたいで、睡魔に襲われています。早めに切り上げて寝かしました。私も添い寝です。お風呂に誘ってもよっぽど疲れていたのか起きないので独りで入りました。家内は長男に独占されてしまっていました。

風呂を出ると、もう家の中は静まりかえっていました。起きているのは私だけ。時間は夜10時。メールチェックすると総務係長から返信。「よくできています」と。全スタッフでシェアしてオッケだそうです。ちょっとウレシイです。

よーし、明日もお仕事頑張っちゃおうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月19日 (月)

もう少し

今日は余計に食っちまおうかと、そう思ったのですが、やめました。

ただ朝は味噌汁だけじゃなく、お茶碗半分のご飯を食べました。

だいぶラクです。

仕事は相変わらずです。でも今日は凄く嬉しい結果と凄く悔しい反省がありました。

今夜は徹夜で仕事します。身から出た錆びです。

「出来ません」って言えなかったパカ山のバカ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

ちと無謀かも

こんばんは、パカ山です。

本来ならば二式単座戦闘機「鐘馗」が完成している頃の筈でしたが、仕事が佳境に入ってしまったので気持ちがそちらに向いていません。すんまそんです。減量を始めた事も多少は影響しています。(楽しみにして下さっていた皆様、ホントにごめんなさい)

今日はですね、「先生」でもあるパカ山は合格発表のある生徒が沢山なので、連絡のない生徒には電話かけたりしてたんですよ。

いつもならすぐ電話なり登校なりしてくれそうな、ある生徒からの連絡がなくて、散々気をもんだ挙句恐る恐る電話しました。

この瞬間、何とも言い難い気持ちです。もし悪い結果だったら何と言えば良いのか。文字通り生きた心地がしません。親御さんに対する気持ちもそうですし、私の一年の結果でもありますし・・・・。

結果、東京理科大をはじめ、本日発表分は全て合格でした。

「このやろう、何で早く連絡しないんだよ!」って言いながら涙が出たのは内緒ですよ。

だけど、うまく行かなかった生徒もいました。もっと自分に力があればとへこみます。

この仕事もあと10日程で引退ですし、上司に何度注意されても自分のやり方を曲げなかったし、それで昇進にもケチが付いて、頭来たので役職を辞退したりしましたけど、「志望校に合格させる」というその一点だけでは負けない自信がありました。高校の頃、東大に現役で受かった同級生に国語教えてたしね。今日も早稲田慶応ダブル合格の「他校の」生徒に「先生の教えを受けた連中はどんどん受かってますよ」って言われたので、そっちの方が数倍嬉しいです。

さて、減量ですが、

 

死にそうです。

 

朝は、一杯のお味噌汁をゆっくり飲んでます。

保育園に娘を送ってから麦茶を一杯。

そしてネスカフェゴールドブレンドを一杯。

シャワーを浴びてから仕事へ出かけ、

仕事中はペットボトルに入れた「1リットルの何か」・・・・じゃなくて麦茶を飲み、

夕方に愛妻弁当を頂きます。

以後は・・・・ナッシング!・・・たまにお酒をちょっぴり。

 

一日の摂取カロリーは推定で800~1000kcal位でしょうか。

 

必要量の半分ですね。それを5日続けました。

 

当然の如く来ましたよ、甘っちょろい倦怠感が!

 

昨夜は軽い眩暈を覚え、今朝はなかなか起きられず、今日は職場でふらついて、でも愛妻弁当で甦り、今は日本酒を3日振りに飲んでます。

流石に今日はくじけそうになりました。急ぎすぎかなと。

今日も弁当を喰らうまでの間は何もかもが億劫で、だるくて仕方がありませんでした。多分もう少しで脂肪(&筋肉)をエネルギーに変えるサイクルになるのでしょう。

最早空腹感は何でもありません。そんなもの「苦痛」の内に入りません。

そんな事より昨日と体重が変わっていないことの方が問題です。2kg少々の減量で横ばいでは、先が思いやられます。次のステップとして「油断ち」を断行するしかありません。

目標の10kg減量の為には、10kgの脂肪を燃やす必要があるのですが、牛の脂身10kgをビジュアル的に想像すると凄いですね。

しかし、これがおいらのボウケンの形です。

ボウケンジャーよ永遠なれ!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年2月15日 (木)

トラックバック

決して「フラッシュバック」じゃないですよ。

「フランジバック」は全く関係ないし、「スイッチバック」は阿蘇山で体験済みです。

・・・・・・じゃなくて「トラックバック」です。

イマイチ理解してないこの機能。時々ちょっとエッチ臭いトラックバックも来るので、そういう時はちょっと覗いてから削除したりしています。・・・ちょっとだけですってば。

「ダイエット」なんて言葉を使ったもんだからどんどん来ます。既に5つですか。

「野菜スープ」のやつは感心しました。ってかおいしそう。はぁ、お腹すいた。

パカ山は正直トラックバックは殆ど見ません(エッチなの以外)。

でも、パカ山のブログに「ダイエット」なんて極めて「普通」な語彙がはからずも登場した事が我ながらおかしくて、そしてそれにこんな形のレスポンスが有る事を大変興味深く思いました。

さて、まずは2kg弱減量しました。しかしまだ入り口です。これから文字通り肉を削いでいく減量が始まるのでしょう。

今までの経験からして5kgまでは楽勝で、7kgから辛くなって、10kgから地獄だと思います。そして実は7kg以上の減量は経験した事がありません。増える一方の人生でしたから。

でも今回はやってみたいんです。

| | コメント (2) | トラックバック (6)

2007年2月14日 (水)

日本兵に学べ! 体重の落とし方

いきなりキケンなタイトルで身震いしているパカ山ですが、早速チョコをもらったので食べちゃいました。

「ダイエット」ってのも最早一つの産業ですけども、何も高い金払って高級な食材やサプリメントを導入しなくても簡単に行えます。

そう、食わなきゃいいんです。

食わなきゃ痩せる。そりゃ当たり前ですわ!それに、とっても身近にダイエット(っていうか減量っていうかむしろ・・・)の事例があるではないですか!

そう、日本兵です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・不謹慎な発言でした。撤回します。

 

 

第二次大戦中、米軍では、徴兵逃れの連中に志願させるという形で飢餓状態の人体実験を行っておりました(これらのデータや経験が、ナチによる強制収容から解放された多数の飢餓状態にある人々を救うノウハウになったという事です)。

それによると、断食直後から空腹感が始まり、時間の経過に従ってますますそれが激しくなってきます。・・・・・が、しばらくするとそれは軽くなり気にならなくなります。つまり慣れるそうです。

しかしその後に激しい倦怠感が襲ってくるそうです。動くことも億劫になり生命の危険を感じ始めます。感覚は研ぎ澄まされ、それらが耐え難い苦痛となってくるそうです。

ダイエットに失敗する人は空腹に慣れるどころかその入り口で挫けているのですね。

餓島(がとう)と呼ばれたガダルカナル島や墓島(ぼとう)と呼ばれたブーゲンビル島、そしてニューギニア等、多数の日本兵が飢餓のため命を落としています。しかしそれらを語るのはこのブログの趣旨ではないのでこの話題は終了。

ただその記録を紐解けば、二つの特徴が浮かび上がってきます。

1.若い兵から先に死ぬ。・・・・若くて体力がある兵は代謝が良いのですぐにエネルギーを使い切ってしまうのでしょう。脂肪もたまりにくいしすぐ燃えます。確かに若い頃は多少食い過ぎても急に太る事はなかったなぁ。

2.倦怠感はハンパない。・・・・ため込んだ脂肪を燃焼させて生命維持を行うように仕向ける訳ですから、その前段階としてカロリーの消費を極力抑えようとするようです。

・・・・勉強になるなぁ。

じゃ、具体的にどうするのかというと、摂取カロリーを一日に必要な熱量よりも下げればオッケなわけですね。それもほんの少しだけ下げるのではなく結構下げます。だって代謝が落ちて釣り合っちゃったら意味ないので。

まず食事の量を半分にします。ご飯もおかずも半分です。おかずがトンカツ2切れだけとか、味噌汁をお椀に三分の一とか、結構ママゴトみたいで苦痛なはずです。

更に食事の回数を半分にします。一日二食ないし一食半が基本です。しかもその内の一回を野菜ジュースのみにしたりします。想像するだけで泣きそうですね。

でもきっと痩せるはず。

 

・・・・・だって、おいらの学生時代の食生活そのものですぜ。

前線で戦った兵隊さんたちの苦痛を思いやることを忘れ、飽食に飽食を重ねた結果が今のパカ山の姿なのであります。日本人なら贅沢は出来ない筈だ!(兵隊さんに謝れ、パカ山!)

というわけで痩せてみます。・・・・が、このやり方はあまりオススメしませんよ!

| | コメント (8) | トラックバック (9)

2007年2月11日 (日)

未体験ゾーンへ

XM16E1用のトリガースプリングを紛失してしまっていたのですが、どこを探しても出てきません。サバゲ前日である昨日、藁をも掴む思いでホビーショップS・P・E・Cさんに行って店長さんに相談すると、「使えるか分からないけどMP5用ならどうぞ」とタダでもらってしまいました。感謝です。

仕事を終えて帰宅し、ちょっと一杯ひっかけると、瞬間で娘が目を覚まし、「ふぇ~ん、おとうちゃ~ん」と泣き始めてしまいました。
仕方ありません。武器の組み立ては明日の朝かフィールドの昼休みで行なうとして、娘と一緒に寝ました。

朝。

はい、パカ山が早く起きれるわけがありませんね。しつこく娘に起こされてやっと床を出ました。朝食を食べると「Yes!プリキュア5」の時間。急いで準備をしますがメカボだけは組み立てた方が安心。ホコリを払ってからシム調整・・・・ってそこからかい!相変わらずアフォなパカ山です。

「よし今日は久しぶりにナム戦装備で行くか」
ジャングルファティーグを出して、下だけは着てから出掛ける事にしましたが・・・・・

・・・・着れません!お腹がつかえてチャックが上がりません。

お腹をぐっと凹ましてチャックは上げましたが、最後のボタンはどうしても留められず、お腹をはみ出させたままベルトで固定しました。体重計に乗ると未体験ゾーンに突入しています。我が事ながらコメントしがたい状況です。

1999年の6月の購入当時、このファティーグパンツはSサイズにも関わらずブカブカでした。左右の調節ベルトをフルに締めてもまだユルユルで、でもこれ以上小さなサイズは存在しないので我慢していました。それ程かつての私は痩せていた(標準とも言う)だったのですね。ちなみに1968年製の実物デッド品です(自慢)。
(ファティーグジャケットに至っては同じく1968年製の「SMALL SHORT」でしたが、前ボタンが閉まらなくなったので数年後にMサイズに切り替えた経緯があります)

フィールドに着くとお昼前のラストゲームでした。予備銃のM4でとりあえず参戦。アービンパックも背負ったフル装備でGO!・・・・・の筈が、斜面を登って岩に隠れて座り込んだが最後、もう動けません。

装備重ッ! っていうか、カラダ重ッ!
 

固定砲台と化して撃ちまくって2ゲットの後死亡しました。

さて、もう昼休みです。銃を組み立てました。
Photo_262久しぶりに見るXM16E1に惚れ惚れします。かっこいいなぁ。午後のゲームへの期待で胸がふくらみます。

700_10・・・・・が、すぐに息が上がって足がカクカクです。運動不足の末期症状ですね。

というわけで、とにかくタコツボに身を隠して撃ちまくるというナム戦っぽい戦い方を繰り返しましたけど、それはそれでナム戦っぽくて楽しめました。おまけに、斜面登って疲れたので頂上付近で寝てたら、前衛を駆逐して油断した相手チームの隊長さんが目の前射線上に現れるという数年に一度あるかないかの幸運にも恵まれました。今日もお腹一杯です。

しかし、痩せなきゃダメですね。危機感感じてます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

失敗

最早「失敗」の言葉では言い表せないぐらいの落胆。

「錆びた缶スプレー」があまりにもったいなくて、まぁ下地の仕上げも兼ねてですしね、銀を缶スプレーで塗装したんですけど、それはそれは凄い事に・・・・・。

Photo_260「ブバー」っと大量のドロドロ液が噴出してベトベト!
仕方なく速攻でティッシュで拭き取ったのが写真の状態です。

今日の作業は10分で終了しました。ちょっともうムリです。呑んでやる、ちくしょー!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

累計アクセス

こんにちは、パカ山です。

昨日は終日会議で疲れました。もう辞めるのにイミないじゃんって、もう!

細々と継続中のこのパカ山のブログでありますが、な、何と、もうすぐ1万アクセスです。

これが多いのか少ないのかはさておいて、相変わらず一見さんが9割の中ですから、数千人が訪れてくれたんだなぁと、日本の人口の約数万人に1人が(その人にとってそれが幸か不幸か分かりませんが)ここを訪問してくれているのですねぇ。

しゅごいなぁ~。

これまでの百数十の記事をさっと見返すとですね、

中身薄っ!


ってな感じですけど、「ゲートルの巻き方」とか、「鉄帽の被り方」(たった二つかい!)はそれなりに貴重かなと自画自賛しています。

あと、自分にとっては家族との絡みとかが書いてある大事な日記になってます。

今後とも宜しくお願いします。

 
 
娘が先日、出鱈目な英語(と本人は主張している謎の言葉)を発していたので、

「今何て言ったの?」 って訊いたら、

「タマシイ」 って言ってました。
 
ちなみに、「フィーヒュア」と発音します。

時間を置いてから 「タマシイ英語で何だったっけ?」 って訊くと、

「○△×・・・」

案の定、毎回答えが違いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

不毛

さて、塗ろうと思ったのですが、随分とモールドを削ってしまっていたのでその復活につとめました。

Photo_252ランナーを削って半円にしてから伸ばしランナーにします。

Photo_253切って削って尖らせて、その先端をカット。

Photo_254出来ました!
これを大小4個作ります。

Photo_259これは補助翼操作部の覆いと、フラップガイドレールの付け根の覆いです。

Photo_256下側にも同じく伸ばしランナーでガイドレールを追加。

Photo_257・・・でも実は、元々キットにモールドされてたんですよね。上面だけですけど。
この写真は「キットの仮組み」つまり「使用前」です。

Photo_258そしてこれが「使用後」。

 
 

全然変わんねー!

 
 

 ・・・・なんか不毛です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

凝らないつもりでしたが・・・

Photo_240機首とカウルとの間の隙間が気になってきました。

Photo_241例の薄いプラ板貼ってみました。

Photo_242段差は光硬化パテで埋めて・・・・

Photo_243後は削ります。

Photo_244こいつ、着陸灯がないのでレザーソーで切れ込みを入れて、

Photo_245ナイフで削る。

Photo_246クリアパーツのカタマリを切り出して、

Photo_247四角く削って、丸穴を浅く掘る。穴は薄く銀で着色。

Photo_248ついでに機銃とピトー管の位置をピンバイスで開口してみたりしながら、

Photo_249先程の部品を接着。

Photo_250そんで削ると着陸灯。でも何かイマイチです。

Photo_251一応透明ってただそれだけ・・・・。

子供が足元でお昼寝してるので、塗装は午後からの予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

ちょっと脱線

Mimuおいら「ミームいろいろ夢の旅」が好きなんですよ。

電電公社の提供でやってた科学番組なんですけど、おいら「モグタン」よりも「ミーム」派なんです。

←こんな感じの奴だったかしら。髪の毛が触手の様になっていて器用に物を掴むんですよ。・・・ってか、こんなに不気味じゃないよね!もっと可愛らしくて、でも幸薄そうなキャラクターでした。

・・・・それで何が言いたいのかというと、

この番組の監修をされていた方は糸川英夫博士なのですよ。

・・・・あ、知ってました? (意外と有名ですもんね)

そう、小山技師とともに、九七戦、隼、鍾馗、疾風の設計をされた方です。

特に糸川技師の発案である鍾馗の蝶型フラップは、隼、疾風にもフィードバックされました(・・・けど、鍾馗自体にはあまり意味をなさなかったそうで・・・・)。

糸川博士のインタビューで構成された陸軍機の特集ビデオを持っていますが、制作側は当然「隼」の話を中心にしたいのが見え見えなのに、博士は「鍾馗」の方に愛情たっぷりなのですよ。

「着陸で脚が折れる飛行機は要らないって言われてねぇ。」

「(ドイツ機の)翼面荷重が(鍾馗と)同じ位だと聞いて『やった』と思ったよ」

「いい飛行機だと思ったんだけどねぇ」等々。

技術者にとって飛行機は我が子の様なものなのでしょうね。

しかしそれらは兵器なので、血みどろの歴史を刻みました。

ミームのDVD化を求めてやみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

まぢでつか

Photo_239清潔な車でつね。

これから知事選の投票をしてその足で仕事に行きます。
昨日は東名に乗って清洲まで行きました。なんとか無事に帰ってこれましたけど疲れました。
でもバイクとは比べ物にならないくらいラクですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

早朝より

家族を乗せて運転することになりました。
なので今日はもう寝ます。おやすみなさい。

ほぼ全ての日本人が幸福な夜を過ごせますように・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

しゅごーい!

こんにちは、パカ山です。
プラカラーが少しは残ってたかなと押入れ漁ったら、見事なくらいに全滅してました。カチカチ山です。缶スプレーも未使用なのに缶が錆びたりしている有様です。

Photo_237模型屋でプラカラーを調達しました。

コクピット内部を青竹色で塗っていた昔が嘘の様に、今では専用色が発売されています。このラインナップにビックリです。ついつい沢山買っちゃいました。

Photo_238更にこんなものまで。0.14mmプラ板のグレーバージョンです。
ついにこんなのまで手に入るようになってしまいました。何かに使います(・・・って使い道考えず買いました)
もう言い訳出来ませんね。

昨夜は疲れて寝てしまったので今夜は多分頑張ります。

ではでは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

スジ彫りを削り取る

こんばんは、パカ山です。
駆け足でお届けする予定の鍾馗作りでありますが、今日はスジ彫りを消してました。
1/72のキットのスジ彫りは殆ど見えない位で良いと思ってるので。
Photo_232 
ホントにちょっと残ってる程度。塗装したら全部消えたりして・・・。

Photo_233斜め後方から接近して撮影するとパースが付くのでスマートに見えます。一見疾風みたいです。(全然違うってば)

Photo_234やはり鍾馗といえばこのアングルでしょうか。
初めて実機写真を見た中学生の時「なんじゃこりゃー」と思いました。
翼のスジ彫りはほぼ消失・・・。

Photo_236脚を付けるかどうか未だに悩んでいます。飛んでる方が様になる気がして。
もう少しで塗装に入れますぜ。ワクワク。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »