« まぢでつか | トップページ | 凝らないつもりでしたが・・・ »

2007年2月 5日 (月)

ちょっと脱線

Mimuおいら「ミームいろいろ夢の旅」が好きなんですよ。

電電公社の提供でやってた科学番組なんですけど、おいら「モグタン」よりも「ミーム」派なんです。

←こんな感じの奴だったかしら。髪の毛が触手の様になっていて器用に物を掴むんですよ。・・・ってか、こんなに不気味じゃないよね!もっと可愛らしくて、でも幸薄そうなキャラクターでした。

・・・・それで何が言いたいのかというと、

この番組の監修をされていた方は糸川英夫博士なのですよ。

・・・・あ、知ってました? (意外と有名ですもんね)

そう、小山技師とともに、九七戦、隼、鍾馗、疾風の設計をされた方です。

特に糸川技師の発案である鍾馗の蝶型フラップは、隼、疾風にもフィードバックされました(・・・けど、鍾馗自体にはあまり意味をなさなかったそうで・・・・)。

糸川博士のインタビューで構成された陸軍機の特集ビデオを持っていますが、制作側は当然「隼」の話を中心にしたいのが見え見えなのに、博士は「鍾馗」の方に愛情たっぷりなのですよ。

「着陸で脚が折れる飛行機は要らないって言われてねぇ。」

「(ドイツ機の)翼面荷重が(鍾馗と)同じ位だと聞いて『やった』と思ったよ」

「いい飛行機だと思ったんだけどねぇ」等々。

技術者にとって飛行機は我が子の様なものなのでしょうね。

しかしそれらは兵器なので、血みどろの歴史を刻みました。

ミームのDVD化を求めてやみません。

|

« まぢでつか | トップページ | 凝らないつもりでしたが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130266/5215998

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと脱線:

« まぢでつか | トップページ | 凝らないつもりでしたが・・・ »