« 勘弁して頂きたい | トップページ | 強風の試射 »

2007年5月20日 (日)

できちゃった

あれれ、のっぽちん、もう何か作ってるんですか?

ふむふむ、ボルトアクションの芯だしですか。

ごむ太くんも程々に頑張ってね。でも漏れ漏れはダメだよ~。 

・・・・失礼しました、パカ山です。

書いてるうちに寒くなってきましたので普通に逝きます。

さて今日は、身近なものを使ってVSR-10の芯だしをしてみる企画です。

Photo_344随分前に購入したGチャンバーをいじってみます。

1_3ところでコレ(ブレ止め)、割とメジャーなパーツですけど、おいら大の苦手なんですよ。

これを入れて良い結果を出せた事が一度もありません。

ブレ止めというかインナーバレルを支えるモノは何か欲しいんですけどね。

旋盤でガンガンやるつもりが気が変わって、今回はドリルとハンドタップだけで工夫してみたくなりました。

2_4身の回りに転がっているものの代表。
「M4のアウターバレル」です。これでブレ止めを作ります。

使わないのに何故か捨てずに持っていたりしますよね。

3_1続いて、パテとネジ類。

ホロセットはM3でもいいんですけど、たまたまM4しかありませんでした。

パテは「馬パテ」(パッケージに馬の置物が描いてあるヤツ)の方が良いかもしれません。この木パテも良いパテです。

4_1電動ドリルはホント便利です。1980円で購入し、電動ガンのバッテリーを繋いでいます。

5_1まずは下準備。

インナーバレルに1周だけセロテープを巻きます。場所はチャンバー出口です。

セロテープは必ずはさみで切り出しています。

6_1コレが今回一番難易度が高い加工です。

チャンバーの写真の位置にバカ穴をあけてM3ボルトを通しナットを付けて置きます。位置はボルトが締められ、ナットがはみ出さない位置です。あとついでにディンプル状のくぼみになるようにドリルで揉んでおきます。チャンバー左右に三箇所掘ってみました(位置出しのためです)。

7_1チャンバーにインナーバレルを組んで、バレル2箇所をテーピングします。4周巻くとピッタリでした。巻き始めと巻き終わり位置はバレル真下に統一してます。M4のアウターは先端が大抵ひしゃげてますのでその部分は避けてテーピングします。

8_1いよいよパテ盛り。

チャンバーにメンタムをたっぷり塗ってから、バレルを立てた状態でそっとモリモリします。ナットも埋めます。アウターバレルからパテがはがれないようにホロセットを差し込んでみました。

ナットが低いですね。もっと長いボルト使えば良かった・・・。

9_1インナーバレルは自重でもたわむので立てたまま硬化させます。

 
 
 

 
 
 

 

10硬化したところで(半日は置いてます)さらにネジを立てます。タッピングビスを練り込んであります。ちゃんと抜けるようにしておきましょう。色が違うのは同じパテが尽きたからです。

11_1パテは割れやすいのでタッピングの下穴を掘っておきます。

12_1合体

13_1最後にここをバカ穴にしておきます。

14完成。インナーバレルなしで組んで当たりを確認します。意外な強度がありますが、ネジを締めすぎると割れますってかヒビ入れました。ナット部分の肉が薄すぎましたね。長さの合うネジぐらい買えば良かった。

それか、タッピングでも良かったのかな。

作業の順番も良くないですね。

15この2箇所のセロテープははがしてから組み立てました。

16いよいよ芯だしです。必ず立てた状態で確認します。

17おいらの個体はセロテープを写真の様に貼りました。

チマチマ作業します。ストックを付けてもずれますので確認。ボルト入れてもずれるかもです。

アウターバレルの中に変なプラグ(ブレ止め?)が入ってますので撤去。

ノーマルでも、プラグはずしてセロテープで芯だしするだけで結構良くなるもんです。

難しいのは適切な入力かどうかの判断でしょうか。

知らず知らずにバレルを曲げてしまう事が殆どです。

しかもどれくらいバレルを曲げたのか分からなくなるパーツを組み込んでみたりです。

この個体はノーマル&テーピングで20m(正確には22m)で5発を47mmがベストでした。

ほんで色気出して、カスタムパーツ組み込んだら当たらなくなってしまってました。

18ホップは「イモネジ押し」にしました。
マスキングテープを巻いて・・・

19長さを出したら二つ折り。

20_1折り目をマーキングしてポンチを打ちます。M3のタップでやっちゃいました。

2.4mmで下穴を開けてM3でタップ切ったら、M4しかホロがなかったのでM4にしました。

21完成。

ストック付けてもバレルはど真ん中。

どげなもんでしょ?

パカ山はショートバレルにしたいのでブレ止めは絶対必要なんですよね。

でも、結果が悪くてもアウターバレルに穴が開くだけでブレ止めは捨てれば良い?

お試し下さい(って責任取れませんが)

最後にひとこと。
 
ボルトいじると、バレル覗き込むクセがつきますが、安全確認は絶対です。パカ山は必ずゴーグルつけるクセをつけています。

|

« 勘弁して頂きたい | トップページ | 強風の試射 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勘弁して頂きたい | トップページ | 強風の試射 »