« 30mに挑戦! | トップページ | 思うところ »

2007年6月 3日 (日)

マルイホップ組み込み

こんにちは、XM16E1が好きなパカ山です。

 

ガバの内部カスタムについて沢山の質問が

 

・・・ありませんでした、一件も(笑

 

なので勝手にマイガバの内部も晒します。

1_4上がミリガバ用ホップバレルユニット(1999年当時の最新型)。

下がノンホップバレル(程なく絶版)

2_6分解してみた。

ホップバレルは悪名高い押し上げHOP。とにかく当たりませんでした。

NON-HOPバレルは5m以内の射撃しか考えてない感じ。しかしその割りに「ふぅーん」という程度の集弾です。

3_2どちらもバレルの固定はヘナチョコ。
 
NON-HOPなんか部品が反ってます。 
 
ミリガバは押し上げHOPの部品を排除し、マルイ電動のホップパッキンをアロン止め。
つまづき型のHOP構成なので散りますが弾道の安定性はマシになりました。

高級感溢れる素敵なマグナシリーズなのですが、バレル周りは手抜きですよね。

4_2ウィルソン(だったもの)のバレルユニットです。

マルイ電動用TNバレルの「マズル側」を切り取って使用。テーパー(本来のマズル部)をチャンバー側にして固定しています。

5_3コレもマルイのホップチャンバーをアロン止めしています(汚くなってますね・・・)。この位置と厚みの調整が大変です。

今やるならマルイパイソンのホップパッキンを使いますね。部品交換がラクに出来ますし、より高い命中精度が期待できます。

6_2WA社のパッキンなしで気密はどうするのかと言うと、コレです(笑。

バレルのテーパーにOリングが接して気密を取り、BB弾がホップパッキンに堰き止められて矢羽を押し戻すしくみです。

7_2それぞれの設置状況はこんな感じ。

8_2バレルはフローティング出来る十分な固定強度を持ちました

・・・が、スライドがガタガタなのでサイトが当てになりません。

微調整がまだなので命中精度はそこそこです。

WA社の人に言いたいですが、他社とケンカするより仲良くして、当たる銃にして下さい。

当たらないのが分かってても買う銃はマグナだけなんですから・・・。

|

« 30mに挑戦! | トップページ | 思うところ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 30mに挑戦! | トップページ | 思うところ »