« ガバ | トップページ | 80年代への回帰 »

2007年6月 1日 (金)

強風の試射2

こんにちは、XM16E1が好きなパカ山です。

ガバの試射を兼ねて、加工後のデータがないVSR-10の試射をしに河原へ行きました。

そんでVSR-10の命中精度はというと、

 ・・・・どれくらい当たるのか分からない!

まずは落ちてたビールの空き缶を狙って撃ちました。

スコープは9倍。先日加工したレティクルが非常に実用的です。

何故かというと、

Photo_348こんな状態で撃ちますんで。

風は安定せず、しまいには空き缶がスコープの外に完全に出た状態で撃つと「カコン」と命中音がする始末。

今日もダメかと思った時に風が急に弱くなりました。

グラマスを装填して風を待ちます。

完全には止まないので、一方向の弱い風になる時を狙うわけです。

すると、別物の様に当たり始めました。

気を良くして標的を設置。ついでに空き缶までの距離を測ると24mでした。

標的は20mにしました。

Img_0044_1標的に当てる前に試射で狙点を決めます・・・が、的のヨコ、風下を撃ったつもりが的に命中。風向きが逆に変わってました。

しばらく乱射。

9倍スコープで20mだと的は目の前です。はずしようがない程に近く感じます。命中痕も余裕で見え、何処に当たったか確認しながらの射撃が出来ます。ラクチンです。

おいらはエアライフル(実銃)射撃をやっていたのですが、的が小さいのでピープサイトで狙うと「的は穴の中の点」なんですよ。その「点」を穴の中心に据えて撃ち、尚且つ弾を「点」の中心に当てるわけですが、その「点」は心臓の鼓動で上下するのでまるで苦行でした。弾痕は当然見えません。ベンチ上のフィールドスコープでいちいち確認してました。ちなみにパカ山の腕は200点満点で170点程でした。←かなりヘタ。

風が安定したので中心を狙い射撃。左にそれましたがいい集弾です。4発目で風が強まり的を外れました。サイト調整のつもりだったのですが狙点が刻々と変わるので意味をなしてません。

仕方なくまた空き缶を撃って遊びます。

するとまた風が安定しました。チャンス。的を張り替える時間がもったいないのでそのまま射撃。

狙点は的の左端。的の空いてる所に集弾させます。

なんとか5発発射。6発目を装填したら風で的が転倒・・・・。

結果は47mm。

風がなければもっと当たりますね、実際は。

ただGスペのホップはやや不安定みたいで、上下幅が40mmもあるのは気になります。

その辺が課題かなと。

でもまぁ、あの条件では上出来ですかね。

今度のゲームに持っていこうかな。

|

« ガバ | トップページ | 80年代への回帰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガバ | トップページ | 80年代への回帰 »