« 赫々たる異変 | トップページ | 射撃訓練 »

2007年6月 9日 (土)

タペットプレート

こんばんは、パカ山です。

長男が凄い熱です。電子体温計が40.0を超えるの初めて見ました。結構衝撃です。
にるくん(M4)は大半を組んでいたのですが息子の看病で思うようになりません。何とか弾速チェックまでは行きましたが十分な試射は出来ませんでした。

しかもこの雨。雨の日はダメですね。体調も悪くなります。何を甘い事をと言われるかもしれませんが、古くはバイクに乗れないストレスがありましたし、報道では雨の中張り込みする寒さや苦痛を思い出しますし、台風なんてのはむしろお祭りで休日返上で総員出社でしたし、それにただ外に出るのと違い数百万の機材を養生しての仕事ですから手間も心配も相当だったんですよ。とにかく雨は体全体で憂鬱なんです。

明日のゲームも心配ですが、今回の銃は新型ノズルVer.3.0と多段膨張バレルVer.2.0を装備します。バレルは全長250mmで、内径6.08の部分は170mmまで短縮しました。シリンダーはKMのワープシリンダー300に穴を開けたものに変更。シリンダーに穴を開けるのは癖です。開けないと仕事をサボった様な気がしてしまうのです。組み上がってからウ○コ色のエクセルバイオ0.2gで弾側を計ると、95.11m/s~95.91m/sの幅に収まりました。想定通りの結果が出ると何と気持ちの良いものか。

そんでまぁ、タペットプレートを新しいの卸しましたんでちょこっとネタにしようかなと思います。折角まっさらなタペットプレートがあるんだからと。誰でも知ってる内容でしょうがお付き合い下さい。

Photo_366まずは比較。A1ってこんなだったんですよね。

Photo_367 改めて見ると違いますねぇ。後退量と後退時間が延長されているのが一目瞭然です。

22_2折角なので写真撮って並べてみました。解像度下げ過ぎかな。
左が後退開始のタイミングで右が最大後退位置です。ギアの角度の違いは後退を早める事で後退時間を稼いだんでしょうね。

33_1A2は最大後退位置を維持しますがA1は中途半端に即前進。だから当時はカム入れるしかなかったんすよ・・・(分かってくださいよ・・・)。
 

 
 

Photo_368 
 
 
そんでこれは待機位置ですけど、セクターギアの軸と干渉してプレートが前進しきれないのは設計ミスでしょうか。パカ山はここを削ってしまいます。

Photo_369それとノズルは少しでも前進して欲しいので前面も削っています。

Photo_370完成しました。
干渉部分を削るとカム部分も少し削れますね。ま、ハイサイじゃないからいいか。

タペットをいじっただけで集弾が上がるんですよね。あなどれませんね。

さて、明日は天気になりますでしょうか。

息子も早く元気になって欲しいです。

|

« 赫々たる異変 | トップページ | 射撃訓練 »

コメント

雨だろうが、槍だろうが、明日は現地に向かいます。たくちこうの試射をしたいです。
スペアパーツはどれだけ持っていけるか?わかりませんが、出来るだけ持っていきます。

投稿: 弐の槍 | 2007年6月 9日 (土) 23時46分

弐の槍さん
了解です。おいらも何があっても逝きます。
宜しくお願いします。

投稿: パカ山 | 2007年6月10日 (日) 03時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赫々たる異変 | トップページ | 射撃訓練 »