« 操縦席 | トップページ | 毛シャツでGO! »

2007年6月16日 (土)

スイッチをいじりました

こんばんは、XM16E1が好きなパカ山です。

M4のトリガーの遊びが気になってきたのでいじりました。

Img_0002_1左が今回いじったもの。右はXM16E1に入れていたもので、随分減ったので交換したものです。

以前は遊びをなくすだけの非常に中途半端な加工をしていましたが、今回はフィーリングを良くするため少し手間をかけました。

丸で囲ってる部分はスイッチのディスコネクト後の復帰の為に重要な部分なので今回はその部分も処理しました。

Img_0005_6一応横からの写真。

このスイッチはアロンの付きが良いのでプラ板をアロン止めしスーパー液をかけています。厚みは約0.8mmです。カットオフレバーの作動を見ながら微調整しました。

Img_0008設置状況です。
スプリングは弱くしてあります。
トリガーはエッジを磨いた程度。イチロクのトリガーはストロークが長いと巻き込むように引き絞るのでガク引きになりやすいです。
なのでトリガーを浅くチョイと引くだけで済むように金具も含めて調整しました。
トリガーのストロークは制限していないので引けば結構引けますが、一杯まで引かなくても作動します。ストロークを制限しなかったのは保険です。

実射してみましたが指切りがやりやすくなりました。トリガーも軽くなって、作動のために必要なトリガーストロークも短くなったのでセミ連射も素早くできます。そして何よりガク引きしにくくなりました。

ただ、「ノーマルよりは」というレベルです。カスタムされたボルトとは比べないで下さいね。

|

« 操縦席 | トップページ | 毛シャツでGO! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 操縦席 | トップページ | 毛シャツでGO! »