« メガネ、メガネ~ | トップページ | ゲームっていいものですね »

2007年7月 7日 (土)

妄想ばなし

雨が降るとお外で遊べないから、ずーっと家の中の子供たちも同じ遊びに飽き飽きしてきます。

そんな時、おいらの頭の中も妄想でいっぱい。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

「カキクケコー! そうれ、愚民ども、雑菌をくらへぇー!」

―雑菌を撒き散らすザッキンマンに閉口する村の民。その時―

「コラー!ザッキンマン、それ以上勝手はさせないわよ!・・・ていうか村の民が特定しにくい多様な雑菌の感染を受けているわ。早く何とかしないとチョーやばいんだから」

「ふふふ、出たなミセパンマン。しかしこのジメジメした梅雨の時期には貴様は雑菌の前には無力なのだ。喰らへ雑菌ビーム!」

「キャー!何コレ?チョーかゆいわ。」

「それだけとは思うなよ!」

「あーッ!シミになってる!?」

「その通り!蒸れた上にこのシミではもうミセパンとしては機能しまい!」

「ちからが、ちからがでないよ・・・、ゴムおじさーん!」

「おお、ミセパンマンがピンチじゃ。マタ子、手伝っておくれ!」

「はい、ゴムおじさん。バターも手伝ってくれるわね」

「わん!」

「出来た!それミセパンマン、新しい見せパンじゃ」

「ありがとう、ゴムおじさん。すぐ着替えるからあっち向いてて。・・・・・・って何見てんのよー! 殺すわよアンタタチ!」

―着替えるミセパンマンと、それを見つめる雑菌まみれの村の民、そして―

「着替えて清潔!ミセパンマン!」

「おのれ、着替えやがったなぁ!オレは清潔なのは苦手なんだ、覚えてろー!」

―着替えによって退散したザッキンマン、そして村の民もとりあえず風呂に入ったという―

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

考えてる時は面白いかなって思ったけど、書いてみたら最低ですねw

 

|

« メガネ、メガネ~ | トップページ | ゲームっていいものですね »