« 今期のドラマ | トップページ | ぷっちん »

2007年9月 9日 (日)

ノズル

長らく加工方法で悩んできたノズルも先週末に完成。作動チェックでは良好でした。

このノズルは半月前の試射で使ったノズルと同じもので、加工精度を上げたものです。実は案としては古いものでしたが長らく技術力の不足で作る事が出来ずにいました。半年かかってやっと出来たわけです。テストが済んだら晒しますね。

600これは随分前に紹介した写真ですが、何かに気付きませんか?ロングノズルの効果が何かをよく示している写真なんですよ。

ホップパッキンの圧力でノズルの穴からBB弾が飛び出してるんです。BB弾がバレル下面に接している事、そこが重要なんですよね。
 

マルイのグロック26のノズルは「下向きの竹やり型」でした。マルイはその事に気付いていたんでしょうね。さすがだなぁと思いました。

2000年当時、パカ山はロングノズルを何とかノズルだけの加工で済ませたいと考えていました。そして作ったのがノズル下部を大きく削ったロングノズルでした。

結果から言いますと加工技術の未熟さで失敗しました。なので仕方なくピストンヘッドやシリンダー、タペットプレートまで改造してロングノズルを実現しました。確実な方法を取ったわけです。そうやって誕生したのが長らくメインで使用したXM16E1です。
しかし今年になってから別の目的でそれ(下部を削ったロングノズル)の製作に再チャレンジしました。結果、この形は弾丸の精度によって給弾不良を起こしやすい事を再確認したと同時に、その後作ろうとしている今のノズルの効果に確証が持てました。下部を大きく削ったノズルがどういうものなのか以下の写真(2世代前のノズルですいませんが)を参照して下さい。

Photoしかしやった人がいるんですね、この形(汗

ゲームで使用しながらの実験でしたのでこの後ちょくちょく改良してはデータを取っていました。それは全て今のノズルを作るために!

そんでやっと出来上がり、試射結果は前回の記事の通りです。

ストチャンを組み込んでからはまだ試射してないので早いことやってみたいです。どうなることやら、楽しみ&ビクビクですね。

長くなりましたので続きはまた。

|

« 今期のドラマ | トップページ | ぷっちん »

コメント

ついに、理想のノズル完成ですか。
カスタムノズル、総合的にきてますね。綺麗に下側に流速を作る事が出来そうです。ホップの安定が期待持てそう。

投稿: 弐の槍 | 2007年9月10日 (月) 20時18分

弐の槍さん、本当にやっとのことで完成しました。フライス盤がないので正直辛いです。
写真はデータ取りの試作品です。完成品は全く違う形をしています。分かりにくい文章でスイマセン&ちょっと書き直しました。今のノズルがどんなものかは試射の後に晒しますね。

投稿: パカ山 | 2007年9月10日 (月) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今期のドラマ | トップページ | ぷっちん »