« 性懲りもなく | トップページ | VSR-10 ショートバレルカスタム1 »

2007年10月19日 (金)

乗り物?

おとといの事、一歳半の息子にこんなものを買ってやった。

おまるである。

Img_0009_3その日の夕刻にそわそわし始めた一歳半の息子は案の定ズボンを下ろしオシメをいじりだした。

おまるの出番だ。

息子をフルチンにすると早速座らせてみた。

「ちーちー」と言いながら排便を促す。

しかし息子はおまるのフタを手に取ると満面の笑みでこう言った。

「ブーブー」

しかも足で畳を蹴って前進を始めた。

「ブーブー」

いかん、何か誤解をしている様だ。

「何かフルチンで乗る乗り物だと思ってるみたいだよ」とカミサンに言うと、

「実際そうなんだけどね」と苦笑している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しばらく前から息子はオシメが汚れると勝手に脱ぐようになった。
排便の感覚が掴めてきた証拠で、それは喜ばしい事だった。

しかしその内にオシメをわざわざ取ってから小便を垂れる様になった。

しかもちょっと恥ずかしいのか、布団の陰に隠れて行う。
子供との昼寝の最中に私が寝返りを打つと何か湿っぽかったりするのだ。
驚いて周囲を見渡すとフルチンの息子が目をそらしていたりする。

テレビに夢中の時は立ったままズボンとオシメを下ろして事を始める。
しかも慣れてきたのか非常に素早い。

― 困った。

しかしそれは序章に過ぎなかった。

ある朝、喫煙をしようとベランダに出た。
子供達が退屈しないようにテレビをつけておいた。
煙を吐きながら座り込んだ途端に娘の声が聞こえた。

「おとーちゃん、Kくんオシメとってるよー」

― またかよ。

すぐに部屋に入ると全てが終わっていた。

― 脱糞だった。しかも布団の上で。

子供が小さいうちは誰もが経験する事だと思うが、このショックはかなり大きい。娘が小さかった時は昼寝から目覚めたら布団の周囲に散乱していたので絶叫したものである。

今回も半ベソで全てを片付けたのは言うまでもない。

保育園で相談するとおまるでの用足しに成功したという。その手があったか。

保育園のおまるを写メで撮り、形が似ているおまるを探して購入した。くわえタバコでおまるを持って帰る中年ってのも絵になる(わけがない)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夕食後のひと時。子供達とテレビを見ていると、いつの間にか息子は背後に回っていた。

「はっ」として振り返ると、「ぽとん」と畳の上に落とした。

脱糞である。

 
 

おまるが来たというのに息子から片時も目を離せない日々が続いている。

|

« 性懲りもなく | トップページ | VSR-10 ショートバレルカスタム1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 性懲りもなく | トップページ | VSR-10 ショートバレルカスタム1 »