« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

間もなく新年

あと8分で新年です。皆さんお世話になりました。

今年の漢字は「偽」でしたが、パカ山にとって今年のアルファベットは「D」でした。

decide,destroy,difficult,disappear,disapoint,そしてdicern!

そんでおまけにdeepかな。

来年も宜しくお願いします!

| | コメント (0)

2007年12月30日 (日)

シュアヒット31042 その1

Photoノーベルアームズ(旧ハッコー?)のシュアヒットシリーズはTR-Xと人気を二分する程の人気機種だそうですね。
価格はTR-Xより少し高めですが、実銃の反動に耐える堅牢さと高い透過率を誇るコーティングを施してあると聞いています。そんでもって両モデルとも中国の同じ工場で製造されているとか聞きました。

というわけで今回はシュアヒット31042とTR-Xコマンダーを比較してみます。

Photo_2Photo_3のっけからアレですが本体のサイズは全く同じです・・・・ってか同じ筐体の使い回し?
表面仕上げはTR-Xの方がやや青みがかったマット調でシュアヒットは比較的ツヤがあって金属感が強めです。サンドブラストの砂粒のサイズをTR-Xは少し小さめにした感じ。実際の仕上げの工程は知りませんがそんな雰囲気です。
シュアヒットは機種名のプリントがしょぼいです。「SHRE HIT 3-10×42」の文字が手でこすると消えます(泣

Photo_4Photo_5フォーカス部の比較(右上がシュアヒット)。
両モデルとも10mからフォーカスが合います。TR-Xのフォーカスは10、15、25、50、100、200、500、∞が刻んでありますがシュアヒットには「15」がありません。
ついでに言うとエレベーション・ノブの高さが随分違いますね。

TrxPhoto_6左右の調整について、TR-Xは同じパーツを使ってデザインに統一感がある代わりに数字が寝ています。
また、シュアヒットは「0」を中心にそこからの移動距離で数字を刻んでいますがTR-Xは「0」~「11」で数字が一周しています。

Photo_7Photo_8上左写真の様に、前から見てもそっくりです(左がシュアヒット)。
当然TR-Xに付属のロングフードがそのまま使えます。

Photo_9困った事に全部色が違う・・・・。

左のシュアヒットはツヤのある黒。
対してロングフードは少し赤みがあります。
右のTR-Xはマット調なのでロングフードとは色味もツヤも異なります。
シュアヒットに付けた方が違和感がないです。

 

Photo_12Photo_13続いてレンズのコーティングを比較してみます。まずは対物レンズから。
上左のTR-Xは電灯の明かりの反射が手前グリーンで奥ブルーでしたが、シュアヒットは両方ともグリーンに反射しました。

Photo_14Photo_15接眼レンズも同様ですね。
上左のTR-Xは緑、白、青(ややマゼンタ)に反射し、シュアヒットは緑、白、緑でした。
これが実際の風景を覗いて見た時にどういう差になるのかはそのうち比較したいと思います。

Photo_16Photo_17最後にレティクルです。
TR-Xは間隔の広いドットパターンで、シュアヒットは中央部に細かいラインが集中しています。
サバゲでの使い勝手ではTR-Xに分があると思いますが競技使用ならシュアヒットですね。

というわけで、よく似てるモデルです。ほぼ同じ物と言ってもイイくらいです。元箱のサイズや作りまで同じだったりします。ま、両方ともデカくて重いって事ですね。
見た目はTR-Xの方が個人的には好みではあります。
でもボルトで精密射撃するならシュアヒットに決まりです。実銃に使えるってのも(使う使わないは別として)実銃パーツを装着した様なメンタルな嬉しさがあったりします。
このシュアヒットはVSRに装着しようと買った物ですが手持ちのマウントリングが高さ10mmからなので今は置物です。ノーベルアームズのマウントリングを注文してるのでそれが到着したらいよいよ合体します。
ノーベルアームズのマウントリングは4mm高からラインナップされてまして、更に品番は同じでも高さが微妙に違う旧モデルも存在していますので思い通りの高さが得られるかもしれません。おいらは4.5mm高の旧モデルを注文しています(到着は1月中旬予定)。

あとは実際にゲームで使ってどうかですね。ある程度使ったらレポしてみたいです。

それではまたまた。

| | コメント (0)

2007年12月29日 (土)

SF銃?

こんなの見つけました。有名なのかしら。

何とも微笑ましいですね。

音量を下げるためにバンバンバン!

一時停止でバン!

コマ送りでそーっとバン!

ターゲットさえあれば新時代の銀玉でっぽうになるかも。

しかしおいらみたいな中年がDVDに向かって「バン」って言ってる姿を想像すると・・・
やっぱ痛いですよね。


 

 

| | コメント (2)

2007年12月28日 (金)

CMソング

こないだ夕飯がカレーだったんですけど、一口食べた娘が一言、

「ん~ん、おダシがきいてる~!」・・・・って何なんだうちの娘!

そんな娘が凄く反応するのが某パチンコのCMです。
「合体したい」とか言ってるやつなんですけど、最近は、

 

 「気持ちいい~!」

 

とか言ってるとか言ってないとか(笑

 

テレビで流れる音楽は何故か耳に残ります。
頭から離れなくなって、遂にはCDをレンタルしてしまう事も多くないですか。

例えばクリス・アイザックとか、古くはスザンヌ・ヴェガとか、
フェアグランドアトラクションとかもそうでした。
借りたくても原曲が分からなくてどうしようもなかった経験とか多いんですよね。

Img_0145_3←そんで今回、こんなん借りてみました。「鉄は熱いうちに」ってね。

娘も大喜びの菅野節がバリバリっすね。ドライブ用のベストCDを作成するぞよ!

Img_0172_2←ついでにこんなのも借りてみました(どっちがついでだか)。

ジャケがエウレカの最終形態(?)とレントン君です。ハッピーであって欲しいっす。

ん?最終形態?

あー!無性に気になってきた!エウレカの最終形態は緑色の顔の方なのかー!
ラストでちゃんと描いてくれないからおいらDVDのジャケからコレを最終形態だと思ってるんだけど(おばちゃん姿とか夢のないこと言わないで下さいね)、実のところ1年も家を空けてレントンたちは何やってるんだYO!三人の子供達とじっちゃんが待ってるっていうのに!帰れない事情があるのか?エウレカが葉っぱしか食えなくなったとか?二人して変な生き物になったとか・・・・・?

話長くなるとアレなんできりあげます。

 

次は「Go Tight!」だな、フフフ。

 

 

| | コメント (0)

2007年12月27日 (木)

分解結合の繰り返し

不具合検証で、ずーっと、ずーっと、電動ガンをバラしては組み、バラしては組みの毎日だったのでちょっと食傷気味です。

イチロク系のメンテナンス性は比較的悪い部類に入りますけど、おいらのヤツはモーターを直接半田付けしたりしたもんだからもう最悪です。メンドクサー。

「しばらく電動はイイや!」とか、

「電動バラすのはもう沢山!」とか、

「電動のない世界に行きたい!」・・・・はないけど、なんかそんな感じ。

 

なーんて書いてると、電動M14がいじりたくなってきましたorz。

いろいろ疲れたのでちょっと気分を変えたいです。
何というか、ボルト撃ちに行きたいー!・・・ってそんな顔してるでしょ?

と、今日も二人の子供の看病しながら考えています。そうです二人とも風邪です。

「看病」って言っても、
二人とも高熱で鼻を垂らしながら元気いっぱい居間で悪さしているんですけど何か。

 

もう子供は無視してヤフオクを見てました。

目の毒ですね。

 

| | コメント (2)

2007年12月26日 (水)

Gスペックのアウターバレルを入手

こんばんは、パカ山です。

先日のロングレンジチャレンジ出場の折り、赤羽のフロンティアに立ち寄りました。
フロンティアはノーマルパーツのバラ売りや中古販売が堪らなくステキです。

1そんでこんなのを購入してました。
Gスペックのノーマルアウターです。
ちょっと小傷が多かったのが残念ですけど写真のセットで2980円でした。
ホント嬉しいですよね。
 

2早速分解。
マズルキャップの奥の小穴にラジペンの先を突っ込んで回してみます。

・・・・・って回らんよ。
えらい硬いよ、コレ。
ってか逆ネジ?正ネジ?どっち?
ネットで検索したけど見つからないお。
 

3これでもかー!

プラハンマーで叩くけどダメー!
嫁に手伝わせてもピクリとも動きません。
・・・ってか逆ネジ?正ネジ?どっち?

「パキーン!」とかいってラジペンの先端がずれてマズルキャップの中がそれは酷い事になって行きました。

・・・・・困った。

やっとX-FIREのHPでGスペのマズルキャップの写真を発見しました。
なになに、接着されてるとな。「はずす時は慎重に」とか書いてある。
コレだけ殴ってはずれないんだから「慎重に」なんてムリだよー。
それとネジの写真をよく見たら正ネジですね。

みなさーん!Gスペのマズルキャップは正ネジですよー!
 (常識ですかー?)

仕方なく最後の手段。

・・・・・火にかけました。

ガスコンロに火をつけて、左手で持って熱の伝わり方から大体の温度を把握します。
炎には触れない様に、でも寒いので火には結構近づけて、バレルをくるくる回しながら加熱してみました。

大体120~150℃くらいになった所でラジペンを突っ込みます。

ラジペンを持つ右手に伝わる熱気!・・・・・間違いなくバレルに触ればやけどです!
皆さん、パカ山みたいに素手じゃなく、軍手ぐらいして下さいねー!

おお!少し回った!
でもすぐに冷えて固まる!

以後は熱しては回しの繰り返しでやっとこはずれました。

4こんな感じ。
赤いネジロックがベッタリっす。
これじゃはずれないわけだ。

 
 
 
 
 
 
 

5こっちから見ると酷い事になったなぁ。
なんてこったい・・・・。

で、
 このアウターを買って、
 マズルキャップ外して、
 どうするかというと・・・・・・・

 
 
 

・・・・・考えてなかったYO!

ただ何となく欲しかっただけなんじゃー!

 

| | コメント (2)

2007年12月25日 (火)

金型修正

みなさんこんばんは。
 
おはようからおやすみまで、画面を見つめるパカ山です。

 
本日漸く金型修正の依頼までが終わりました。やっとですね。

先週は長男の風邪とかクリスマス会とか色々あってノズルの不具合検証は全然進まず、しかも昨日は我が家のクリスマス会という間の悪さ。

Photo_2しかし諸々の予定で忙しい中、家内が極力私の時間を空けてくれたので助かりました。
半身麻痺で施設に入っている母の所にもケーキを持って訪問出来たし、娘との約束だったプリン作りも出来たし、昨日は充実した1日でしたね。

写真は家内が作ったシュークリームのケーキで、その手前は私と娘で作ったプリンだったりします。
しかし子供は正直です。最初は喜んで食べていたプリンですが途中からケーキの方がおいしい事に気付いてケーキしか食わないんでやんの。
後にはぐちゃぐちゃのプリンだけが残って、おいらが一人で食べてました(泣
 
そんで当然お風呂では娘の「プリン作りゴッコ」に付き合わされました。

そして就寝。
お約束で枕元に靴下を並べて寝ました。

明くる今朝、私は子供達より早く目覚めたものの子供達が目を覚ますまで寝たフリしてました。枕元にはプレゼントが並んでいます。

最初に起きたのは長男(1歳)。でもプレゼントとかそういう事が分からないのでスルーしていきました。娘(4歳)は私に似てネボスケで中々起きません。
やっと起きたと思ったら間髪入れず大騒ぎです。嬉しいけど騒ぎすぎだって。

そしたら「お父ちゃんもプレゼントあるよ、おきてぇ」と言います。
 
「ナンダァ・・・」と枕元を見たら・・・・
Exia_2←コレが置いてありました。

いやぁビックリしました。内緒でAmazonへオーダーした分は即キャンセルした事は言うまでもありません(間に合って良かった)。

そんで今日は夕方まで検証作業を行い一通りの検証が済んだところで金型屋へ行きました。

金型屋さんとの打ち合わせは長時間になりました。図面通りに行かない成形の癖をどこに逃がすか、その打ち合わせです。何とか納得のいく案が出来た頃には外は真っ暗でした。
かなりマージンを取ったので大丈夫だとは思いますが実際に成形しなければ分からないのが難しいところ。しかしこの経験は次に何かのノズルを金型で作ろうと思ったときに生きてくるはずです・・・・ってか次はあるのか? 

年内は金型修正で終わり、テスト成形は来年に持ち越しです。

時間かかるなぁ・・・・、金もだけど・・・・。

 

| | コメント (2)

2007年12月23日 (日)

クリスマス会

本日は家内の実家でクリスマス会でした。
義父、義母、義弟に、義妹夫婦&4人の子供と、パカ山&妻&子供2人の計13人とかなり賑やかで、しかも昼前から始まる長丁場のパーティーです。

ガキが6人も揃うともうメチャクチャなんで、何がなんだか分かりません。
プレゼント交換もしたけど、どのプレゼントを誰に貰ったのか把握できないくらいです。

しかも何故か「数独」がブームで、食ってる時以外は大人たちは数独づけです。
みんな勝手な世界に入ってしまって、まるで家族ゲームの食事風景でしたね。おいらは数字が超苦手なので子供の相手専門でした・・・ってかいつまでやってんだうちの嫁!

義父に酒を勧められたのですが「運転があるから」と嫁が拒否・・・・・。

ええかげん暗くなった所でお開きとなり、その後は子供達のプレゼントを買いにジョーシンへ出掛けました。

さすがこの時期はメチャ混みで、しかもプリキュアコーナーは商品がスッカラカン。
一応「サンタさんにお願い」の形を取るので、子供がブツを決めたところで何も買わずに帰るという残酷な事をするのが我が家のしきたりです。1歳の長男は鼻水流して泣きじゃくっていました。フフフ。
そんで密かに嫁がブツを購入して車のトランクに隠します。

おいらは1/100エクシアをリクしてたのですが積んでありませんでした。
「買っても全然作んないじゃん」とミモフタもないお言葉。
更に「スイートテンは期待してるね」と直球な発言。

帰宅後は子供二人をお風呂に入れました。今日はゆず湯。息子は楽しそうにゆずを分解してましたが娘は嫌がってました。色の悪いみかんをお風呂に入れたと思ったみたいで気持ち悪がってました。

軽く夕食をとるともう寝る時間。子供を寝かしてやっと自由な時間になります。

あー疲れた。M-1も見逃してしまったし、今日も全く仕事になりませんでした。

| | コメント (0)

2007年12月22日 (土)

仕事になりません!

4日前から咳き込み始めた息子は案の定翌日には高熱を発した。
そうなると子供の看病は私の役割である。

ノズルの不具合検証用にノズルを加工しながら息子の世話をするものの、
元気なんだよねー、これが。38度超えてるのに。

検証のためには屋外での試射が不可欠なのに外には出られません!
従って家の中で妄想するのみ、参った。

おとといの夕刻にやっと試射の時間が出来、妄想通りトイ弾での不具合は解消されてました。うん、妄想万歳。
しかし重い弾で秒間18~19発の試射を行うとまさかの弾詰まり。

原因はノーマルパーツの組み込み方だろうけど、敢えて何も考えず適当に組んでの試射をしてるので、その状態での解決策を模索しました。

・・・・が、やけに詰まる。

やろうと思えばセロテープでもあればノーマルチャンバーをいじって根本解決出来るんだけど、それでは反則なので却下。

息子の風邪は長引き、試射は相変わらず行えません。

仕方なく現実逃避を行います。

昨日の夕刻、何とか時間を作り試射を行うも矢張り弾詰まりが出ました。

・・・・・・心が折れました。

そして気が付くとジョーシンで1/100のエクシアを手にとってました。
値段は1690円也。

イヤいかん!正気に戻ったおいらはすぐに帰宅し、イラついたので速攻ノーマルノズルを入れて試射に出かけました。

そしたら思いっきり弾詰まりしやがるではないですか!

原因はノズルにあらず!

「チャンバー調整ガイド」でも商品に同梱するか? 

悩んでるうちに近所の模型屋で1/100のエクシアを手にとってました。
値段は1980円也・・・ってアレ?

えー!?定価2300円なのー?
正気に戻ったおいらはすぐに帰宅し、イラついたので速攻パソコンを起動しアマ○ンにアクセスしてみました。

ウソー!

この値段!?

 

地元の小売店はこの先どうなってしまうのでしょうか?
量販店やWEB価格には絶対に勝てない構造になっていますよね。

お店で手にとって店員や常連さんとお話しながら購入という「血の通った買い物」は2割ほど余計にお金を払わないと実現しないのですね。

頑張れ!街のプラモ屋さん!
・・・・といいつつア○ゾンで纏め買いして送料もケチろうと思い始めているイケナイパカ山でありました。
 
 

| | コメント (5)

2007年12月20日 (木)

最近のアクセス数

こんばんは、パカ山です。

なんだかんだマメに更新してきたおかげで夏以降アクセスが上向いてきました。

そんで、さっき気付いたんですけど、

 

数日前に30000アクセス超えてました!

 

わーい・・・っていうかビックリ。

でも相変わらず中身薄くてすいません。

今後の予定(仮)
1.ノズル商品化への道
2.VSR-10の命中精度&弾道チェック(これはリキ入れた特集にしたいです)
3.金魚がまだ生きている事について
です。

これからも宜しくお願い致します。

| | コメント (8)

2007年12月19日 (水)

国会が揺れた日

UFOって存在するのかなぁ?

政府見解と官房長官の見解が真っ向から対立!

日本中を巻き込んだ一大論争に発展しました(笑

 

UFOといえば、「謎の円盤UFO」ですよねー!

-1980年、既に人類は地球防衛組織「SHADO(シャドー)」を結成していた。

  SHADOの本部はイギリスのとある映画会社の地下深く(笑)秘密裏に作られ、

  沈着冷静なストレイカー最高司令官の下
 
  日夜謎の円盤UFOに敢然と挑戦していた-

 

SFっていいなぁ。

ただそれだけでした。

| | コメント (9)

2007年12月17日 (月)

拡散波動砲

新型ノズルの不具合検証の為、精度が悪いと言われる弾を中心にBB弾を買い込みました。そしてSR-16も給弾系をノーマルに戻して撃ちまくっていました。

今現在BB弾の購入には大変苦労しています。マイナーなものは送料や代引き手数料を上乗せして通販で購入していました。それでも名古屋までの電車賃よりは安く、時間も無駄にせずに済みます。
 
さて、乱射の結果、トイテック0.2gにおいて現象が再現出来ました。
原因が分かれば対応のしようもあります。

トイテックはご存知の通り昔は高精度のBB弾を製造していたのですが、台湾に製造拠点を移してからは精度が大幅に悪化しました。しかしとにかく安いのが魅力で、そこそこ人気のあるBB弾でもあります。おいらは以前一度購入して「ダメだこりゃ」と思い、それ以来一度も買ってなかったのですが、そういう弾で作動実験をしてこなかったのはおいらの完全な失策です。

SR-16にトイ弾を込めてフルオートで撃つとそれは面白い弾道を得られました。
一本線で飛び出したBB弾が20m位からはじけるが如く一気にバラけるのです!

まるでアンドロメダの拡散波動砲の様ではないですか!

「これはこれで面白いなぁ」と思っていると・・・・ついに出ました、症状が。 

 

そういうことか・・・・・。

 

ノズル自作歴8年のパカ山ですから何度もこういう目には合って来ていたのですが、また同じ過ちを繰り返していた自分に腹が立ちました。

検証作業には今後4タイプのノズルを自作する必要があるようです。
金型成形の怖さを身を以って知りました。

| | コメント (4)

2007年12月16日 (日)

ほすぃ・・・・かも

「痛車」1/24でリリース決定!

ハルヒちゃんは見たことないけど、「痛車」には憧れを抱いていました。

アオシマ文化教材ってステキ!
 
心のレティクルが100MOE(エム・オー・イー)程クリックされました。

| | コメント (5)

2007年12月15日 (土)

逆風

こんにちは、パカ山です。
テッポ好きが高じてパーツ開発・販売で生活の足しにしようと考えています。

ノズルのテストショットがロングレンジ・チャレンジに間に合い、河原で十分な試射を行った上で本選に臨みました。作動に全く問題はなく、性能的にも満足のいくものでした。
競技結果も優勝でしたので自信を深めたのですが、思わぬ逆境に直面しました。

まず成形屋が製品が銃の部品である事を理由に突然断ってきました。
「人を傷つける物は作らない」との事でした。

私に言わせると「車」の方が遥かに沢山の人間を殺傷し且つ逮捕者も出しているのですが、そういう問題ではないそうで・・・。まぁ随分葛藤されたんでしょうね。
「トイガンの安全性とスポーツ性の向上のためには命中精度の向上が不可欠で、弾をバラ撒くゲームから狙い撃つゲームへの脱皮が環境への配慮に繋がる」とのおいらの主張も受け容れられませんでした。

新たな成形屋をすぐに確保し再度の金型テストの日程を組んだものの、ここで更なる逆境に直面しました。

ノズルのモニターをやってくださってる方から、「一般的な使用環境として、ノーマルM733に組み込んでトイテック0.2gを撃ったけどあんま変わらなかった」との連絡があったのです。(これは深い示唆に満ちています)

いやね、トイ弾はボルトで撃っても酷いのでアレなんですけど、一般的な使用環境が「トイ弾バラ撒き」であるのならおいらのノズルは意味がありません。それにバレルやホップパッキンの組み込み精度がダイレクトに結果に現れるしくみだし、精度の悪い弾は飛翔中に軌道を不規則に変えます。せめてSⅡSバイオ0.2gくらいの精度は欲しい所ですし、他がどんなに良くてもバレルが曲がっていたとしたら絶対に当たりません。一人ひとりのユーザーの銃をおいらがチェックして回るわけににもいきませんので「結局このパーツも宣伝文句だけじゃん」で片付けられてしまうかもしれません。銃は「バランス」なんですけど私に出来る部分はノズルだけです。

つまり「おいらのノズルって意味あるのかな?」と考え込んでしまいました。

現在市場にある全てのノズルより優れているとは思っています。でもそのノズルが「求められているのか」そして「活かされるのか」はまた別の問題です。

それともう一つの逆境。
「弾詰まり」が起こったとの連絡も受けました。

これは深刻な問題です。現在現象を再現するために実験を繰り返しています。金型成形のため製品に誤差は必ず生じます。原因については現在調査中ですが困った事に私の個体では起こらないのです。
テスト成形の日も無期限で延期し、金型屋にも修正の可能性ありと連絡しています。
既に支払いを終えたうえでのこの問題。当然開発費が高騰する事を意味しています。

この問題(金型修正)の難しさは、設計図面通りに行かない事です。
図面通り完璧に成形出来れば完璧な製品が出来上がりますが、POM(ジュラコン)は成形時の収縮が大きい素材なのでその変形の癖を先読みして型を作ります。
例えば「真円」が欲しい場合、ゲート位置と素材の冷え方を考慮した「楕円」の金型を作るんですね。

他にも問題を挙げればキリがありません。
やらねばならない実験が山積で、しかし子供が熱出してしまい看病したり、今日は今日で家内が休日出社のため子守りをさせられています。

なかなか思うように行かないですね。
コピーロボットがマジ欲しいです!

| | コメント (7)

2007年12月13日 (木)

ヘコミ気味

いろんな事がうまくいかない一日でした。

妻は「うまくいかないからもっと良くなるんじゃん。チャンス、チャンス!」と言います。

へこむのは今日だけ。物事そう簡単に運ぶわけない!

後でちょっと一杯引っ掛けて明日に備えようと思います。

こんな時は尊敬するGackt師の言葉を思い出します。

「こうありたいという未来が想像できるなら 後は 前に進むだけ」(だったかな)

前に進むだけでいいんですよね、きっと。

| | コメント (5)

2007年12月12日 (水)

先程、義弟から電話連絡があり、長女誕生の報告を受けました。

妹にとって二人目の子供です。こんなに嬉しい事はありません。

嫁ぎ先のお父様から頂いた辛子明太をほおばりながら幸せを噛み締めました。

今日の酒はうまいじょ!

| | コメント (0)

2007年12月11日 (火)

ロン毛?

録画しておいたガンダム00見てビックリしました。

 

ロン毛じゃん。

 

ロングレンジチャレンジ会場でも出場者の方とガンダムネタで盛り上がってたんですけど、凄い事になってきましたね。

 

おいらはオタクの第一世代を自認しているのですが、うちの嫁は多分「腐女子」という言葉が出来る以前からの「腐女子」ではないかと思うことが度々あるのですが(だから気が合うのかな?)その彼女によるとキャラデザインの高河ゆんさんって同人界のカリスマだったそうですね。オープニング見た瞬間にメチャ反応してました。

そしてラルクのオープニングでしょ。

加えて不必要におっきなおっぱいたち・・・・。

ダメ押しの「ガンガン ガンプラ!」!!

これがマーケティングというヤツでしょうか。仕組まれた糸がおいらのなかで少しずつ明らかになってきました。

 

断言します。 

はまりました。 

来週が楽しみだぬーん!

| | コメント (4)

2007年12月 9日 (日)

ロングレンジチャレンジ!

逝ってきました!ロングレンジチャレンジ!
久しぶりの上京なので前々職の社長宅や赤羽を経由しました。懐かしくて堪りません。

Photoそして菰田さん宅へお邪魔しました。
いきなりカコイイジープが迎えてくれます。
CCVのステッカーとODのボディーが野性味満点。見とれてしまいますね。
 

 
 

Photo_2そして菰田さんの愛犬である陣くんもとてもひとなつこくて、パカ山が手を出すとじゃれてくれました。
カワイイです。

 
 
 
 

Photo_3菰田さんは火のスペシャリストでもあります。
この火鉢はまるで魔法の壺で、名人が焼いた火持ちの良い炭をくべると心が満たされていきます。
そして金網に乗せたシシャモや鳥肉が信じられないほどおいしいご馳走になっていき地酒がすすみます。何て贅沢な時間でしょう。
時間が経つのを忘れてしまい、気が付けば一升瓶も2本目に突入。お約束の酩酊。

1というわけで明けて12月9日。いよいよ競技です。
この日はロングレンジチャレンジ以外にもシューティングイベントがあり、各々の嗜好に合わせて参加できる配慮がされていました。
このロングレンジチャレンジも実験的な要素が強い大会だそうです。こういう大会がどんどん盛んになっていって欲しいと願うパカ山でした。
パカ山はライフルクラスにエントリー。電動で参加したのはおいらだけでした。

Photo_4会場風景。
ロングレンジチャレンジは「チューニング勝負」。腕よりも銃の性能が占める割合が相対的に高いです。
そして射距離は25mと近めな反面そのレギュは厳しく、0.8J未満のパワーに制限されます。言うなれば「箱出しノーマルより低いパワーにカスタム」する場合もあるわけです。それは未知の世界ですね。
おいらの銃は198mmのインナーバレルを160mmまで短縮し且つTNバレルをおごってみました。先日加工したバレルですね。初速は0.2gで87m/sまで下がりました。
そしておいらのノズルのデビューでもあります。二日酔いでなかったらきっと不安でたまらなかったと思います。
深酒ばんざい!

Photo_5まずは試射。
ひとり5発ずつの試射が許されます。
おいらの着弾は赤丸です。2発が上でした。
テーブルでのレストではバイポッドがやや高く、銃身が上を向きやすい事が分かりました。
・・・てかそれはいいんですけど、マイコン制御FETは今日も不安定。寒いのでバッテリーのへたりも影響してます。

Photo_6仕方なくちょくちょく充電。
ほんと勘弁して欲しい・・・。
結局本番でも足を引っ張るのか・・・・。 

 
 
 
 
 

Photo_7そしていよいよスタートです。
狙い撃つぜ!

電動ガン、ただそれだけで注目の的。

 
 
 
 
 

Photo_8ステージ1「集弾」
本番の緊張は半端ないです。
やや上目に集弾した事がおいらの判断を誤らせました。5発目の発射の際に狙点をやや上に修正してしまったのです。
着弾が下に行くのを恐れたためですが、この誤判断により5発目は一番高いところに着弾しました。
その一発が無ければ5cm円以内で満点だったのですが10cm円内で80点でした。自分の弱さが出ましたね。

Photo_9タバコと比べてみました。
25m先の5発で、一応暫定トップです。

そして続くステージは達人くん狙撃。
25m、20m、15mに3個ずつ設置された達人くんに対し弾は9発のみ発射できます。
当然遠いほうが得点は高いのでやっぱ遠いヤツを撃ちますよね。しかし25mの3個を倒すのに6発使ってしまいました。命中率は50%です。

Photo_10さて、ここで昼食。
菰田さんオススメのラーメン屋に行きました。お互い九州人ですからとんこつにはうるさいんですけど、ここのラーメンは本物の九州のとんこつラーメンの味がしました。本当にうまかったです。

 
  

そして競技再開。
ラストはスピード射撃で、15mの達人くん5個を倒した後、タイマーストップ円盤を撃つまでの時間を競います。ここまでの得点をこのタイムで割ったものが最終のスコアになるので連射のきく銃が逆転出来るステージでもあります。パカ山のタイムは14秒でした。電動は圧倒的に有利なステージでしたね。

やがて全ての競技が終了し集計が出ました。
結果から言うとパカ山は全ステージでトップ。優勝です!
600賞品としてM3ショートを頂きました。もう最高!

おいらのノズルはやっぱり良いんだと自信になりました。はるばる来たかいがありましたね。

 
 

600_2そして記念撮影。
最前列の真ん中なんて照れくさかったです。

最後に、
グラマスを分けて下さった弐の槍さんとぐらてんさん、700モーターを下さった072Hさん、二脚グリップとRISをタダみたいな値段で売ってくれたがヴぁさん、現地で大変お世話になった菰田さん、そして主催者や出場者の方々、本当に沢山の方々のおかげでこういう結果を出す事が出来ました。感謝の気持ちでいっぱいです。

そして命中精度に関して「自分は間違ってなかったんだ」と少しばかり自分を褒めてやりたいですね。よくやったぞ俺!

ノズル売れるかなぁ・・・それが一番心配。

| | コメント (26)

2007年12月 7日 (金)

久しぶりの上京

明日は久しぶりに上京します。
・・・・っていっても目的地は群馬ですけど。

早朝に出発し、まずは前々職の職場に挨拶に行きます。
電話で話したら社長も元気そうで、最近やった番組をDVDに焼いといてくれるそうです。
最近も燃え盛る室内を無人耐火カメラで撮影したりヘリやパラグライダーで空撮したり他にも色々やってるそうで楽しそうでした。愛知万博でも某パビリオンの撮影を請け負ったんですよ。
かつておいらも色んな撮影をやってたなぁと懐かしくなりました。例えば鈴鹿サーキットで某レーシングチームのマシンのオンボード撮影とか、ラスベガスで全周囲カメラ撮影とか。
社長の口癖は「撮る機材がないなら自分で作れ」で、フライス盤も旋盤もアルゴン溶接も教え込まれました。まぁ変な会社ですよね。撮影の会社なのにみんな「工場(こうば)」って呼んでましたから。懐かしいです。

その後車で移動し、ブログを相互リンクしてもらっている菰田さんのお宅に泊めてもらうことになっています。菰田さんはCCVの元編集長でその筋では超有名な方です。お互い埼玉のとある社会人の趣味サークル(というのが一番ぴったりな気がします)に所属したご縁でこの度泊めて頂く事になりました。
明日は真珠湾攻撃が行われた日。日本がやってはならない戦争を始め、そしてあらゆるものを失ってしまう発端となった日です。その事実に思いを馳せて軍歌で乾杯したいと思います。幼い私に母が歌ってくれた「加藤隼戦闘隊」もいいですね。

そして明後日は「ロングレンジチャレンジ」です。
無風室内レンジで撃つ競技会はおいらには初めての経験。
やってみない事には何も始まりませんから恥を覚悟で頑張ります。
室内レンジで撃ち慣れた方々の技量を生で見られるだけでも楽しみです。

それと時間があれば秋葉や赤羽くらいは行ってみたいですね。

ワクワク半分ビクビク半分です。

| | コメント (0)

2007年12月 5日 (水)

モーターが逝った

Sh530220おいらの試射風景はこんな感じです。
達人くんを並べて撃ちます。

 「目標をえらい撃つぜ!」

風はいつも左から。当然狙点も左。

でもね、
今日は流石に疑問を感じました。
 
つまり、

4cm幅の的を25cm以上のリードで撃ってて意味があるんでしょうか?
 
第一BB弾が勿体無い。
 
そんで作動がますます不安定になりました。
フルオートのサイクルが目に見えて低下してます。秒12発くらいの音です。

バッテリーかなぁと思ってXM16E1に入れて撃ってみたらブバーっと秒間20発で快調作動です。ってか秒20ってこんな音だったのね、忘れてました。

ノズルの停止位置も不安定になって来たのでもうヤメヤメ!
原因はモーターとスプリングそんな気がします。

モーターは寿命でしょ。2003年頃からいったい何発撃った事か。

スプリングはM100の後継としてKMの0.98Jを入れたんですが、こいつがフラフラ横に動くので組み込みがやりづらい上にピストンの内壁と擦れてます。後退の抵抗を増してるっぽい気がします(未確認)。通常の作動では全く問題ないんですがマイコン制御FETは調整がメチャシビアなので。

スプリング変えてみようかなぁと思っても・・・・・買える店が無い!
XM16E1に組み込んでるM100を抜くしかないかも。 

モーターはそういえば前に072Hさんに頂いた新品のEG700がありました!
早速換装するとブバーっと秒間18発くらいの音がします。
072Hさんのおかげで助かりました。

でも、おいらの銃本番までに安定するのかメチャ不安です。

Sh530219←結局この形が一番使いやすいです。

 エウレカはコクピットを作る予定。
 下側のレイルに付けたら腕や頭が
 もげてしまったり、気付いたら居な
 くなってしまう事が判明したので
 今は付けてません。

 

それではお休みなさい。

| | コメント (5)

2007年12月 4日 (火)

加工って難しい

ベンチレースにTNバレルくわえて切ってみた。

長さ160mm。

ついでにバレル入口をせまくしてやろうと真鍮をインサートして穴を開け、削り広げた。
0.03mm偏芯しようとしたら0.07mmくらい偏芯しておしゃか。

チャックを外して芯出ししてみる。凄くズレてた・・・。
ひとしきり悔いた後、内側を削って再度真鍮をインサートして穴を開けた。
今度はちゃんと中心を掘る。

TNバレル6.04mmの中に5.98mmの入口が出来た(はず)。
仕上げにコンパウンドをかけてみる。目標は5.99mmだったが瞬間で6.01mm位に広がってしまった。こんなに簡単に削れるのか。
・・・・・失敗だね、うん。

もういいや。このバレルを使ってみます。

| | コメント (2)

インナーバレル

おはようございます。命中精度に憑かれたパカ山です。
このブログも毎日沢山の方々にご訪問頂いており感謝の極みです。

最近は銃の加工記事を見てくださる方が増えました。拙い内容ですけれども、精一杯少ない脳みそを使って頑張っております。今後とも宜しくお願い致します。

ちなみに当ブログの一番人気記事はダントツで「ゲートルの巻き方」だったりします(笑)

 

さて、ここに来て大きな疑問にぶつかりました。

何かと言うと、

2 
←これの何がいけないのかです。

  横にズレてます、それは分かるんですけど、
  じゃぁこの後この弾はどういう軌跡と回転で
  銃口内を進んでいくのでしょうか?

   
 
 
 

おいらは斜めの回転で進むと当初考えました。
それとホップパッキンの圧力でセンター付近に落ち込む力を与えられ斜めに加速させられるとも考えました。

斜めの回転は遠射ではフライヤーになりますね。
では、斜めの加速はバレル内で矯正されないのかなぁ。

それとよく、バレル下部にミゾを掘ったりしますよね。
それって斜めの回転にならないのかしら。
結論から言うとなりにくい。でも上下にバラつきますよね。

何が言いたいのかというと、
斜めの回転って実はスタート地点ではあんまり起こっていないんではと思いまして。
もしかして常識ですか?

それと銃身内部での弾と内壁の接触って、おいらが思ってるよりも頻発し、且つ影響大なのかなと。斜めの回転もそこで起こったりとか。もしかして常識ですか?

どうやったら検証できるのかなぁ。

内壁に接触痕が出来る事は知られていますよね。
おいらそれを見るまでは殆ど接触しないと思っていました(苦笑)。

今は接触するという前提に立っています。ホップパッキン直後とバレル先端付近で特に。多段膨張バレルなんてのも接触しにくいバレルをと考えて作ってみた物です。

じゃぁそのスタート地点、つまり保弾位置ではどうすればいいのかなぁと悩み中です。

どうしよう・・・。

| | コメント (0)

2007年12月 2日 (日)

年の瀬か・・・

盛り上がってきましたねぇ、風林火山。

 

ハナシ変わるけど今日はなんかうまくいかなくて時間ばかり過ぎました。

M4のマガジンの着脱が硬くなってしまってあれこれ考えてもわからず、結局はメカボのケツに挟んでるスペーサーの接着剤の厚みのせいだと気付くまでに2度もばらしました。
アウターバレルも微妙にズレてる気がして組み直し・・・これで4回目。でも良くなったかな。4mmのイモネジ4本も立てて固定したから・・・・。

マイコン制御FETは何故か安定せず、新しい方のバッテリーがまだ本調子でないと気付くまであーでもないこーでもないと散々。
やっと安定しました。電力に余裕がないとダメっぽい。
9月に買ったニッカド8.4V、もっといたぶらないと元気にならないのかな。

部屋で銃の試運転をするとかみさんに怒られました・・・・・うるさいって。

オクで以前から欲しいと思ってる本を見つけてたので終了20分前から警戒してたら、案の定残り10分からどっと動いたり。皆考える事は一緒ね。当然スルー。

来週日曜のロングレンジチャレンジは行く事にしました。
群馬まで・・・・。
インナーバレルはノーマルを160mmにカットしたものを使ってるんですが、競技本番用にTNバレルをカットしようか悩み中。カットするのが少しもったいない。

艦船模型が新製品ラッシュで、それに伴って雑誌も「買い」な内容のものが濫発。
悩んだ挙句モデルグラフィックスとモデルアート艦船模型スペシャルは買ってしまった。
まさか艦船模型がこんなに盛り上がるなんて数年前には想像できなかったです。

明日こそは頑張ろう。

| | コメント (5)

2007年12月 1日 (土)

マイコン制御FETその4

♪ちいさいけぇれっど~、部ぇ屋一面消臭ぅ~

マイコン制御FETの位置のズレについて製作者に問い合わせた所、停止位置の違いでズレが生じるので余裕を持った調整をするようにとの回答を貰いました。まぁ仕方のない事ですね。
機械的な理由を検証するとKMのスプリングが横方向に曲がりやすいので、それがピストン後退のスピードを不安定にさせているのかも知れません。

負けないぞ!

電動M4で、高度にチューンされたPSG-1等に勝つには、何としてもコイツをモノにしなければなりません。不満はあっても他に有効な手段が見当たりませんから。

で、タペットプレートの前進のタイミングを早める事にします。

Photo_3写真はノズルが最大後退位置に達したところ。
M4はノズルの最大後退をセクターの回転で約30度維持できる優れたタペットプレートを持っています。そんで最大後退位置が終わるとノズルはタペットプレートの板の形状に影響を受けながら前進します。
 

Photo_2ノズルが前進しきるのは最大後退が終了してからセクターの回転で約80度進んだ時です。これを45度以内に抑えようと思います。つまり板部分の青で囲んだ部分をカット。メチャ力技ですね。
それとノズルの後退のタイミングを早めることで最大後退を維持する時間を延長してみます。
保険です。

Img_0066_2←こんなのを作ってみました。

 
 
 
 
 

Img_0070_3←こうなります。

 
 
 
 
 
 

Photo_4←ここが最大後退始点です。
 約10度前進しました。

 
 
 
 

Photo_5←これが最大後退終点。
 終点は変わっていないので
 今の所最大後退を約40度
 維持します。
 様子を見て減らすかも。

 

Photo_6←ノズル全閉。
 前進速度がメチャ速い・・・・。

 「発射できるのだな」
 「・・・わかるものか!」byブライト・ノア

 

Photo_7←発射。
 ノズル全閉からここまでなら
 何処でギアが止まってもよくってよ。

 
 
 

もうこれ以上打つ手なし!

家族が寝てるので試射は明日。

そんで只今、インナーバレルを工夫中です。

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »