« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

風に吹かれてパカ山orz

試射に行きました。今回は箱出しノーマルのSR-16の実力拝見です。
しかし前回試射した感じでは30mの射距離ではA4の紙に収まりそうもなかったので20mでの試射にしました。

Photo例によって風がビュンビュン丸なのであちこち彷徨ったら良い所を見つけました。竹林が風を殆ど遮ってくれます。20mしか取れませんけど。
まずはかるーくグラマスで小手調べです。
狙点はど真ん中ちょい上でいけます。この場所だけ風が無いことが分かります。

 

700・・・・まとまりやがる。銃を褒めるべきか流石グラマスと言うべきか。じっくり狙って撃つと横に時々散るものの中心付近に良くまとまりました。無風でグラマスだと侮れません。

続いてSⅡSセミバイオ0.25gを装填してみました。
結構期待できるかも・・・・と思っていたらメチャクチャ散りました。それも左側に標的外となるのが多いみたい。
まさかと思って車から出てみると風向きが変わってるし。左右に不安定な向かい風が吹いています。グラマスを撃ってみてもバラバラ。ダメだこりゃ。

700_2風を待つ間に初めての分解。
ノズルのみ交換です。
これは金型修正後のテストショット品。
結果を出してくれるかどうかドキドキ。

でも風は強くなるばかりでした。
しかもこの向かい風は左右が安定しないので非常にやっかいです。
 

Photo_3仕方なくいつもの場所に戻ると何じゃこりゃ。
めっちゃ強風です。
最悪の部類に近いですぜ。

 
 
 
 

Photo_4Photo敷物も標的も石で押さえないと飛んでったり倒れたりです。
救いなのは風がほぼ真横からだという事のみです。

銃に二脚を立ててプローンで待ちます。少しでも風が良くなったらすぐに撃てるように銃を構えて伏せている他にしようがありません。

・・・・・・黙って伏せてると何だか悲しくなってきました。いつもの事とはいえ、恐らく風はずっとこのままでしょうから。

手がかじかむ中タバコを吹かしながらプローンのままのパカ山。そう言えばこの間の夜戦も風が強かったなぁなどとグイーンと曲がって飛ぶ曳光弾を思い出したり。

我慢できず撃っちまいました。撃ちまくりました。案の定弾道はグイーンと曲がっていきました。結果は下の写真の通りです。

700_382mmから172mmまでバラバラ。
82mmは9発しか撃ってなかったので10発ならば95mmが最高。
しかし的の端から10cm以上左を狙って撃ってるんで比較になりませんね。ただ寒かっただけです。
しかも射距離20mだし。おいらのVSRならコーヒー缶をまず外さない距離。それが風という障壁でとてつもなく遠くなります。

今回はダメダメだったので風が弱い日に再チャレンジします。
それとノーマル銃の首ってこんなにフラフラしてるんだとかなり驚きました。実は新しい銃を買ったら撃つ前にすぐバラしてカスタムする人だったのでノーマルで撃った経験が殆どなかったりします。
ノーマル銃を久しぶりに撃ってみて、初速は意外と出てるのに全然パワフルさを感じないし、それに何か飛ばないなぁと思いました。みてくれは良いんですけど、何かつまんない感じです。

それはそうとおいらのノズルは金型改修の結果、今までの試射ではノズルが原因の給弾不良は出ていません。これについても引き続きテストしていきます。

ではでは。

| | コメント (2)

2008年1月30日 (水)

何もない毎日

こんにちは、パカ山です。
報告すべきネタは一切無い毎日を送っています。

この数日はそれなりに多忙ではありました。
昨日ようやく母の年金の更新処理やらが終了したのでひと安心。

そうそう、 ヤフオクに初出品もしたりしました。入札1の開始価格での終了ではありましたが回転寿司にならなかったのでホッとしました。

そんでノズル商品化についても頑張っています。

 

 

「パカ山一等兵殿、これは何でありますか?」

Img_0237_4う、貴様はプ・・・・いや、のらくま二等兵ではないか!
しかも相変わらず素っ裸で・・・。

 

「・・・で、また買ったのでありますか?」

・・・いやね、ノズルの試験用にまっさらな銃が必要だったし、データも色々要るじゃない?

「ほぅ・・・・、それならM733辺りの安いヤツではダメなのでありますか?」

だって折角買うんだもん、好きなの買ってもイイじゃんか!

 
 

Img_0239「あ、何か踏んだ・・・って何だコリャ? 危ない物をそこら辺においといちゃダメでありますよ・・・ってか新しそうな成型品でありますね」

 
 
 

 

Img_0240「しかもまた通販やらでBB弾買い込んで・・・週末にも数千発撃ってたそうではないですか。・・・それにしてもポリシーのない選択でありますね。エクセルバイオ発光弾とかトイ弾とか・・・・、二度と買わないとか言ってたくせに何袋も撃ちつくしているではないですか」

クマよ泣けてくるから放っといて!

 

「というわけで今日はオシマイ。ありがとうクマであります」

 

| | コメント (4)

2008年1月28日 (月)

ネタなし

ネタがありませ――――――ん!

 
 
 

| | コメント (5)

2008年1月27日 (日)

夜戦

昨夜は夜戦に参加しました。
いつものようにまったりと遊んできました。
実は、夜戦は暗いので参加された方の全貌が掴めません。
人数は分かるのですがお顔は全く分からなかったりします。

帰ってから録画しておいた「ガンダム00」を見てみました。

・・・・・絶句。

おいら的には最悪ですね。
これまでの主人公らの苦闘をよってたかって一笑に付す展開。
3人の能天気な搭乗員。
監視者とかいう連中は何か知らんが「拒否権」だけはもってるそうな。

おいら的に一番ダメダメだったのは三号機です。話になりません。
おいらだったら三号機登場シーンをこうします。

①搭乗員:マチルダさん
 「そこのモビルスーツ聞こえるか。すぐに突撃発起点に戻れ!」

②搭乗員:セイラさん
 「そこのマイスターの方、聞こえて?空中戦を行いつつ離脱して下さい。
  後方R4度、敵は40機です。あなたならできるわ!」

萌え~。

今後の展開如何ではガンダム00とさよならせざるを得ませんぜ。

 

| | コメント (2)

2008年1月25日 (金)

シュアヒット31042 その2

先日のゲームでシュアヒットもデビューしました。でも手放そうかと考えています。
 
買ったばかりだったし良いものだったんですけどTR-Xのレティクルに慣れてしまっていたのでゲームで覗いた時にちょっと違和感を覚えてしまったのが理由です。

やっぱレティクルはTR-Xコマンダーの方が好きです。
こればっかりは好みなので仕方ないです。それに狙点の変更など「TR-X10倍時のミルドットでいくつ」ってな感じで覚えてしまってるので、違うサイトに感覚を合わせるのが思ったよりも大変でした。 

それにアマゾンからはマウントリングの調達にもっと時間が掛かるとのメールがあり、そればかりか万一調達できない場合には向こうからキャンセルされるとか言われる始末だったので急激に気持ちが萎えてしまいました。
アマゾンは直ちにキャンセルした事は言うまでもありません。

ところで両モデルとも6倍までの使用では見え方は変わりませんでした。
但し6倍を超えてからの鏡胴内反射はシュアヒットの方が強めでした。従っておいらのように常に最大望遠で使う場合、シュアヒットの方がフレアが出やすいです。その点TR-Xコマンダーはロングフードが標準装備なのも良いですね。

シュアヒットの方が全天候型で耐久性も高いのですが、ゲームでしか使わないなら関係ないかなと(気が変わったら一直線です)。おいらの中ではTR-Xコマンダーの勝ち!

というわけで只今「TR-Xコマンダー」か「PT 3-10×42」をオク物色中です(笑)
誰か格安で売って下さい!

昨日、駅前の商店街の鉄砲屋に行ったらノーベルアームズの製品はすぐに取り寄せ可能との事。衝動でマウントリングを注文しましたけど、VSRにはもうしばらくフロンティアオリジナルのスコープを載せていようと思います。

 
 

| | コメント (2)

2008年1月24日 (木)

ガンプラ本

Photo先月のモデルグラフィックスに触れられているのを見てから気になっていたこの本を買いました。
定価1800円もするのね。
もち中古640円で買いましたけど。

アマゾンの評では賛否両極端でしたけどおいらには面白かったです。一気に読みました。

この本はバンダイが模型に本腰を入れ始めた経緯から、スーパーカーブームに乗り遅れたり、ヤマトの模型も不発だったりの紆余曲折や、しかし数年後のヤマトブームで業績を好転させ、遂には打ち切りが決まったガンダムの版権を入手してプラモ化するお話です。

具体的なキットの紹介は殆どなく舞台裏の紹介に終始した本です。

だから面白かった!

おいらもガンプラブーム直撃のオサーンです。
300円ガンダムはビームサーベルが2本しかない頃に買いましたし、以後もガンプラは意地になって買い漁りました。
コミックボンボンも創刊号から買ってたりします。ボンボン創刊直前には同じ講談社のテレビマガジンがこれでもかってくらいPRしてたのを思い出します。

ガンダムの初回放送は思い出深いです。
雑誌記事では全然イケてないメカに思えたのに、いざ動いているのを見るとなんか違うんですよ、緊迫感が。もう頭の中ガンダムだらけ。
ノートに絵をかくんだけどザクのスカートの形がよく分からない。なので大百科本を買う。
学校では早々に「ガンダムキ○ガイ」と渾名されました。

当時まだ同志は殆どおらず、放送終了が近付くと友人は「これでお前のキ○ガイも治るな」とか言ってました・・・・ってみんな見てんじゃん結局。

でもね、一つ驚いたことがあります。

あんなに濃密に関わったおいらにとってのガンプラブームってたったの1年半の期間でしかなかったんですよ。以後はザブングル、ダンバイン、マクロスとプラモを作り倒しましたけど、そこでアニメのプラモは終了。トータルでも3年間。たったそれだけ。
いや、子供には充分ですか、それだけあれば?
ヤマトのメカコレ入れたら4年間ですもんね。消防の殆どがアニメのメカプラモに費やされたってことですか。

その後のエルガイム、ゼータ、ダブルゼータ等々は全く興味なし。ちらっと見ておいらの見るもんじゃないと思いました。っていうか特撮一直線?

大学生って暇ですよね。Vガンダム見てました。
そんで1/60のV2とか買って未だに積んでます。
ゼータ以降のアニメも見始めました。バイトで稼いで(まだオタクが上陸する前の)秋葉でハイファイビデオを買って、友人に借りたビデオでアニメ見まくり。
いやアニメに限らず映画を三日で14本とか。
一週間レンタルで三本借りて、でも当日に返してまた三本借りるのー。

何の話か分からなくなってきましたけど、えっと、そうそう、あのガンプラブームって2年間くらいなんですってね、一般的にも。

やっぱ「キャラ物だけにキワモノ」ってことですか?
「でも何だったんだろう、あのブームって?」そういう疑問が沸いてきました。

「エヴァ」も凄いブームになりましたよね。社会人だったけど毎週録画して見て、
「次の放送までに4回は見れる」なんて友人と話してたくらい。
そう、あれも短かったんですね、そういえば。

そんで本題に戻すとですね思ったんですよ。

おいらは果たしてプラモが好きなのかって。

よくよく考えてみると好きじゃないのかも。・・・・ってか嫌い?

理由1・・・・めんどう
理由2・・・・こわれる
理由3・・・・くさい

でも買っちゃう。積んじゃう。ため込んじゃう。

・・・・・何でなんでしょう?

小さい頃、そうね、闘志ゴーディアンなんか見てた頃、プラモは超合金の代用品でしかなかったです。これは間違いないです。
でも代用品にしては余りにショボかったんですよね。だから不満。だからいじる。
少し技術が付くと多少は代用品に値する物になってきた感じ。
もっとうまくなれば超合金以上の物になる(はず)。ならなかったけど。
でも別の何かになった気がする。

だからいじるとこがないMGはプラモである必然を感じないのかもしれない。
だけど「廉価版のおもちゃ」としての理想形にも思えます。

 

・・・・まとまりそうもないのでこの辺にしときます。

プラモを買い続けてきた理由が分かりません。

でもきっと買って行くと思います。

 

| | コメント (0)

2008年1月20日 (日)

今年の撃ち初め

いよいよサバゲも2008年のシーズンを迎えました。
新春サバゲも欠席だったし12月の定例もロングレンジ・チャレンジとバッティングしたので、おいらにとっては2ヵ月ぶりのサバゲでありました。

Photo_3朝イチの集合写真。
このあとドイツ兵コスの方々も加わりました。

この日は風が無い事もあって思ったほど寒くはなく、絶好のサバゲ日和と言って良かったかもしれません。

おいらはVSR-10にシュアヒット31042を装着して遠距離射撃を行う予定でしたが、試射すると何か纏まりません。微妙なフライヤーが出る上にホップが不安定で上下のバラつきが大きいようです。3ヶ月以上いじってなかったので恐らくホップパッキンにゴミをかんだかグリスが付着したかだと思います。ちゃんとメンテしないとダメですね。

Photo_5Photo_6夏場は上左の写真の様になるフィールドもすっかり冬の装い(上右)でした。
これは遠距離砲撃戦になりそうな予感・・・。

Photo_7初戦は奥側からのスタート。

左の地図の下側を「奥」、上側を「手前」と呼んでいます。赤線の内側が戦闘が行われる範囲です。

パカ山は弐の槍さんと072Hさんにくっついて川を超えると斜面を下って沼地奥側へ侵攻しました。
敵の気配は全く無いのでじりじり前進すると、沼の向こうの崖上に敵が陣取っていました。しかしおいらは発見できません。
 
 
 
 
 
そこで072Hさんに聞いてみます。
パ:「敵はどこですか?」
0:「あそこ」
パ:「え?」
0:「銃口の向いた方にまっすぐですよ」
パ:「うーん」
0:「撃ってみますね、ほら弾が飛んだ方向」
パ:「あぁ、はいはい」

Photo_8沼地を崖上から見るとこんな感じ。
パカ山は矢印の辺りで手取り足取り敵の位置を教わっておりましたorz。
よく「やってないと勘が鈍る」とか言いますが、パカ山は鈍りすぎです。
もう少し進めばどこも敵の射程内なので隠れながらニジリニジリ行くしかありません。でも匍匐すると疲れそう・・・。結局睨み合いで終了しました。

第二戦目、手前からのスタート。
中央の平原というか下草の少ない木々の間を進みます。
川が曲がって分かれる手前に敵はいました。
岩陰からヘルメットが見えます。米兵です。
トミーガンを出して頭は殆ど出さずに撃ってくるのですがこれが侮れない正確な射撃です。
その後ろに何か素敵な帽子が見えます。
「ロシア兵?」
何て素敵なカッコでしょうか。
今回の初弾はロシア兵を狙う事にケテー!距離は35mちょい程度。これなら初弾ゲットだなと思いながら撃つとハズレ。今日のVSR-10はダメダメです。
そんなんやってるとロシア兵はJP/N畑さんがゲットしていました。
おいらは米兵をスコープに捕らえるとおもわず「いただきまーす」と言っておりました。それくらい絶好なタイミングで発射すると・・・やっぱりハズレ。イカン!マジでダメかも今日のおいらの銃!
しつこく撃って米兵ともう一人をゲットし更に川向こうの敵に向かって乱射していると、どこからか飛んで来た弾にやられました。予感どころかダメダメ確定です!

第三戦目、奥側からのスタート。
川の分岐点の少し先の、やや丘の様になった場所へ伏せてみます。
早速がヴぁさんらしき人影を発見しますが、あれぇ普通の帽子だから違うかなぁ等と考えておりました。
ちょこちょこ撃ってみますがダメダメ。その内発見されたので逃亡し、再度の狙撃を企図するもノーゲットで終了。
ブッシュが少ないため隠れにくく、相手も接近を許してはくれません。

第四戦目、手前側から。
中央左翼を進んで即死でした。

ここで昼食を挟んでハンドガン戦がありましたがおいらは休憩してました。

さて午後の最初は手前からです。
開始そうそうダッシュして沼が見下ろせる崖上に陣取りました。
すると沼地に敵がガンガン進んできます。
気分はまるで観戦武官?射程外を見つめながら気分は盛り上がっていきます。
が・・・その頃味方の無線は混乱を始めていました。
ピリリリリリリリリ!
けたたましい電子音が鳴り響きます。緊急のコールサインでしょうか!
「おーい、電話だよ~」
「お蕎麦の注文でつか?」
「え?今の何?」
極めつけが無線オンで「ハクショーイ」
前線各地でみなさんお困りです。
パカ山は無線装備ではないのでただただ笑いを堪えてました。
敵の進撃を見極めた所で崖を下りて沼地に進みました。何としても距離を詰めたい所です。
するといきなりハマさんを発見。背の高い枯れ枝の奥なのでこちらからは撃てませんがフルオートで撃たれたらひとたまりもありません。
距離20mで硬直し「オレは草、オレは草、オレは草」と唱えるのみ。
ハマさんの指示で米兵二人とドイツ兵二人が連携して動いていました。
「崖下右の方も下りてるからね。10時方向にも二人くらい居るよ、そっちの左も居るかもしれない」ハマさんの指示が飛びます。
おいらはまだ見つかって居ない事が分かりました。
ハマさんは左に移動しやっと動けるようになると少し前進して索敵。
前方15mにガーランド装備の米兵を発見し狙撃しました。
「ママ!」
命の叫びをあげて米兵は昇天しました。何て素敵なヒットコール!
更にトミーガンを装備した米兵は崖に向かって突撃を敢行し味方の一斉射撃を浴びて戦死していきました。敵ながら天晴れ・・・っていうかおいらも混ざりたい!
残るドイツ兵はブッシュの中を果敢に進み11時20mに一人をスコープに捕らえましたが枝が邪魔です。更にその奥25m程にもドイツ兵が進んできました。彼との間には隔てる物がありません。
マズイ!そちらから倒さないとやられます。が、またもはずしてしまい射殺されてしまいました。ダメダメなおいらでしたけど面白かったー!

この後は相手の怒涛の攻撃に翻弄されるばかりでした。
フラッグを取られたり、フラッグ前まで攻め込まれた挙句後ろから全滅戦を挑まれたりと半端ない強さで攻めてきます。
こちらはというと
「フォーメーションB」に続き、禁断の「フォーメーションA(ア○ル)」まで発動しましたが、かなりの苦戦を強いられました。

え?「フォーメーションB」ってどういう作戦かって?
うーん、よく分からないんですけど、気持ちの問題みたいです。

また、総大将さんの「一撃離脱戦法」も有効な戦術の様でした。
一気に間合いを詰めて乱射し、すぐさまダッシュで後退するという攻撃法です。
しかし「一撃離脱」の通り道でたまたまアンブッシュしていた072Hさんは、運悪く総大将さんが呼び込んだ流れ弾を喰って昇天するという痛ましい事故も発生したようです。

以降もおいらはまったり狙撃モード。やはりブッシュが少ないので毛シャツの有効性もあまり発揮出来ませんでした。真横から撃たれたりしましたので今回はかなり迂闊な動きをしていた様ですね。

さてラス前とラストはJ/P隊長さんとの共同戦線となりました。

ラス前は中央川沿いを進み、ハマさんの頭をおいらが遠距離射撃で抑えている間に川向こうのJ/P隊長さんが正面の敵を沈めていきました。
川の分岐近くまでクリアーとなり、おいらは少しずつ前進を始めました。
そして正面の丘に取り付いた瞬間、突如ロシア兵(もといアビィーさん)のハンドガン突撃を受けました。J/P隊長さんはマグチェン中。面食らって走って逃げるもわき腹に喰らって死亡。潜んでいるなんて全く分からなかったです。

ラストは奥側から。
おいらは川を越えた左翼大外に進み、突進してきた米兵が伏せたところを対岸から狙撃。
「うわ~!」
米兵コスの方のリアクションは最高です。見習いたいです。
次回は日本兵コスで参戦しようかな?
更に川沿いに進んできた敵をブッシュ越しにゲット。
前進し体が全部隠れる大木の陰から索敵開始。対岸で戦っているJ/P隊長さんの正面をカバーします。
中央の平原を見下ろす形になるので索敵には理想的ですし、思ったより安全な場所でした。
アビィさんが進んでくるのを発見し射程内まで待つ事とし、平原の奥側を匍匐する敵の一団を狙撃してみます。距離は40m以上。多分45m位です。かなりのリードを取って5~6発撃ち込むと立ち上がって去って行きました。一応不確実1という事にします。
そんでアビィーさんとの撃ち合いとなりました。木が太いので相手の射撃を完全に防ぐ事が出来ます。後は互いに顔出して引っ込めの繰り返し。アビィさんの靴がはみ出したところを狙撃すると靴を引っ込められたりして中々決着がつきませんでした。距離があるので相手の球筋を見てから頭を引っ込めても間に合っちゃうんですよね。
ボルトでゲーム中にマグチェンしたの生まれて初めて。
そんでやっとこお互いに撃ち合ったところでゲット出来ました。
弾幕でラッキーヒットを狙う事なくフェアな戦いをしてくれたアビィさんに感謝です。
そこでゲーム終了でした。

Photo_9おいらにとっては二ヶ月ぶりのゲームでしたけど、やっぱサバゲって楽しいですね。
最近はガンプラに浮気してましたけどやっぱサバゲだなと心から思いました。
コスの方々も素敵でした。コスも楽しいですよね、うんうん。

冬のブッシュが少ない時期はやっぱりコスプレ!
どーせ毛シャツの効果はあんまり期待出来ませんから。

というわけで今年最初のゲームも充実していました。
参加された皆さんお疲れ様でした&ありがとうございました。次回も宜しくお願い致します。

 
 
 
 

| | コメント (6)

2008年1月19日 (土)

届かなかったか・・・。

今週末のサバゲのためにスコープマウントリングをア○ゾンに発注していたのですが一向に届く気配がありません。

発注は12月25日で発送予定は1月10日~1月19日とあったのですが、年明けに確認したら11日~22日に変わってやんの。送料をケチるために岡田あーみんのマンガも一緒に注文したのにずっとおあずけですぜ。

Photoスコープが30mm径になったので手持ちのリングを使ったらこんな感じで少し高いんですよ。
だから年明けのゲームのために4.5mm高(5.5mm下がる)のリングを発注したんですけどこんなに待たされるとは(まぁそう書いてあったのは事実なんですけどね、でも限度いっぱいまで待たされるなんて・・・)。
今日の時点で発送されていないので今回のゲームはこれでいくしかないですね。

電動M4は部品と化してますんでボルト一本でいきますけど、マウントリングを待ってたのでサイト合わせも何もやってません!年初めからダメダメっぽいです。 

・・・・早く届いて欲しいぞマウントリング!

 
 

| | コメント (4)

2008年1月18日 (金)

840円のラジコン

みなさんこんばんは。
めざましテレビの今日の占いがあんまり良くなかったパカ山です。
ラッキーアイテムは「新しいおもちゃ」だとか言ってたので何か買おうかと思って出掛けてみました。

長男は3月で2歳になるのですが、最近は「好み」というものが出てきたようで盛んに自己主張するようになりました。洋服の好みもありますが何と言っても「車」が好きなようです。車系のものを何か買ってやりたいなぁとずっと思っていました。

いっちょミニカーでも長男に買おうかと「トミカ」コーナーに行ったりしましたが、同じトミーのラジコンに目が留まりました。定価1050円、売値840円です。何て安さでしょうか。即決で買って帰りました。

「無駄遣いすんな」とかみさんのカミナリが落ちた事は言うまでもありません。

Photoシャーシや外装はABS、ギアはPOM、130モーターを2個装備、送信機と本体に単三乾電池をそれぞれ2個使用します。
半完成のシャーシにモーターやギア、ステアリング等をはめ込んで完成。所要時間は30分もかかりません。
ただシャーシのホイルベースがボディーと合ってなくて修正が必要でした。明らかに設計ミスです。その辺はやはり中国製(TOMYだけど)、子供に優しくないですね。
ステアリングは遠心クラッチ式で、モーターの回転が止まるとギアがフリーになってスプリングの力でセンターに戻るしくみです。凄いアイデアだと感動しました。
サーボではないので(いきなり最大トルクです)運転にはコツが要りますが、やっぱラジコンって楽しぃー!

そういえば昔は自動車プラモってこんな感じでしたよね。
買ってすぐ組んで、モーターにリード線結んでセロテープで止めたりして。
無塗装が当たり前だし、チューブ式の接着剤が「蜘蛛の巣」みたいに糸引いてたり。
そんで「電池が尽きるのと壊れるのとどっちが早いか」ってな感じ。
デカールなんぞ台紙を細かく切る知恵がなく全部いっぺんに水に付けて、洗面器に浮いたデカールを一枚ずつ拾って貼ってましたね。当然付かないんですよねー。

さて、夕食後のひと時に娘と一緒に組み立てました。
完成して動かした時の娘の驚きようったら。・・・まるで魔法。

長男に見せたらすぐに車の方に飛びつきました。しかし車が逃げます。
足の間を抜け、バックして向きを変え、止まったかと思うと走り出し、長男は車を捕まえる事が出来ません・・・・ってか捕まえても取り上げられますから。
 
そんでいよいよ長男にコントローラーを触らせました。
ラジコンが理解できるかなぁと思いましたが、さすが子供です。瞬時に理解しました。次の瞬間から娘と長男でコントローラーの奪い合いです。
まぁ今回は長男のおもちゃという事で娘も順番を守ってくれました。
しかし二人とも前進してガツン、後退してガツンの繰り返ししかできません。

子供たちの喰い付きが良くて嬉しかったです。明日は公園で走らせようかな。

 

しかし、ラジコンのユニット自体が既に安いといっても定価1050円でこんなのが作れちゃうなんて衝撃です。MADE IN CHINA って一体何?って思います。
塗装済み食玩やら、ガシャポンやら、プライズ品やら、最近のものは結構手間掛かった作りですよね、そりゃ粗いですけど。
このラジコンが1050円なのを見て、中国製品ってやつは流通コスト引いたら極限まで「タダ」に近いんじゃないかとそら恐ろしくなりました。

どうなるんだ日本。ちょっと心配。

 

| | コメント (8)

2008年1月15日 (火)

もうすぐやめますから・・・

思い込んだら一直線ですいません。他にネタがないんですぅー!!
気になりだすと止まらない性格なんで何度会社に泊まったことか。

Photo今回は腰をいじります。
余ったポリキャップを使って
腰の動きをよくしてみました。

 
 
 

13ポリキャップにはまるボール部はBB弾を使用しました。
これがドンピシャなのですが、割れやすいBB弾に穴を掘るのは至難の技ですので電動工具とバイスは必須です。関節用に部品を取り寄せるかコトブキヤ等のボールジョイントセットを使用した方が無難です。 

1まずはケガキます。
軸を前方にずらすとオイシイです。

 
 
 
 
 

2ひたすら削ります。
「雨だれ石を穿つ」とかブツブツ言いながらやると怪我の防止になります(マジ)。

 
 
 

4これ位削ればオッケー。

 
 
 
 
 

3_2ボールジョイントはこの部分をカット。

 
 
 
 
 

5_2そうするとピッタンコ。
そういう設計かと思うほどピッタリです。

 
 
 
 
 

6胴体後部は軽く面取りでオッケーです。

 
 
 
 
 
 

7パカ山はここで血迷ってもっと軸を前進させました。
あとで帳尻合わせで苦労するはず。

 
 
 
 

8接着はアロンと硬化スプレーを使いました。
充分すぎる強度です。

 
 
 
 
 

9失敗。
穴が貫通してました。
アロンが流れて来たので
リカバリする羽目に・・・・。

 
 
 
 

10次に腰の軸をカットします。

 
 
 
 
 

1112_3

 
 
 
 
 
  

ドリル&タッピング 

14腰の軸がかなりズレることになったのでパンツの後ろ側を薄くしておきます。
とりあえず仮です。
後で基部にプラ板を挟んで全体を下げます。

 
 

15M3のホロセットでボールを固定。
干渉部分を大きくカットしました。
微調整は後回しにします。

  
 
 

16こんな感じ。
腰全体が後ろにずれて、足の軸がかなり前進し、ふんどし部分がモッコリ気味ですが微調整は後回しにしました。
まずはこれで組んでみます。

 
 

700仮組み。
だいぶ良くなって来たかな。
首の延長と肩軸の短縮はまだやってません。
ビキニパンツの微調整が大変そう。
隙間埋めもこれからです。

 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 

Photo_2Photo_10Photo_13 

 
 
 
 
 
 
 

前より強そうなのだ。     前より早く走るぞー!   走りまくるぞー! 
 

Photo_15よけいに疲れたー!

おいらも夜な夜な何やってんだか・・・。

あっちの仕事が中々進まないので
ガンプラで気晴らししてる中年なのです。
まぁ焦ってもしょうがないなと自分に言い聞かせています。

それではまた。 
 

| | コメント (2)

2008年1月14日 (月)

新章突入

・・・・いじりました。我慢出来ませんでした。

Photo_2とりあえず肩から。
可動範囲の拡大です。
キットの素性が良いので簡単です。
赤で囲った部分から行きます。

 
 
 
 

Photo_3この部分の可動範囲以上には動きませんので矢印の部分を削って可動範囲を拡大しておきます。

 
 
 
 
 

Photo_4胴体後方の干渉部分を削ります。
①の様に盛り上がった部分を②の様に削れば終了です。

 
 
 
 
 

Photo_5続いて関節軸前方を削ります。
①の様に角ばっている部分を②の様に三角に削ります。この加工だけでも効果的です。
下側もフレームに干渉するのでキチッと削ります。

 
 

Photo_6最後に胸と繋がる青い部品を削ります。グレーのところは削らなくていいです。

 
 
 
 

Photo_7完成だっちゅうの!

コクピットが邪魔なくらいムキュッ!

 
 
 
 
 

Photo_8ボ○テッカー!

 
 
 
 
 
 
 

Photo_9次回は腰をいじっちゃうよ!

ちゃお!

 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2008年1月13日 (日)

エクシア素組み 完結編

一応エクシアは今日でオシマイです。

700_8700_5素組みの正面及び背面です。後ろから見ると凄く凶悪です。セブンソードが整然と並んでいますね。

 

700_9猛然とダッシュ。片足立ちもラクチン。
素組みでもこんなポーズが取れてしまいます。

 
 
 
 
 
 
 
 

700_10相手が反応する時間も与えず突きを繰り出す。
メチャリーチが長いのでこれは怖いかも。

腰にマウントしたブレードが足の動きに連動してしまうのが難点ですね。

 
 
 
 
 
 

700_11シールドをパージしてサーベルを抜く。
何とか抜けました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

700_12戦闘が長引くと次々装備を落とすエクシア。
今度は腰のブレードに手を掛けたが、
 ・・・・これはキツイ!

かろうじて手を掛けたものの
足・腰・胸・腕がもう限界。

 
 
 
 
 
 
 

700_13つーわけでボックスアート風にパチリ。
手ブレしちゃったよママン!

このキットはホントよく動きます。
腰が動けばもっとイイです。
武器が多すぎで後ろから触れません。
腰のブレードのマウント部は足の付け根のボール状の関節部を瞬接等でガッチリ止めておけばポロポロ落ちにくくなります。無塗装派の方は接着後800-1500-ユ○クロのフリースの順で磨くと元のツヤが甦りますよ。
ボールジョイント用のポリキャップが2個余るので腰に流用できるかも。おいらはブキヤのセットを買いましたけど。
腰の細さはブレードを装着したまま足を広げると腰に当たるためみたい。
GNソードをたたむとビームサーベルのマウントに干渉しやすいです。
要するに「もう少し武器減らしなさいっ!」って感じです。
腰のブレードは蛇足!ダガー投げるよりバルカンを撃ちなさい!武器を落すな!とか言いたくなります。

というわけでオススメ度は五つ星でした(爆
うん、エクシア好きなら買って損はないです。

ではでは。

 

| | コメント (2)

2008年1月12日 (土)

エクシア素組み その3

三記事目です。長く引っ張ってスイマセン。

Img_0233五体満足にはなったけど何か微妙。
ポーズ取らせると栄えるんだけど、
やっぱ全体のバランスは変な気が・・・。
モビルスーツの中でも華奢な方である
ゼータと比べてみると途端にこのキワモノぶりです。
「モビルスーツ」というより「ミクロマン」に近いイメージに感じます。
 

Img_0236_3Img_0237_2おまけに横と後ろ。
 

Img_0238_2ゼータといえば矢張り銃剣を使用した近接格闘戦ですよね(ホントかよ)。

しかし個人的にはゼータって格闘戦が似合わない気がします。
地上を走り回るよりもジャンプしながらポーズきめてのビーム乱射ってイメージです。
案の定ポーズがきまりません。
 
  

 

Photo余談は程々にして写真遊び。
パーツ毎に分解してみます。

 
 
 
 
 
 
 

Photo_2頭、胴体、腕を5%増量して合体。
首を延長、肩の軸を短縮、胴体下げです。
・・・・もうちょいかな。 

 
 
 
 
 
 

2胴体を更に2%拡大。
うん、これくらいかな。
でも実際にやると大変ですね。
足を細くするか、胴体と腕を太らせるか、
いずれにしてもおいらにゃムリだ。
頭なんか作り直しになっちゃうし。

まぁ気が向いたら腕と腹を少し太らせてみますかね。
首の延長と肩軸の縮小はやっておきます。

 
最後に今週のビックリドッキリ動画を貼っておきます。→コレ
 
次回こそ完成か?

 
 

| | コメント (10)

2008年1月10日 (木)

更に組み立て

我慢できずに更にちょこっと組んでみました。

Photo_15胴体&頭完成。おまけに肩が付きました。
おいらの好みより頭は小っさめで肩は大きすぎかな。
首のアンテナと頭の角は条件反射で尖らせて、頭部だけ軽くスミイレしてみました。
ほっぺは軽く黄色を乗せて、ついでにきもーち薄々攻撃しています。お顔を組む時はやっぱ厳かな気持ちになります。

後は気が向いたらトサカが寝てるのを何とかしたいです。

Photo_16ボックスアート風のアングルでパチリ。
前ピンだったよママン!

胴体もなんか細いっす。
肩はやっぱでかい。
頭はスケール違いに見えちゃいます。

・・・いえいえ、
  ひとり言ですから気にしないで下さい。

テレビで見るよりカコイイかも。
と悦に入る。

後は腕と武器で立派なシオマネキになりますね。
楽しみ楽しみ!

 
 

以上、ひとり言でした。

 

| | コメント (2)

久しぶりにガンプラ

こんばんは、パカ山です。
エクシアを作り始めました。・・・・つっても素組みですけど。
MGゼータの製作記が不人気だったのにまたレビュー逝ってみます。

Photoまずは足の先から。
可動部分は2箇所で足首はボールジョイントです。

某ガンプラ系ブログに倣って足から組んでみました。ゼータの時にやってみて分かったんですがこの作り方ってモチベーションが下がらなくてイイです。

MGと違ってシンプルでいいですね。分かりやすい部品をパチパチ組み合わせるとすぐに形になるのでサクサク進みます。色分けもされてるのでパズルみたいで楽しいですね。

Photo_2意外と侮れない可動です。
内部フレーム再現というわけじゃなく
「直球で関節」なのが好きです。
パーツ分割も工夫されてますがデザイン的に「挟み込み」が多いのは致し方ない所ですね。
塗装には苦労しそうです。

 

Photo_3面白い二重関節です。
膝関節(上側)の軸位置が高過ぎに感じます。
そのせいで太ももが上下に短いので将来的にいじるならここですね。

 
 
 

Photo_5足首の関節がスカスカなのも寂しいです。
それと下側の四角い関節部が上の丸にやや干渉します。
ちょっと気になるかな。

 
 
 
 
 

Photo_7ひざ関節の設計は秀逸ですね。
バンダイって凄いと思いました。
こんな複雑なパーツがドンピシャですもん。
クリアランスまで演出されてる感じです。

あ、下の方は変なのが見えてますね。
ダメじゃん、バンダイ!

 

Photo_8足の付け根のボール状の部分は(HGとは違い)別パーツになっています。ただの棒が三本生えただけのパーツにドッキングします。HGではここがボールジョイントで軸も可動するし太腿が細いのもあり足がよく動くそうです。
足があまり上がらない事がこのキットの弱点だと言われてるみたいです。

Photo_9まだ途中ですけど胴体です。
パーツの数は色分けの数?
それらしいパーツをチョチョイと組めばどんどん形が出来上がります。某アニメじゃないけど「気持ちいい!」。
矢印の様に可動します。

 
 
 

Photo_10でも腰は前には折れません。

 
 
 
 
 
 
 

Photo_14なかなかじゃないですか。
ビキニパンツがずり落ちてる以外は。
1/100のエクシアは太腿が太いのが好きです。HGは足が細くて肩が大きく感じるので個人的には好きではありません。
もしいじるならば、ひざ関節を下げて、その分太腿を伸ばして、足の付け根の関節軸を前進させて、最後にパンツ上げますね。ついでに腰もボールジョイントにしたいです。

 

Photo_12足が上がらないと言うけれど・・・・

・・・・・うん、確かに。

パンツが挟まってちゃカナワンです。

おまけに後ろには殆ど曲りません。 
パンツが当たってしまいます。 

 
 
 
 
 

Photo_13とはいえ結構表情豊かなポーズが取れます。
いやぁ~、エクシア好きですわ。

何で好きになったかというとですね、第二話での動きに惚れたんですよ。
敵の攻撃をかわしながら圧倒的な機動力で死角に回り込んで一機ずつ斬るんですよ、ブレードで。
そんでアーマード・コアを思い出したわけです。
軽量機にステルス積んで月光剣を持ってフラフラ飛んで来る感じ!そんで攻撃を仕掛けたらヒョイとかわしながら死角に入り背後からバッサリ。何て熱い機体なんだと思いました。
 
 
・・・・でも、それ以降あまり目立った活躍をしていない気がします。
っていうかACがMT相手に何を手こずってるんだと小1時間・・・・。

おっと話が長くなってしまいました。ガンプラの素組み記事とかあんまりクドクド書いてもここに来て下さる殆どのお客さんにはどうでもいい事だと思いますのでこの辺にしておきます。

次回は完成かな?
 

| | コメント (0)

2008年1月 7日 (月)

初夢

そこは野球場の外。
試合前の選手達は各々のトレーニングをこなしていた。

野球に全く関心の無い私はただそれを眺めていたが、どうやらディレクターはお目当ての選手を見つけたらしく撮影スタッフに目配せをした。
周囲は騒がしい。SUREの棒マイクを相手に向けた方が聞き取りやすい音が拾えるしディレクターもそれを望んでいるようだ。私は無意識に小バッグを開き棒マイクとケーブルの存在を確認した。

取材クルーはカメラマンとVE(音声兼助手)。報道スポーツからのクルー発注で、そのVEは見覚えのある先輩。そして私はクルーではなくただの通りすがりだった。
無関係な私は彼らがどう動くのか高みの見物と決め込んだ。

しかし突然取材対象が二人となる。別の目標が現れたのだ。スタッフに焦りの色が見られた。そして現場が緊迫すればするほど冷静になっていく自分の心理は現場にいた頃のままらしかった。

「ちらり」

イカン、VEと目が合った。しかし相手が声を発する前に私の体は動いていた。
歩み寄りながらSUREマイクを左手に掴み、マイクケーブルを右手で引っ張り出す。キャノンコネクターを繋ごうとしたがいや待て、全くスタンバイしていない私の機材よりも相手の機材を使った方が早い。この間僅か5秒。

「マイクケーブル出して下さい、SUREであっちは(音を)拾います。」

渡されたケーブルは「オス-メス」で、そのままでは使えない。

「変換!変換!マイク直(直接接続)です!」と言いながら自分のSS302(サウンドミキサー)のスイッチを入れる。
こうなると流石に焦る。取材対象の人物を待たせるなんぞもっての他。その間にもベイヤー(ヘッドホン)を耳に掛けミキサーから1K(1KHz・0dBのサイン波)の基準信号を発信する。

マイク接続よし、-60dBに入力切替よし、Achに出力確認、ヘッドホン音量調整よし、マスターフェーダーは・・・・・なんじゃこりゃ!
慌ててマスターフェーダーを合わせる。音声信号はある出力を持った電流である。全ての機材の入出力の電力(交流抵抗値)をマッチングさせなければ音にはならない。通常は全て調整済みで取材に出るのだが、今日の私はただの通行人。機材を持っていたのは偶然に過ぎない。しかし始めた以上失敗は許されない。この間僅か30秒程である。

しかしこれ以上の遅れは許されない・・・というかこの作業はディレクターにマイクを渡し、ディレクターが対象にマイクを向けるまでに完了しなければならない。既にマイクは接続した瞬間にディレクターに渡してあり、これらはディレクターの預かり知らぬ所での勝手な作業なのだった。

マイクが向けられる。第一声が入る直前に1Kをカット。準備完了・・・・・?

「うおー!収録機材がないー!」

録音装置が無ければインタビューは記録されない!チクショー、DATくらい繋いでろよ俺!何やってんだよ!素人じゃあるまいし!

言ってしまうのか?あの言葉を言ってしまうのか?

 

「ちょっと待って下さい!」の一言を!!

 

そう言いそうになって目が覚めた・・・・全く何て初夢だ。

びっしょり寝汗をかいて起き上がった私は自分に言い聞かせた。

「夢だよ、夢。もういいんだ俺、もういいんだって・・・・」

映像の仕事を引退してもう4年になる。 
それに報道の仕事をしていたのはまだ駆け出しだった20世紀末の話だ。
そもそもマイクやミキサーを非番の時に持ち歩く事はない。
それでもこんな夢を見るとはね。

あんなに緊張して仕事をする事なんてもう二度とないのだろう。

| | コメント (9)

2008年1月 5日 (土)

ボルト特集の準備

こんにちは、パカ山です。
この所書くことが一切無いので書いてませんでしたが近況ぐらいは報告しておきまと、

妄想してました。

というのもボルトアクションのネタで書きたいと思っているんですけど、そうなると飛距離についても考えたくなったのであれやこれやと妄想しています。

妄想じゃなくてキチンとした計算式で書ければホントはベストなのは分かっています。でも諸データの実測の手段すらないし、そもそもおいら数字が苦手なんで諦めました。

 

ところでおいらは割とゲームでVSRを使っていますが、使ってみての率直な感想は、

「スゲー使える!」です。

特にショートバレルにしてノズルを絞ってからは電動を完全にアウトレンジしています。
・・・・・しかし遠距離では威力が殆どなくなっており、当たっても分からない程の貧弱な弾が水平飛行(?)を続けている感じです。

まぁ、そこら辺の事をですね、これまでの試行錯誤を絡めながら書きたいです。

 

それとボルトの集弾性は

「九割方はインナーバレルの組み付け精度で決まる」・・・がおいらの持論です。

なので「ボルトで一番大切なパーツは?」と訊かれたら

「アウターバレル!」だと答えると思います。

まぁそんな感じでそのうち書きますんで、気が向いたら覗いて下さい。

ではでは。

| | コメント (6)

2008年1月 2日 (水)

正月早々

当ブログにお越しの皆様、あけましておめでとうございます。

今年も格別のお引立の程御願い申し上げ奉ります。

 

今頃挨拶なんかして遅いよね、パカ山って。
でも何故かっていうと風邪で死んでるんですよパカ山は。
正月早々鼻垂らしてガタガタ震えながら、でも昨日は7合以上飲んでみました。
バカです。ボロボロです。つける薬なしです。
家族のスケジュールも狂わせて、只今独りで留守番中。
「お昼は適当に何とかして(嫁曰く)」なので何とかしています。

うー、食べたらお腹痛い。
もうダメッス。飲んで寝ます。 

今年も宜しくお願いしマース!

| | コメント (12)

2008年1月 1日 (火)

昨年最後の失敗!

Img_0137整髪料の缶に穴を開けたらまだ中身が入ってました。
スゲー飛びました。

こんなおいらですが今年も宜しくお願い致します。

 
 
 
 
 

さて、さださんの番組が始まりますよー!

 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (3)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »