« 更に組み立て | トップページ | エクシア素組み 完結編 »

2008年1月12日 (土)

エクシア素組み その3

三記事目です。長く引っ張ってスイマセン。

Img_0233五体満足にはなったけど何か微妙。
ポーズ取らせると栄えるんだけど、
やっぱ全体のバランスは変な気が・・・。
モビルスーツの中でも華奢な方である
ゼータと比べてみると途端にこのキワモノぶりです。
「モビルスーツ」というより「ミクロマン」に近いイメージに感じます。
 

Img_0236_3Img_0237_2おまけに横と後ろ。
 

Img_0238_2ゼータといえば矢張り銃剣を使用した近接格闘戦ですよね(ホントかよ)。

しかし個人的にはゼータって格闘戦が似合わない気がします。
地上を走り回るよりもジャンプしながらポーズきめてのビーム乱射ってイメージです。
案の定ポーズがきまりません。
 
  

 

Photo余談は程々にして写真遊び。
パーツ毎に分解してみます。

 
 
 
 
 
 
 

Photo_2頭、胴体、腕を5%増量して合体。
首を延長、肩の軸を短縮、胴体下げです。
・・・・もうちょいかな。 

 
 
 
 
 
 

2胴体を更に2%拡大。
うん、これくらいかな。
でも実際にやると大変ですね。
足を細くするか、胴体と腕を太らせるか、
いずれにしてもおいらにゃムリだ。
頭なんか作り直しになっちゃうし。

まぁ気が向いたら腕と腹を少し太らせてみますかね。
首の延長と肩軸の縮小はやっておきます。

 
最後に今週のビックリドッキリ動画を貼っておきます。→コレ
 
次回こそ完成か?

 
 

|

« 更に組み立て | トップページ | エクシア素組み 完結編 »

コメント

あ~、いつの間にか始まってるんだぁ~。
って、オイ。
てらMAD!でも違和感無いッすね~。

投稿: ぐらてん | 2008年1月12日 (土) 16時12分

ぐらてんさん、凄いですよね。
あまりの出来の良さにおいらもブッ飛びました!
よく作れますよねぇ~。

投稿: パカ山 | 2008年1月12日 (土) 19時55分

以前、「F」の話になったとき、
パカ山さんが、
「ガンダムと同じ~~」
というコメントを書かれておられたのですが、
私的には既に「7」の段階で踏み外してると
思わざるをえないんだが、と思ったのは過去の話です。
「プラス」や「ゼロ」の方が、サイドの話ってのはどう考えても・・・
「F」は期待できそうです。

投稿: ぐらてん | 2008年1月13日 (日) 00時43分

連投スイマセン。
本文にも触れておかねば・・・。
隣のΖって同スケールですよね?
価格帯も一緒なんでしょうか?
メカデザイン大河原御大でしたっけ?
なんとも腰周りにヤル気を感じられないのは私だけでしょうか?

投稿: ぐらてん | 2008年1月13日 (日) 00時49分

何度も連投申し訳ない。
マクロスF第一話は、現在ヤフー動画で無料配信中でした。
もう見ました?いいっすよ。

投稿: ぐらてん | 2008年1月13日 (日) 01時58分

ぐらてんさん、たった今ヤ○ー動画で見ました。見逃して激しく悔やんでいたのですがお蔭さまで本懐を遂げました。
CGも慣れれば平気ですね。それよりも動きがメチャクチャいいのでワクワクしました。甲殻類みたいな敵って怖いッすよね、絶対に理解しあえないというか、血の対価として吊り合わないというか。あんなのに殺されたらうかばれません。ゲーム出たらやりこむぞーって感じです。
 
ところでマクロスゼロの方がマクロスより過去だなんてありえないっす。あのメカ・・・。あの頃はまだCGに拒否反応示していたのでちょこっと見てサヨナラしてしまいました。
それとセブンの時点で踏み外していましたね、そういえば。
でもⅡ以外お話が繋がってるからまぁ許せるかなと。おいらヒコーキ大好きですし。
 
プラモは同じスケールです。でもゼータはMG、エクシアは無印です。エクシアの定価はMGゼータの半額で、量販店では4割引なので1/3以下で手に入ります。
「気をつけ」させるとあの通りですがポーズが栄えるので実際見ると意外にカコイイですよ(笑
是非お一つどうぞ。

投稿: パカ山 | 2008年1月13日 (日) 10時41分

私も冒頭の辺りでCGに少し違和感を覚えたんですが、
一話通してみて、これだけ動いてくれるなら大満足。
って評価が変わってました。
というか、もし全話通してこのクオリティなら神認定。
バン○イ(サン○イズ)さんなにやってんの~、と
言わざるをえない。

>>甲殻類みたいな敵って怖いッすよね~
宇宙の戦士(原作版)のオマージュなんすかね?
相手が純粋な生物だとすれば、思想や利害の関知しない、
純粋な生存競争ですから、個人の意思がある人間の方が
ある意味不利ですよね。
(?どこぞの今やってる戦争と似た様なもんかな?
まぁ、「宇宙の戦士」も、ある意味プロパガンダを多分に
含んだ小説ですので、ただ単純な生存競争って訳でもないんでしょうけどね。)

投稿: ぐらてん@変人 | 2008年1月13日 (日) 11時18分

そうでつね、サンライズもうかうかしてられませんね。ガンダムとコードギアス(だっけ?)しかないんでしょ?
むかし就職活動でサンライズの一次面接受けたんですよ。合格して二次の案内が来たけどテレビの制作会社の内定貰ったんで行きませんでした。もしあのまま受けてたらどんな人生だったのかなぁと時々考えます。
宇宙の戦士は「虫ケラのくせに地上から宇宙船攻撃するんじゃねぇ」とか変なことばかり考えてしまいました。しかし奴らは地上が基本でしたけど今度のマクロスのヤツは宇宙も飛ぶんですよね。尖った虫が飛ぶとちょっと恐怖を感じてしまいます(なんのこっちゃ)。
虫との空中戦って「人間が乗ることを基本に作られた戦闘機」と「虫の感覚」とのバトルですよね。そういうところに反応しちゃうんですけどそんなのはあんまり描かれないですよね。
何のことやらわからなくなってきましたのでこの辺で。

投稿: パカ山 | 2008年1月14日 (月) 09時41分

マクロスプラスや雪風では、
人間が操縦するときの限界が描かれてますよね。
虫なんか梯子状神経なんで、どんな高機動でも平気なんでしょうが、哺乳類の脳みそじゃどう頑張っても突然の高Gには
耐えられないでしょうね。
多分VF-25の変形にも耐えられないと思うのですが、
それを言ったら、虫があんなに巨大化するのも無理ですから、
どこをうまく誤魔化すかがSF設定の妙なんでしょうね。

投稿: ぐらてん@変人 | 2008年1月14日 (月) 11時19分

なるほど~。
雪風見たことないのでこれは一つ押さえとかなきゃならないですね。
虫が巨大化するのムリってとこで吹いちゃいました。確かにー!
「SF設定の妙」は深い言葉ですね。「ありえないって分かってても面白い」っていうシチュエーションを生み出し、そこに後知恵を加えてさも現実っぽく構成してしまうんですよね。そして現実になることもあるし。
クリエーターって凄い人種だなぁと感心します。
「クリエーター出現頻度」は日本のアニメ界が突出しているのは実に不思議ですねぇ。

投稿: パカ山 | 2008年1月14日 (月) 12時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 更に組み立て | トップページ | エクシア素組み 完結編 »