« 今日もテスト | トップページ | 銃の整備 »

2008年2月 3日 (日)

にるくんでもこの程度とはパカ山八方塞がりだよorz

義父が言うには早朝日が昇る頃、まだ気温が上がらないうちは風もないだろうという事で、ロケハンも兼ねて早朝シューティングと決めこみました。

昨夜からの雨でドロドロの悪路を進みいつもの場所に到着。
成程、風は余り吹いてない。

マイSR-16M4(愛称にるくん)にグラマスを装填し、20mがどんなもんだか試してみます。

すると・・・・

 
 
 
 

マトマラーズ!チリマクール!

 
 
 

さうか、パッキンが低温でカチンコチンコなのだらう!
少し撃って暖めてみるとマシになってきました。

そんでいよいよ的撃ち開始!

Photo 

 

 
 

なんじゃこりゃー!

 
 
 

無風レンジでは無類の強さを誇ったにるくんが僅かな風の影響であっちフラフラこっちフラフラです。一応は弾痕が確認しやすいように着弾位置をコントロールする余裕はありますけどね。
集弾は順に、73mm、55mm、的外、93mm、89mm、93mm、108mmでした。精密になればなるほど僅かな風が命取りという事ですね。
昨日のSR-16はそう考えるとよく健闘した方だと思います。

ただ、流速チューンを施したにるくんは20mでの散り具合のまま30mでも集弾しますが、ノーマルのSR-16では30mはちと荷が重いと思われます。水平飛距離の限界を超えているからです。その辺の違いがサバゲで30m以上を狙撃出来るか否かですよね。

風の影響がある以上、完全なテストとは言えない部分がある事が分かりました。
しかしその中で集弾を目に見える形で向上させたおいらのノズルは立派だと思いました。自画自賛で恐縮ですが。

間もなく予定のテストが終了します。そしたらいよいよ量産に入ります。

 

|

« 今日もテスト | トップページ | 銃の整備 »

コメント

飛距離としては50mくらいはあるのでしょうが
狙えるのは30mくらいなのでしょうね・・・。
でもゲーム中ですと今一つ距離感がわかりません。
きっちり距離を測って感覚を養わないといけませんね~。

投稿: nobo | 2008年2月 4日 (月) 20時21分

箱出しM4は仰角付けてのフルオート制圧射撃なら有効射程38m程です。それ以上になるとかなりバラけるので運次第です。
でも30m超えてくるとセミで狙い撃つ感覚ではなくなりますね。
距離感の把握は実に難しいです。
遠くなればなるほど3~5mの差が把握しづらくなりますもん。
おいらの歩幅だと13歩で10mなのでフィールドを歩きながら距離を測っておきます。またスコープを最大望遠にしてフォーカスを固定しておくことでレティクルより遠いか近いかでリードを決めます。後は倍率に慣れて相手の顔の大きさで判断しています。40mで1ドットが約10cmなので。
でもそれよりも自分の銃の弾道を把握しておく事に尽きます。ちょっと撃ってないとすぐに分からなくなってしまうのでリードの取りようがありませんから。

投稿: パカ山 | 2008年2月 5日 (火) 10時21分

なかなか苦労なさっているようですね。 寒さは銃にも人にも厳しいですから正確な評価は難しいですね。
さて、PC乗り換えでアドレスが解らなくなってしまったもので、失礼ながらこちらへ書き込ませて頂きました。
ロングレンジ・チャレンジ2008の詳細が決まりました。 プレ大会の結果を踏まえ、電動ガンがボルトアクションよりも不利な訳ではない事が解ったので競技の内容を一部変更して5/6に埼玉県所沢市のBLAM!!で開催致します。
ミクシーには既に詳細をアップしていますが、当社HPにも近日中にアップの予定です。 メールを頂ければ折り返し詳細を送りますのでヨロシクお願い致します。
P.S.ノズルの仕上がりを楽しみにしています。頑張ってください(^^)/ 

投稿: ドクターあみーご | 2008年2月12日 (火) 21時02分

ドクターあみーご様、ご無沙汰しております。コメントありがとうございました。
ロングレンジ・チャレンジはいよいよ本選ですね。楽しみです。
しかも私にとっては懐かしのBRAM!!、ワクワクしてきました。
実は本選ではボルトを使ってみようと思っていましたがやはりここは電動でチャレンジした方が盛り上がりそうかなと思いました。
ノズルはテストも終了しました。ハイサイにも向いている事も分かり製品版の成型の指示を出しました。もう間もなく発売できると思います。
またメールさせて頂きますので宜しくお願い致します。

投稿: パカ山 | 2008年2月13日 (水) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日もテスト | トップページ | 銃の整備 »