« ネットショッピング | トップページ | 全国展開へ »

2008年4月25日 (金)

TR-Xコマンダーのロット比較

PhotoTR-Xコマンダー3~10×42はおいらの所持するスコープ中ではフラッグシップ機です。しかも一番高価ですw
大きくて重いですが、非常に使い易いしスタイルも大好きで気に入っています。
難点は高倍率でフレアが出やすい事だけです。

しばらく製造を中止していたらしいのですが、今年に入ってからだったか製造を再開してたそうで、シュアヒットの後釜としてVSR用に最新ロットを入手してました。
余りにネタがないので今日は「TR-Xコマンダーのロット比較」で更新です。

Photo_3 Photo_4まずは箱比較から。
最新ロットでは前も後ろも晴れて「TR-Xシール」になってました。これで「PTなのか」とか「正体不明」なんて言われずに済みますね。

 

Photo_20 Photo_21 旧モデルの取説はショボイものでした。
スコープの取り扱いについてのペラとモノクロの紙一枚でした。

 

Photo_7Photo_22 対して最新ロットでは少しマシな取説になりました。
少なくとも専用で写真付きにはなりましたね。

 

Photo_9Photo_23 そんでミルドットの説明を比較してみました・・・・
ってアレレ?違うよ、記述が違うよ!
旧ロットは4倍で最新ロットは6倍ですしドットの数も違いますよ?実際にスコープを覗いてみたらどちらも全く同じレティクルなんですけどw

ちなみにパカ山が実測したら10倍が正解でした。しかし何でなんでしょうねこの説明。

おいらはゲームでは10倍でしか使用しないので、20mでのドットの間隔は5cmで、40mでは10cmになります。おいらがTR-XコマンダーかPTにこだわるのはレティクルを変えたくないからです。

 

Photo_11Photo_24 そんで本体に何か違いがあるのかというと、機種名の位置が少しずれて、下面のプリントが逆さになってますw
(右が最新ロット)

 

Photo_13Photo_25 でもそれより大きな違いは表面の仕上げです。
旧モデルはサテン調というかラバー風というか、キメの細かいマットブラックでしたが、最新ロットではシュアヒット31042にそっくりの普通に金属感のあるアルマイト仕上げになっています。
そんでロングフードとの色味が合わないのは相変わらずです。もしかしたらロングフードは新旧入れ替えた方が色味が合うのかなぁ。

 

Photo_16 ・・・・・合いませんでしたw

 
 
 
 
 
 
 

Photo_17それにしても最新ロットのロングフードは仕上げが荒いです。
内側の塗装がベタベタのムラだらけで、更に一部色が乗ってません。おまけにネジ部もつぶれや欠けがあります。
ついでに言うと外径がやや小さくバトラーキャップを着けると少し緩かったです。

 

Photo_18Photo_26 最後にコーティングです。
旧ロット(左)は上が緑で奥がマゼンタというより青で、最新ロットは上が緑で奥がやや黄色がかった緑です。
このコーティングはシュアヒットとそっくりなんですけど・・・・・。

その他は新品だからなのかは不明ですがフォーカスノブとズームリングの動きが凄く重いです。

てな感じで微妙に変わってました。
そんで新品購入時から僅かに擦れや傷があるのはやはり中国製ですね。

個人的にはコーティングがシュアヒットに似てるのが気になりました。
改良なのか流用なのかわかりませんが、何か意味があるのかなぁと。
フレアが出にくくなってると嬉しいんですけどね。
でもVSRが完成するまでは実戦投入の機会がないので、いずれ何か違いがあればまた書いてみたいと思います。

それでは今日はこれでおしまいです。

 

|

« ネットショッピング | トップページ | 全国展開へ »

コメント

はじめまして
TR-Xコマンダーにつけているマウントリングはどこのメーカーの物でしょうか?また、マウントリングの高さも教えていただけないでしょうか?
TR-Xコマンダーを購入しようと考えていてマウントリングをどこのものにしようかと思っていたので質問させてもらいました。

投稿: リョウ | 2009年8月 1日 (土) 22時17分

リョウさんはじめまして!
 
マウントリングですが、丸く緩やかな傾斜が付いている方がノーベルアームズの「F-30-Low 高さ4mm」です。
このマウントは普通に手に入るマウントの中では一番低く、M14やボルト等にジャストフィットします。一つくらい持ってて損は無いのではないでしょうか。ただネジの六角が普通の規格じゃないので付属のレンチをなくさない様に気をつける必要があります。
私はいつも近所のショップさんに取り寄せして貰ってます。2000円です。
 
もう一方の直線的なラインの物は普通に「Moji」です。
恐らくどこにでも売ってると思います。30mm径と1インチ径と箱が同じなので間違えないで下さいね。ご存知の通りコマンダーは30mm径です。
高さは7mm、10mm、16mm、20mmを持っています。
 
M4に載せるなら高さ20mmがお勧めです。フェイスガードなしなら16mmでも可能ですが窮屈かもしれません。私は16mmを使っていましたがやはり20mmがラクなのでそっちに変えました。
H&KのクルツやHK33Kはローマウントに7mm高を使っています。非常にしっくり来ます。
ラスト10mmですが今は使ってません。タナカのガスボルトM700A.I.C.S.にジャストフィットでした。
 
参考になりましたら幸いです。
また覗いて下さいね。

投稿: パカ山 | 2009年8月 5日 (水) 14時13分

昨日、TRコマンダ-とマルイL96AWSを購入しました。マウントリングをG&Pの30mmナイツタイプをすすめられ購入しましたが、取り付けてみるとやや高いかなと思いながら朝から色々なパ-ツを取り付けています
マウントの高さには、問題ありませんか?

42歳からサバゲ-を始め48歳まで現役でしていましたが、仕事がらなかなか時間が取れなくなり引退をしました。5年振りに買い物をし新規メ-カ-が増えどのメ-カのパ-ツがいいか分かりません。出来れば大陸産も含めお教え下さい。

ちなみにコマンダ-は使い良いです。最新ロット版です。スコ-プの使い方を教えてください。「歳をとると説明書の文字も見えづらく?

投稿: サバゲ-オヤジ | 2009年9月 5日 (土) 17時16分

サバゲ-オヤジさん、初めまして!
スコープマウントの高さはほんの2~3mmの違いでも覗きやすさが変わりますよね。
 
G&Pナイツタイプの高さがどれくらいか分かりませんが、私はマルゼンのTYPE96なら7~10mm位がちょうど良かったです。
タナカのM700A.I.C.S.だと10mmがしっくりきました。
マルイのL96は持っていませんがVSRは1インチ径の高さ6mmを付けていますので、30mm径だと高さ4mmに近いです。
 
でもスコープが銃本体に干渉する場合もありますし、顔の大きさや好みもありますから、実際に付けて覗いて見た方が良いと思います。
 
私は「Moji」のマウントリングをよく使っていますが、高さが色々あって重宝しています。また「Moji」で高さを決めてから好きなデザインの物に変えるのも良いかも知れません。最後はやっぱり好みですから。
 
大陸製品には詳しくありません。また実物がどの様な組み合わせで使われているのかとか現用装備品の類は私自身が全く興味がないためお教え出来る事がありません。すいませんがお許し下さい。
 
スコープの使い方ですが、私の場合は試射時には弾道の確認で、ゲームでは狙点の決定や索敵に使います。以下は我流です。
 
まずバレルの真横から弾道を見てホップを合わせます。極力バレルの延長線上にフラットに飛ぶ様に合わせます。
次にスコープを覗いてホップの頂点がコマンダーの10倍時のドット1個までに収まるようにレティクルを合わせ、またホップの微調整をします。
(強めのホップにする場合は1個半から2個にする時もあります。なるべくスコープのど真ん中から弾道が上下しない様に調整します)
次にホップの頂点がおおよそ何m先かを確認し、次に遠距離での落差をコマンダーのドットでいくつになるかを確認します。
 
コマンダーのドット一つの間隔は10倍時20mで約5cmなので、近距離の場合はインナーバレルとスコープの光軸との距離がほぼそのまま狙点のズレになります。例えばスコープの光軸がインナーバレルの40mm上にあるとすると、10m以下なら目標をドット一つ半下に合わせて狙えば着弾は狙点の約2.5mm下を下限としてそこよりやや上に当たるわけです。
 
遠距離の場合はホップの頂点が30m程度とすると、例えば敵の頭が30m先に出ている場合、ドット1個上が帽子の真ん中上寄りになるようにすれば多少距離を読み違えても帽子からゴーグルの間(約7.5cmの範囲内)に着弾しますので相手がシューティンググラスの場合でも顔に当たる事はありません。
(まぁ、風やら集弾性の問題がありますので私は用心してもう少し上を撃つ事が多いです。帽子のてっぺんギリに命中した弾がピーンと真上に弾かれるのが見えます。勿論全身が見えていたら胸を撃ちますよw)
 
室内射撃の時はサイドフォーカスの目盛りを打ち直すとこから始めます。目盛り部分に白いテープをぐるっと貼ったり、テープを三角に切ってピンセットで貼り付けたりします。
スコープにはパララックス(調べてみてください)がありますので、銃を固定して標的にフォーカスを合わせ、パララックスが無くなったらその位置をマーキングします。
私は普通10mから5m刻みで白い三角を貼り付けています。
後は射距離に応じて距離を合わせて撃つだけです。
それからズームスコープはズームさせるとレティクルのセンターが微妙にズレます。倍率を決めてからゼロインし、後はズームは触らないようにした方が良いです。
またゼロインは私は一番遠くの的で合わせています。ホップ使用が前提でやっていますし、近距離は計算で補正出来ますから。
 
こんな感じで参考になりましたら幸いです。
また是非覗いて下さいませ。

投稿: パカ山 | 2009年9月 8日 (火) 12時29分

先日は、丁寧なスコ-プの説明ありがたく読みました。

L96をカスタムしたいなと、思いながらどの部分に気をつければいいですか?

個人的に飛距離を出したいと思い各パ-ツメ-カ-のホ-ムペ-ジを見ています。
各パ-ツの性能となぜ必要なのか教えてください。

この手のタイプは初めて{ボルト}購入し、電動GUNの理屈は良く理解はしていますが、ボルトとなるとさっぱりで10年前の各雑誌を本棚から、取り出しては読みふけっている毎日です。できれば詳しく解説と説明をお願いしたいと思います。

 お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

投稿: サバゲ-オヤジ | 2009年10月 6日 (火) 10時21分

サバゲ-オヤジさん、レスが遅くなりましてすいません。
 
L96は所有しておりませんのでまだ何とも申し上げられません事を最初にお断り致します。
 
ただ、試射をした感じと評判を聞いた部分では、ホップの掛かりが非常に弱いです。
0.2gの弾でやっと適正にホップが掛かるくらいで、0.25g以上の弾ですと弱ホップのかなり山なりな弾道になります。
 
初速は高めの個体が多いと聞いていますので、まずはホップの掛かりを強くしたい所です。
要はホップ調整の棒が短い訳ですので、そこを何とかすると良くなるはずです。
 
飛距離に関して、バレル長500mmというのは高めの初速(0.2gの弾で96m/s程度)でシリンダー容量が適切ですと、非常に素直な飛びをします。
 
それと恐らく昔の雑誌記事ではショートバレルチューンは一切無いと思います(もしあったらそれは0.8J程度の筈です)。
当時のボルトは電動より高初速でしたので、ロングバレルでなければその優位性を活かせませんでした。
 
力学的には乱流境界層が層流境界層に遷移するポイントのコントロールなのですが・・・。
 
ただシリンダー容量がどうなのかまだ計算をしていないので(VSRは容量過多)、もしかしたらシリンダー容量の調整をした方が良いかもしれません。
 
近いうちにL96のカスタムを行って記事にしたいとは思っていますが現状ではこの程度しか申し上げられませんのでどうかご容赦下さい。
 

投稿: パカ山 | 2009年10月 9日 (金) 01時48分

説明ありがたく読まして頂きました。

今後、バカ山殿はL96のパ-ツ等をお考えですか?

企業秘密とは思いますが、お教え願えれば?

今販売しているカスタムパ-ツが余りにも、昔と変わりないので・・・・・・?

投稿: サバゲ-オヤジ | 2009年10月 9日 (金) 13時45分

サバゲ-オヤジさん、L96はやはりロングバレルを活かしてカスタムしたいと思っています。
カスタムパーツは出せる物があればどんどん出して行きたいのが本音なのですが、元手、能力、バイタリティーの不足で中々商品ラインナップを増やせないでいます。
企業秘密も確かにありますが、それはあくまで具体化の段階で生じるものですので、その原理や目指す内容はこれまでに拙ブログ内で紹介させて頂いた事柄に沿った物にしかならないと思っています。
これから一本L96をいじりますので、その過程で何かアイデアが出たら良いなとワクワクしている段階です。

投稿: パカ山 | 2009年10月14日 (水) 21時47分

今週、悩みに悩みぬいてA&KミニミM249MK2を購入し「通販で」来年の1月中ごろに着くとのこと?
パソコンで検索していると色々な記事を目にし、カスタムしやすいように書いていますが、この辺のところはどうなんでしょう?
今のところ計画をしているのは、モ-タ-をシステマタ-ボにしバッテリ-の電圧で高速回転さしてみたいと考えています。秒間20~25発、発射できればと思っています。
その他に良い方法があれば教えてください。

投稿: サバゲ-オヤジ | 2009年12月29日 (火) 13時37分

バカ山殿のブログ投稿を見ていたらgunとは余り関係ない記事が載っていました。まぁ-頭悪いというか、よほど彼女いないのか、欲求不満なのか?こんなヤカラがいるから、GUN愛好家に迷惑がかかる。即座にコメントを削除してほしい。

投稿: サバゲ-オヤジ | 2010年1月 2日 (土) 00時23分

サバゲ-オヤジさん、削除しました。
何故か最近あの手のカキコが多いです。困りものです。
 
A&Kミニミはかなり売れたみたいですね。
私個人は弄った事がないのでアレですがチャンバーが良くないです。
メカボはキチンと手を掛ければ良い物になると聞いています。
PAW WORKSさんではフライス盤でのチャンバー加工等、何本もフルカスタムされていますので、私が云々するよりもPAWさんに相談される方がオススメです。
やはりプロの技術と経験は凄いですよ。
 

投稿: パカ山 | 2010年1月 2日 (土) 01時44分

今年初めに通販で買った、A&Kミニミが1月31日に、やっと届きました。実物を見るとなかなかの商品で
31日朝からカスタムを始め、メカボ内はすべてを取り出し、ありとあらゆるパ-ツを仮組し、モ-タ-はG&PのM120にしました。ハイサイにしたいので、FETを取り付け、シリコンコ-ドを使ってみましたが、ノ-マルと余り変わらない「秒間1発ぐらいしか変わらない」バッテリ-はリポ使用にしチャンバ-は、言わずと知れている某SHOPの物を採用し、理想の形に近付いている。今日からBOXマガジンを改良しようかなと、思っています。話は変わりますが、43歳からサバゲ-を始め48歳で引退をし今年52歳になりましたが、なかなかこの道から脱却できずにいます。若かりし頃は、フライフッシングに凝り、また、トイガンにはまりかけている。バカ山殿のブログを、お借りして、大阪在住の50歳台でサバゲ-に興味のある人は、コメント下さい。

ミニミの完成次第、成果を報告いたします。

投稿: サバゲ-オヤジ | 2010年2月 6日 (土) 01時11分

MK249M2のリポ仕様にして最初の実射でFETが壊れGUNが暴走してしまい、FETを作り直し現在では順調に作動していますが、いつ暴走をするか心配しています。リポに詳しい方がいたら教えてください。使用しているリポバッテリ-は11.V1300mAh20Cと11.1V1200mAh20Cです。FETが壊れるとは思ってもなかったので、高電流が瞬間に流れると壊れるというか焼けてしまう。対処対応を考えなければと思います。話は変わりますが、我が母校「関西高校」が甲子園に出ます。あすの第一試合で6時起きで応援に行こうと思っています。「現在雨です。明日も雨かも?」

投稿: サバゲ-オヤジ | 2010年3月23日 (火) 22時50分

バカ山殿にお聞きしますが、POW.WORKSは、PCで検索するとブログが出てきますが、NETSHOPはやっていないのですかね?

つかぬことをお聞きしました。

お忙しい所お手数をおかけします。

投稿: サバゲ-オヤジ | 2010年4月17日 (土) 19時19分

サバゲ−オヤジさん、POW WORKSさんは店を構えているショップさんです。
拙ブログのトップのリンクからホームページへ行けますのでご覧下さい。

投稿: パカ山 | 2010年4月18日 (日) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネットショッピング | トップページ | 全国展開へ »