« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月27日 (土)

08バレルの精度

08 08バレルを新しく調達しました。813S氏の分と私の分の2本です。今回はPDIさんから直販です。
そんなわけで早速精度をチェックしてみました。

 
 
 

08_1_2 測定器と共に一晩放置し(一応温度管理)外径を測定します。
クロスファイアの説明文によると冷間鍛造伸管法による公差は±0.002mmという事ですが、なるほど外径の測定ではあっさりクリアしてます。室温での測定ですので寸法自体は目安程度ですが、7ヶ所程測定して8.543mm±0.002mmに収まっていました。

08_2_2 ちなみに私のマイクロメーターはミツトヨ製M320-25AAです。ケツに「AA」が付くのが自慢だったりしますw
器差±0.001を謳ったラチェットタイプです。
車に常備してあるちっちゃいノギス以外、うちの測定器はミツトヨのみで、加えてデジタルは信用してないので一切使っていません。

08_3続いて真直度の測定です。
写真ではダイヤルゲージの読みで1目盛り下を指しているのは、ダイヤルゲージの圧でバレルが0.01mm程しなっているからだと思われます。

 
 
 

08_4 黒丸を基準点に四つ爪チャックで芯出し後、写真の6ヶ所を測定しました。
まず基準点の左右は測定不能。針が全くふれません。
基準点から右に2ヶ所目で0.01mmの湾曲がありましたが、その隣の3ヶ所目では0.003mmの読み、つまり測定誤差の範囲内に戻っています。
続いてホップ窓の前後ですが、ホップ窓の前ギリで0.01mm左に振り、ホップ窓のうしろギリ(というかバレル後端)で0.02mmの左振りでした。ホップ窓の切削時に歪んだものと思われます(測定器の都合上、数ミクロンの測定誤差はありますのでご了承下さい)。

しかし一般的なBB弾の直径が5.94mm程度で、バレル内径が6.08mmである事を考えると保弾位置で0.015mm程度の芯振りしかない精度というのは驚異ですね。
グラマスの大きめのやつでも5.978mm位ですから。

08バレルにも当然製品ごとのバラつきはあるのでしょうが、正直、BB弾の精度の方がバレルの精度に追いついていない事を感じます。少なくともこの個体は非常に良いです。
ちなみに以前購入してロングレンジチャレンジで使用した08バレルも同様の精度が出ていました。

大陸製のアウターの精度は・・・・・・やめときましょうw

 
 

| | コメント (14)

2008年9月25日 (木)

Φノズル増産します

こんばんは、パカ山です。

ご好評を頂いております「ΦノズルM4/G3」ですが、第二次ロットまで完売しました。
本当にありがとうございました(出荷数約1200個)。

頂いているバックオーダー分は確保出来ましたので数日中に各小売店様にお届け出来る様になりました。お待たせ致しまして本当に申し訳ありませんでした。第三次ロットの第一陣になります。

ご注文を頂ける限りは作っていきますのでこれからも宜しくお願い致します。

 

「ΦノズルM14」は今週末に製品版に近い試作品が工場から上がって来ます。
耐久試験、作動試験の結果が良ければいよいよ量産に掛かります。
こちらも宜しくお願い致します。

 

パカ山

 
 

| | コメント (6)

2008年9月23日 (火)

夏もおわりですね

Photo海へ行きました。
私は海が好きです。

 

Photo_2 元気元気!お洋服ビショビショです。

 

Photo_5 Photo_6


 

息子は逃げるの早過ぎ!

さよなら夏。

 

 

 
 
 
 

| | コメント (7)

2008年9月22日 (月)

携帯を新しくしました

821sh1丸々5年以上使った私の携帯はJ-PHONEからvodafoneに変わった最初のモデルで、メガピクセルカメラを初めて搭載した当時の最新鋭機種でした。

しかし時の流れは早いもので、この「第二世代型ケータイ」のサービスが直に終了するとのお達しがSoftBankから届くに至り、とうとう携帯を買い換える事にしました。
電池交換したばかりであと2~3年は使う予定だったんですけどね・・・。

そんで新しい機種は821SHというヤツです。今回もかみさんとお揃いの機種ですw
使い方が分からなくなったらかみさんに訊けるので安心です。

821sh2 そんでこの携帯を購入した二日後に今までの携帯がご臨終になりました。数日前にダッシュ中にケースから派手に落下させたのが原因の様です。
なので今回はそう簡単に落っこちないケースを購入しました。

そんで早速「着うた」の設定なのですが・・・・、お気に入りのCDから編集してメモリーカードに入れて・・・・・とかやったんですけどうまくいきません。メチャ悔しいので意地になって色々試しましたが

・・・・結局ダウンロードしました(汗

料金は105円(通信費別)
そんなもんなら最初から買ったほうが早かったですね。

 

曲はもちろん「星間飛行」です(痛

 

 

| | コメント (15)

2008年9月16日 (火)

久しぶりに30mに挑戦!

813Sさんのご協力によって、我ら「パカ山団(そういうものはありません)」は遂に秘密試射場を手に入れたのである。

そしてこの試射場はとっても熱い無風レンジなのである。
・・・・っていうか灼熱の萌えるレンジなのである。

Photo

今回この場所で試射するのは、一昨日の定例ゲームで上下のバラつきに悩まされたSR-16M4(ミントスペシャル)と、813S氏のSR-16M5(うららスペシャル)と、最近全く手入れしていない私のVSR-10(ミントスペシャル)なのであった。

 

では早速、我らが秘密試射場をご紹介させて頂こう!

↓ここであーる!

 

Photo_2 真夏の晴天時の内部温度は日中で70度Cに達するらしい。
35度の外気温にさらされていたスコープでさえも一瞬で曇ってしまう程の場所なのだ!

一般人は恐らく30分と入っては居られないであろう。しかし我々パカ山団(そういうものはありません)は昼からここに2時間以上篭っていたのであった!
・・・・今日は割と涼しい日だったからなんだけどね。

そんでまずはVSR-10からスタート。
ゲーム用のVSRには軽くするために二脚を装備していないためパカ山特製のレストを用意してみた。

Photo_3 ↑これね。

オパーイ・・・いや二つのクッションが竿・・・じゃなくて銃を確実に保持するのである。

 

Photo_4 こうやって使うのである。

 

Photo_5マジで安定性抜群よ!

 

Photo_6 サービス、サービスぅ!

 

Photo_7 おいらって最低でつか?

 

1 しかし矢張りというか結果は振るわず・・・。
いずれも左にフライヤーが1発ずつ出て記録を台無しにしてくれた。
悔しいけど今回は仕方ないか。 
次回は頑張ろう
・・・・・ってかこの暑さに負けてしまいVSRのチャレンジはここらでヤメヤメ。
早速のジュースタイムである。
そうここは場合によっては命に関わる暑さなのである(けっこうマジかもw)。

 

Photo_8 Photo_9 続いてSR-16M4を撃ってみた。

しかしフライヤーが出てダメダメ。
しかも第三射からはフライヤーのせいでA4用紙を外れてしまい測定不能である。

・・・・というわけで久しぶりの30mチャレンジは今ひとつの結果であった。

銃もパッキンが熱でやられてきたのかバラつきが大きくなってきたので今日はオシマイ。

一昨日のゲームで感じたフライヤーは矢張り無風の中でも再現され、その他の癖も見えてきた非常に収穫の多い試射会であった。

813Sさん、お疲れ様でした&ありがとうございました。次回も宜しくお願いします! 

 

この後のパカ山は、泥だらけのジーンズとビショビショのファティーグで工場との打ち合わせに行ったのであった。

 

| | コメント (20)

2008年9月14日 (日)

9月定例ゲーム

080914まだまだ暑い日が続きますね。皆様いかがお過ごしですか。

つーわけで9月定例ゲームに参加してきました。

日差しがそんなに強くなかったので久しぶりに毛シャツを着てみたら案の定シャツが搾れるんじゃないかって程の汗をかきました。

今回はSR-16にTR-Xガーディアン(12倍固定倍率!)を載せてみたんですが、いやぁ慣れないんで距離がなかなか掴めませんでした。上下のリードを随分ミスって結構上とか下を撃ってたみたいです。
・・・・ってかこのSR-16がモーターやメカボがもう寿命で、そこいらを前日から交換していたらセッティング完了したのが当日の朝7時でして、フィールドに着いた時には既においらは力尽きる寸前でした。

ブッシュに隠れて移動するJ/P隊長さんを黙って眺めてたりして、そんでセーフティーに戻ってから「見てましたよ」って本人に言ってたら、「そんな時は撃ちなさい」って味方に言われちゃいました。はい、ごもっともです。

戦果の方は狙撃戦で撃ち負けたりしてましたんでそこそこ。ただラスゲーではうまい猟場を見つけまして、次々前進してくる敵を狙撃して5人ほどゲットしました。
来月もそこに潜んでみます。

参加された皆様お疲れ様でした。
来月も宜しくお願いします。

 

| | コメント (10)

2008年9月11日 (木)

SR-16M4もカテゴリ分けしてみました。

6月頭から既に3カ月、使える銃がほぼノーマルのM14とだいぶ傷んで来たVSRだけになってしまっているパカ山です。

HK33K?

・・・・うーん、飽きた。

チャンバー弄りすぎて収拾が付かなくなったので放置です。

 
 

えっと、

ブログを更新してなかったら生きているのか確認の電話がありました。

 
 

さて、SR-16がずーっとバラバラです。APSカップに使用したHK33Kにインナーバレルを供出してしまってたので。

そんでようやく08バレルを購入し、旋盤で追加工をしてみました。

実験のためです。

昨夜から準備を始め今朝から切削。途中別の作業で中断しつつ晩飯前に完成。

早速バレルを覗いてみます。

・・・・・インサートの偏芯が逆さじゃん。

 

折れた心にムチ打ってもう一度加工し直し、やっと完成したのが日付も変わった午前1時半頃。

早速バレルを覗いてみます。

・・・・・また逆さじゃん!

 

ダイヤルゲージの針の位置が変わるとどっちがプラスか分かんなくなっちゃうんですよね疲れてると。・・・・いや疲れてなくても。ほんとダメ。数字キライ。

ってか0.03mmずつ削ってって0.01mmの精度出したのに、ツールマークが消えるまで磨き込むと0.03mm以上マイナスするんですね、やらかしました。
・・・・ってか考えれば当たり前か、モデラーなのに。

経験値が上がったって事で納得する事にしました。

 

でも加工のスキルは確実に上がっているので、マジな精度でバレルを試作します。

それと工場からの見積りが遅いなぁと思ってみたり。

設計中の物は分割線で悩み中。

ほんとパカ山はトロキチみたいです。

ちっくしょー!

 

| | コメント (7)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »