« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

ありがとうございました。

SOPMOD M4の記事を書く時間は取れませんでした。すいませんです。

 

今年は本当に色々な事がありました。

3月頭に「パカ山クラフト」を旗揚げし、4月末から「ΦノズルM4」の全国小売店販売が実現、第二回ロングレンジチャレンジも優勝出来た反面、HK33Kで臨んだAPSカップでは見事玉砕でした。
新製品の開発は遅れてしまいましたが、やっと年末になって「ΦノズルM14」がリリース出来ました。

私一人の力ではこんな事は出来ませんでした。沢山の方に応援して頂いたお蔭でここまでやってこれました。皆様、本当にありがとうございました。
来年もどうか宜しくお願い致します。

パカ山こと 浦 高浩より

 
 

| | コメント (5)

SOPMOD M4のフロント周り

Sopmod_front今回は予告通りSOPMOD M4のフロント周りについてです。
私も発売と同時に色んなサイトでレビューを見たのですが、RASを外したバレル基部の形状ににかなり萎えました。
なので真っ先に弄りたくなった訳です。

 

Sopmod_front_1 まずはRASを外します。
六角ネジを外して可動式の爪を緩めればRASは撤去出来ます。

 

Sopmod_front_2 そんで現れるのは萎え萎えなダミーのギザギザと一体になったアウター基部です。
ブタの鼻の様な穴にRASの爪が噛みます。
手前側の側面に見える四角い窓は前方配線の為の穴です。

 

Sopmod_front_3 フロントサイトも外しておきます。
固定ピンはローレット加工がされています。
M3ホロセットも写真の様に回して緩めますが、このモデルはアウターバレル上部でフロントサイトを固定しています。

 

Sopmod_front_4 こんな感じです。
それとガスチューブの固定がピン止めになってますね。リアルです。

 

Sopmod_front_5 次にバレル基部の皿ネジを撤去します。

 

Sopmod_front_6 するとこうなります。
このバレル基部兼ギザギザはデルタリングの抜け止めなのでした。
でもリアルサイズなのでリアルレールが色々付く様です。
ちなみに新品状態から写真の所に欠けがありました。

 

Sopmod_front_7 で、これがアウターバレルの固定状況です。
銀色のパーツの左側面が前方配線用の切り欠きで、従来型のM4と同じく独特な形状のバレルナットで固定してあります。
私の個体では最後にドライバーか何かで思いっきり叩いてナットを締めたらしく、四つある溝のうち二つが欠けてました。おかげでナットの固定はメチャ固くしかもネジロックベッタリなのでストックレンチでは歯が立たず、旋盤の四つ爪チャックを使ってやっと外れる有様でした(すぐに外れる個体もある様です)。

 

Sopmod_front_8 外してみました。
前方配線用の穴がよく分かります。また配線を通す部分はレシーバー側に突起があり銀色のパーツの位置を出します。
バレルの抜け止め部の比較のためG&Pのリアルアウターを並べてみました。

 

Sopmod_front_9 アウターバレルを抜いてみました。
下部に回転止めの溝があるだけです。
いずれサードパーティーから抜け止め(銀色のパーツ)も一体になったアウターが出るんでしょうね(前方配線じゃなくて良いからリアルなやつをお願いします)。

 

Sopmod_front_10 一応ガスチューブの取り付け状況。
レシーバーの突起に被さる構造です。
樽状になっており内径3.2mm、外径4.8~4.9mmでした。
写真の数字は無視して下さい。後で自作した時の数字です。

 

Sopmod_front_11 G&Pのバレルナットが無加工で装着可能です(実はこれを早く試してみたかったんですよ)。

 

Sopmod_front_12 デルタリング自体はマルイ純正も使用可能です。
ガスチューブが貫通するのが素敵・・・・じゃなくて、長さが18mm不足しています。
レシーバーに穴が無いのでガスチューブの自作ないし流用には注意しましょう。

 

Sopmod_front_13 バレルナットの比較です。
リアルサイズの直径は約34.5mmなのですが、マルイ版は先端が約32Φに絞り込まれています。これがどういう意味を持つのかと言いますと・・・・

 

Sopmod_front_14 マルイRASは他の銃(・・・っていうか実銃?)に装着出来ない作りになっている訳です。
なのでバレルナットをリアルサイズにした場合マルイRASには加工が必要になります。

 

Sopmod_front_15 まぁこういう加工ですね。
突起を削るだけなんですけどねw

 

Sopmod_front_16 ついでにバレル基部もギザギザを削り取って塗装しました。

 

Sopmod_front_17 組んでみました。
バレル基部は着けない方が良かったかも・・・・。
例の銀色のパーツも黒く塗りました。 

 

Sopmod_front_18 ガスチューブは長さ18mmのアルミパイプを旋盤加工で作りました。
ただ差し込んだだけです。

 

Sopmod_front_19 完成です。
・・・・見た目は変わりません!

 

でもきっと、このブログに来られる方ならおいらの気持ち分かってくれますよね。

実際おいら凄く萌えてますwwww

 

次回はストックパイプ辺りの予定です。今年中に更新出来るかな?

ではでは。

 
 
 

| | コメント (9)

2008年12月30日 (火)

SOPMOD M4 の試射

Sopmod_2SOPMOD M4の箱出しグルーピングチェックの結果は、従来型M4シリーズと大差ないものでした。

まぁあれだけの振動がある中で従来型より集弾が落ちてないのは立派だと思います。

しかし、私の知る限り電動中最高の命中精度を持つ箱出し89式には及びませんでした。
試射時のターゲットペーパー等はまた今度公開します(写真をミスりました。すいません)。

グルーピングチェックが終了しましたので我が家の次世代M4はバラバラです。
次回からは分解レポいきますね。初回はフロント周りからです。

ではでは。

 
 
 

| | コメント (5)

2008年12月22日 (月)

予約するって事は一日いや一瞬でも早く欲しいって事ですよね?

つーわけで、予約してました、次世代M4。

秋葉の某有名ショップに。

朝からワクワクですわ、早いブログには既にレポ上がってますもん。

勿論私にも仕事があるんでその辺も頑張ってこなしながら、でもやっぱM4がワクワクなわけで、ただちょっと不安な事は今日の昼を過ぎても先方の振込先(郵便振込みで希望出してました)の連絡が無いんですよ。

流石にしびれ切らして夕方に電話。

そしたら先方からメールするって言ったのにメール遅いので電話。

そんでメール返信したのに全然返事無いので閉店間際に電話。

そしたら結局代引きが一番早いということで今更ながら代引きに変更。

そんで明日発送で明後日着予定だそうです。

 
 

ショップの方、何度も電話して悪いとは思いますけど、私の対応に何か不備はありましたか?

予約までして買うのは早く欲しい以外の何物でもないと思うのですが、その気持ちは汲んで頂けませんか?

以上「パカ山クラフト代表」と明記してメールした私こと浦のいつわらざる気持ちです。
商品の到着を一日千秋の思いで待っていますので宜しくお願いします。

 


 

| | コメント (16)

2008年12月20日 (土)

ΦノズルM14

800800_2
ようやく製品版が出来ました!

ただ完成した製品はまだ60個程のため、小売店販売まではあと数日はかかってしまいます。

とりあえず直販の方は始めました。
まだHPの更新が出来ていませんが、ご入用の方はHPのオーダーフォームからご注文下さい。

 

800_3 で、大変申し訳ないのですが値段が高いです。
M4程の出荷数が見込めないため、どうかご理解下さい。

M14用はたとえ赤字でも出したいと言ってきましたが、この値段は勿論黒字を狙っての設定です。

一応ファーストロットは500個です。
しかし500個売り切ることが出来るか・・・っていうかムリじゃないかって思っている自分がいます。

また、M4用Φノズルも近々価格改定を予定しています。製造コストがかかり過ぎた「ΦノズルM4/G3」は製作費の回収がまだ出来てなかったりします。 
それについては改めて書かせて頂きたいと思います。

 

ところでこの「ΦノズルM14」は当然M14用なのですが、実はマルイのMP5K及びMP5PDWにもタペットプレートの小加工で取り付けが出来ます。
ちなみに試作品のノズルでスナイパーライフル並に飛んで当たるPDWを作ってしまった方がいらっしゃいます。PDWは元々バレルが短いですから流速チューンにもってこいですよね。

 

他にも色々書きたい事とかあるのですが、すいません頭が働いてなくてうまく書けません。

ブログのさぼり過ぎですね、ホントすいません。

「ΦノズルM14」をどうか宜しくお願い致します。

 

| | コメント (9)

2008年12月 9日 (火)

今週中の発売に向けて

Img_0009寒いですね。
みなさま風邪とか気を付けて下さいね。

うちの息子も熱っぽくて、明日から看病になりそうな予感です。

さて、ΦノズルM14は只今仕上げの真っ最中です。

成形屋さんから上がってきた素体を、エンプラ専門の切削工場で切削し、Oリングと回転止めを装着してから袋詰めをします。

工場での切削までは外注ですが、その後の作業は全て私ひとりの手作業だったりします。内職に限りなく近いです(食えなくなったら大葉の袋詰めの内職でもしようかしら)。
ちなみにこのOリング、うまく入らないと投げたくなって来ます。

同封の説明書はA4用紙一枚に8個分が印刷されてますので、切り離して二つ折りにして袋に入れます。これも意外と手間でして、一番最初の頃は一枚ずつ定規を当ててカッターで切ってました。今は裁断機って言うんですっけ?レバーが刃になってるカッターを購入して随分ラクになりました。

バイトを雇う金もなし・・・というか金があったら開発費や研究費(銃やパーツの購入)に当ててます。

鉄砲以外に金のかかる趣味がないので助かります。
たまにプラモで積み木をするくらいがせいぜいですから。

さて、もう一仕事してから寝ます。おやすみなさい。


 

| | コメント (6)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »