« 第二回ナムナム祭(前編) | トップページ | 生きて生きて生き抜く事 »

2009年7月21日 (火)

しまばらくん、死す。

妻が実家に帰り、私も一晩家を空けた連休初日の朝、帰宅して玄関を開けたら、金魚たちが瀕死状態だった。

出掛ける時には元気に見えていたが、運悪く数日前から水槽の蛍光灯が切れていたので、魚たちの微妙な変化を見逃していたのかもしれない。

・・・・・・・・・・・

水槽の魚は年中スカトロ状態である。小さい水槽に五匹の魚がひしめく我が家では魚が育ってくるにしたがって「飲尿」による体力低下が頻繁に起こるようになった。
昨年末頃からは一週間程度での水換えが必須となっていたのだ。

流石に面倒なので水槽に犇めく五匹の金魚のうちの三匹を保育園に里子に出した。ブサイクな「ブサ」と、インドア派の「ヒッキー」と、チビな「チビ」である。

保母さんに感謝され、水換えのスパンも延びて一石二鳥であった。

・・・・・・・・・・・

さて残ったのは例の「ふつうくん」と「しまばらくん」の二匹で、こいつらはますます元気に成長していた。

しかし、晴天の霹靂とはこの事だろうか、朝帰りして玄関を開けると水槽の中で水流に任せて漂う二匹がいたのである。

しかも体中が大勢の男優に凌辱されたかの如く白点に覆われていた。

かなりのショックを受けた私は、すぐさま水換えを行い、メチレンブルーを与薬し、岩塩を水に溶いて少しずつ水槽に混ぜていった。

そうしてなんとか夕方までにはかなり回復してくれたのである。

その後もメチレンブルーを追加投与するなどの治療を行い食欲も回復。自在に泳ぎ回る様になった。
ホッと安心しつつも彼等を刺激しない事に勤めた。
蛍光灯は燈さず、玄関の開け閉めも外光が急激に射し込まない様にそっと行っていた。


昨日は割と良い天気だった。布団を干し、試射にも出掛けた。
しかし妻に玄関の開け閉めに金魚が過剰に反応する事を伝えていなかったのである。

異変に気付いたのは夕刻だった。

試射を終え帰り支度の私に妻から金魚が一匹見当たらないとの連絡があったのだ。それも凄く元気だったしまばらくんがである。

二人で「まさか」と思ったがその通りで、水槽と壁の間に転落し、既に息絶えていたのである。

きっと強烈な日差しに驚いてイルカ並のジャンプを決めたのだろう。普段から突発的にダッシュをかましたりする弾丸野郎だった・・・。

しまばらくんは椿の木の下に埋められた。

ふつうくんは元気に泳ぎ回っていた。

生き物を飼う責任をまた私は果たせなかった。
  
 
 

|

« 第二回ナムナム祭(前編) | トップページ | 生きて生きて生き抜く事 »

コメント

某も一週間前に金魚が死んでしまいました
パカ山さんの金魚と同じ病気です
病気になる前に、夜店で金魚をとってきて、それを一緒にしたのが原因と思われます
しかし、薬があるとは知らず、死なせてしまいました

某は、庭の金柑の木の下にお墓をつくり埋めてあります

投稿: 与六 | 2009年7月22日 (水) 10時06分

多分、しまばら君には 光の向こう側が見えたんだと思います。

先生の看病のおかげで、弾丸野郎に復活して 光の向こう側に凄い初速でスッ飛んでいったんだよね・・・今回は佃煮みたくなってませんでしたか??

何はともあれ・・・合唱・・・

それにしても、 先生の文章・・・ちょっぴりHで 好きよ・・・sign02

バチアタリデ モウシワケナイsweat02

投稿: 072H | 2009年7月22日 (水) 11時21分

俺のうちにも金魚います。始めは沢山死んでしまいました。

水と空気の管理が難しいみたいですね。

五月からいるニモも全滅しました!

生き物は難しいですね!

今後ろから糞ベンツに煽られながらカキコミしてます。

投稿: 総大将 | 2009年7月22日 (水) 13時10分

ぱか山さんのネーミングセンスにただただひれ伏しているT-96です。
弾丸野郎ですか…弾というワードに過敏反応してしまいました(°□°;)

それにしても人間って地球上で一番残酷な生き物ですよね~と一番残酷なオレが通ります。

投稿: T-96 | 2009年7月22日 (水) 13時50分

金魚くんはご愁傷様でした。南無~。

一生懸命看病されたのに残念でしたね。

生き物は難しいですね・・・ブラックバスすら死なせてしまうあたくしは生き物を飼ってはいけないのです・・・サボテンすら枯らせますし・・・。

とにかく生き物は難しいです・・・。

投稿: 仕事人 | 2009年7月22日 (水) 22時53分

与六さん、夏場の水槽はすぐに水が汚れてしまうので金魚には過酷な環境なんでしょうね。
金魚は自然治癒力が強いので、基本的に水換えをすれば体調が回復します。あとは0.5%とか塩を混ぜるのが良いです。薬は副次的なものと考えるのがいいと思います。
 
 
 

072Hさん、ちょっぴりエッチなあなたも好きよ。
 
 
 
 
総大将さん、ニモって海水ですよね。管理大変そう・・・。
お魚はホントに難しいですね。
こまめに水換えすれば良い話なんでしょうがなるべくラクをしようとして毎度失敗している感じです。
今度は死なせないように頑張ります。
 
 
 
 
T-96さん、まさに弾丸野郎でした。
ダッシュかまして止まれず水槽の壁に激突して失神しかかったり、酷い時にはひっくり返ってしまって脳震盪でも起こしたのかと思いました。
・・・考えてみればアフォなやつだったんでしょうが、アフォなやつほど可愛かったりするんですよね。
その最期もしまばらくんらしい死に様だったと思います。
・・・水槽にフタを着けました。最初からそうしとけば良かったです。
 
 
 
 
仕事人さん、やっと元気になってきたらこんな死に方って・・・。
今頃壁の無い水の中を弾丸のように泳ぎ回っているのかもしれません。ナム~。

投稿: パカ山 | 2009年7月29日 (水) 14時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第二回ナムナム祭(前編) | トップページ | 生きて生きて生き抜く事 »