« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月15日 (火)

Φノズルを使ってAK47Sをいじってみました。

リリースが遅れていました「ΦノズルAK47」は、以前ご紹介した通り7月には先行量産も兼ねての試作品を100個製作しましたが、検品の結果全て再加工となりました。
再加工したものはレーザーで3D測定を行い、それにより製品として通用する物が100個完成しました(そもそも試作品の実射テストは一年前に終わってまして、加工図面も昨年には出来上がっていました)。

完成した試作品は早速実射テストを行い、またサンプルをPAW WORKSさんに送りました。その結果は「PAW WORKSからのお知らせ」に記載されています。

当方でも秒間24~25発でのテストを行い、満足出来る結果が得られたため工場に量産の発注をかけましたが、現場スタッフ泣かせの品らしく、量産には難色を示されました。
何とか説得したものの、その分コストは上がってしまいました。

・・・・利益が減ります(泣)。

そうして量産品400個が上がってきましたので、先日の定例ゲームにて量産品の作動テストを行いました。同じく秒間24発程度での撃ちまくりです。
結果は良好でしたので、間もなく発売出来ると思います。

ここからはテストに使用したAK47Sの紹介です。

Ak471 メカボはノーマルに近いのですが、プチハイサイでのテストを行うために流速チューンを施してあります。

交換したパーツは以下の3点です。
①ノズル(ΦノズルAK47)
②スプリングガイド(システマベアリング付きガイド)
③スプリング(システマM100)

次に加工したパーツが2点。
①加速シリンダー加工
②シリンダーヘッド内径の絞り加工

ついでに配線は効率の良い物に交換しFETは2石使用しています。

 

Ak472 続いてインナーバレルを200mmにカットします。
インナーバレルはチャンバーとマズルの2点止めですので、インナーバレル先端を何とかして固定しなければなりません。 

AKのアウターバレルは内径が約12mmもあるので、ホームセンターで購入した外径12mm内径10mmのアルミパイプでスリーブを作り、銃口側から叩き込みました。スリーブの長さは4cm程しかなく、本当に最低限の長さです(まぁ実験用ですから)。

後はアウターバレルに銅箔テープを巻いてガタを取ります。

ついでにFETのスペースを確保するために六角棒を一部カットしてリアサイト下部の空間を拡大しています。

 

Ak473 スリーブを入れてもまだ内径は10mmもあります。
インナーバレル先端には真鍮のリング(ガタ取りとかで売ってるもの)を取り付け接着。さらに銅箔を一枚貼ればキッチリ留まりました。幅が細いのがミソです。バレルを曲げません。

 

Ak474 マズルは一段狭くなっていますので11.5mm程度まで穴を広げておきました。

 

Ak475 以上で完成です。
11.1V、1300mmAH、12Cのリポをぶち込むと秒間24~25発程で軽やかに回ります。
ちょっとケーブルが太すぎたみたいでセミで2点バーストを起こしたりします。まぁリポが3セルですから仕方ないですね。
基本フルオートにしてゲームで撃ちまくってみたところ、気持ち良いサイクルで快調に作動してくれて、ちゃんと敵も狩れました(笑)。

 

「ΦノズルAK47」は間もなく発売致します。宜しくお願い致します。

 
 
 

| | コメント (6)

2009年9月14日 (月)

9月定例ゲームあるいは第四回ナムナム祭

こんばんは。ナムナムなGIを敵側から眺めてみたいとか、あわよくば狩ってしまおうという魂胆で今回はナム装じゃなかった裏切り者のパカ山です。

Photo 今回も遠方より仕事人さんが参加して下さいました。
今回はグリーンベレーが非常にきまっていました。
ちなみにその横でイサカを構えるプライベート・オナーニさんのヘルメットの似合い方が半端ないのでちょっとジェラシーというかイラックマでした(笑)。

さてゲームの方は所用で遅れての参加でありました。

久しぶりに毛シャツを着てSR-16で狙撃してましたが、まだ下草の背が高いので随分草に邪魔されてしまいます。曲銃床のM14の方がこういう時には低く構えられるし、草をよけやすいのでちょっと失敗したなと思いました。おいらのM14は只今ドック入り中なので、こういう時のためにもう1本M14をマジで買ってしまおうかと悩んでいます。

それと「ΦノズルAK47」の最終テストのためにAK47Sを持っていったら、アイアンサイトが意外な程見やすく、また頭を低くして構えられるので、かくれんぼに非常に重宝しました。AKってやっぱりいい銃ですね。

戦果は数えてなかったんですが、ゲット数は10人ちょいって所でしょうか。横風で初弾を外したり、射線上に生えてる草をかすめたりで、かなりミスした感じです。
あとはフラッグを一度取りました。

ゲームはやっぱり朝イチから行きたいですね。
それとM14がやっぱり好きだなと思った一日でした。

当日参加の皆様お疲れ様でした。
また次回も宜しくお願いします。

 
 
 

| | コメント (8)

2009年9月 9日 (水)

ΦノズルVSR&L96

こんにちは、パカ山です。

PAW WORKSさんにてΦノズルVSRの受注が開始されました。

ノズル単体での発売ではなく、飽くまでPAW WORKSさんのカスタムメニューの中の一つとしての扱いです。

これは私自身が望んだ事でもありまして、いじったことのある方にはお分かりだと思いますが、ボルトアクションの銃は部品単体の効果よりもトータルの「組み」が重要であるためです。

ΦノズルM4を発売した時にボルト用Φノズルのご要望を少数ですが頂きました。
決して多くはないそれらのご要望は、しかし物凄く熱いものでした。
流通サイドからも多少単価が高くても継続してある程度の数が売れ続けるボルトアクションパーツは求められていました。目新しい物は特にです。

しかし私は躊躇しました。

ボルトアクション用のΦノズルを出してしまったら、Φノズルそのものの評価を大きく下げてしまうかもしれないと思ったからです。

例えばVSR。

私は一切部品を交換せずに「組み直し」だけで20mで5cm程度の集弾に調整出来ます。(勿論弾が良い事が前提ですが、言いきってしまうのは、それくらいは自信があるからです)。
しかしそこから先は言わば「変態の領域」でして、数ミリの集弾向上のために費やす努力は並ではありません。
勿論いじっておられる方には常識だと思います。そしてその数ミリの違いは30mを超える距離では大きな違いになっていく事も。

Φノズルはボルトにおいてはその「数ミリ」のためのパーツです。
それに私は「ボルト用のパーツにボルトオンの物はない」と思っています。

まず「組み」ありき。

そこでPAW WORKSさんにお願いする事にしました。

PAW WORKSさんのカスタム技術は、競技銃の世界でも多数の優勝者を輩出し、ゲーム用においても高い集弾と長い飛距離、そしてブッシュ貫通力で定評があります。

今回のΦノズルVSRの実用化において、「VSRパカ山スペシャル」や試作ノズル等をPAW WORKSさんにお送りし、問題点等を協議しました。
その結果非常に良い物に仕上ったようです。→「PAW WORKSからのお知らせ」にリンク

弾はグラマスを使っていますが、ご存知の通り今のグラマスはアレです。
SⅡSの0.25バイオだと約半分に纏まった事を付け加えておきます(笑)

ΦノズルVSRを宜しくお願い致します。

 
 
 

| | コメント (9)

時の経つのは早いもの・・・ってか早すぎてこわーの巻き

タイトルは思わず心情を吐露しただけで、内容とはあんまり関係なかったりするんですが、結局こんなの買っちゃいました。

Exia まずはコレですね。
ジョーシンで31%オフの時にクーポン券で更に300円引きだったりします。
「いつ作るの?」とかいうお約束のツッコミはこの際聞こえないフリをしますんで宜しくお願いします。
リペアのパーツが入ってるんですが要らないので欲しい人は言って下さい。
mail@pakayama.comまで(送料だけはお願いしますね)。

Cannon そんで結局コレも買ったりしたわけで。
ジョーシンで30%オフに加えてクーポン券を使って更に200円引きでした。

マジで作ってるヒマないんですよね。
素組みで組んで気に入ったらまた買えば良いですかね。
塗装が極限までヘタクソの癖に形にだけは凝り性なんですよね。
もうね、   ・・・いや、いいです。

 
 
 
 

 

Shoki はい、ガイドブックまで買いました。大好きな鍾馗です。

実は私は自称スケールモデラーなんですよ?

このサイズを本当に待ってたんです。
リベットラインや外板のうねりを溶きパテで再現し、無塗装銀の機体をアルミテープで仕上げる。昔からの夢です。
・・・・いつやるんでしょうか?来世の計画まで埋まってきましたよ?
あ、そういえばパカ山は自称艦船モデラーでもあります。
ってか、積み師?

正直もうモデラーなんて名乗るのは止めにしようかと思います(弱気)。

 

何気に以前宣言した買い物予定を実行しているわけなんですけど、どうでも良いですよねそんな事。でもほぼフルコンプです←アフォ。
ただ超合金アルト機だけは急に熱が冷めたのでやめました。

 

こいつらが形になるとき、私はいったい何歳になってるんでしょうかね(笑)。

 
 
 

| | コメント (8)

2009年9月 8日 (火)

今更ですが第三回ナムナム祭は凄かったのであります。

皆様お久しぶりです、パカ山です。

生きてましたよ~!

子供の「とびひ」は二週間以上引っぱりましたが無事に完治しまして、でもその直後には夏風邪を引いてくれまして(インフルじゃなくてホッとしました)、そんで挙句は風邪を伝染され、もうブログの更新が億劫になってしまっていました。
久しぶりの更新に大変緊張し、身が引き締まる思いでありますが、実際はお腹を中心に弛みきっています。

・・・ってか八月は何もやってない感じです(シャレになってないです)。

でも一応「ΦノズルAK47」の試作及びテストが完了し、量産が始まった所です。
量産品が試作品並みの品質をクリア出来るかとか最後まで色々と心配は尽きないんですが、今はちょっとホッとしています。

 

で、本当に今更なのですが、8月の定例サバゲにおける第三回ナムナム祭のご報告です。

Photo145 昨年まではそれぞれの気分次第の孤独なナムコスでしたが、初めてヨロクさんと申し合わせたのが今年6月。
そうしたら7月には何と、ナムナムの同志が5人にまで増えてまして、そうして向かえた今回の8月定例ゲームでは、とうとうこんなことになっちゃってました(笑)。

 
 

Img0101 ご覧下さい!

普通の人から見ればドン引きかも知れませんが、我々はめっちゃ萌え萌えなんですよ。

歩兵第25師団ブラボー中隊第二小隊の我々に加え、第一小隊のフリッツ隊長や第一騎兵師団のマスィーン氏や精鋭部隊のSEAL TEAMも加わって、赤チームの約半分がナムコスという凄い事になってました。

対する黄色チームはベトコンを指揮するアビィー村長と水牛(という設定らしい)のジ・タンさんや、同じくベトコンのセ・チャン、そしてホーク王国のパイズ・リー中尉率いるドSな軍団など、米兵狩りにワクテカしている様子。しかし肝心のホーク大佐は「米兵をぬっころせ!」という言葉を残して失踪中でありました。

ここでお詫びがあります。

おいらね、カメラ忘れて来ちゃったの。

折角の祭りなのに写真が無いんです。ホントにごめんなさい。

あー、ホントにパカ山の馬鹿馬鹿馬鹿ァー!

 

さて午前中の趣向は「サーチ・アンド・デストロイ」です。
片方のチームが先にフィールドに入り準備万端で敵を待ち、攻撃側はその待ち伏せの中に攻め入って行くというナムナムのためのルールみたいなものですね。
で、攻め込みますが、はい、メタメタにやられました(笑)。

続いて我々が防衛側となりベトコンを待ち受けました。
これがはまると結構面白いです。人数が伯仲しているので攻撃側は不利なのですが、それでもいい戦いになりました。

さて三戦目、「ロックンロール!」の掛け声と同時にフィールドに分け入ろうとした瞬間から敵の猛射が始まりました。スタート間もない団子状態の我々は一網打尽(汗)。

で、四戦目はそのお返しです。スタートライン近くの木々に隠れてダッシュする敵を横から一斉に弾幕で制圧します・・・が、敵もそれは予想の範疇で、正確な射撃でこちらの攻撃を妨害します。
・・・その中でヨロク軍曹が被弾しました。
彼の「メディーック!」という声においらは思わず駆け寄り、「ヘイ、サージ、アー ユー オーケー?」と言いながら介抱しようとすると、相手はそこを狙って撃ってくるではありませんか!

「ね・・・、狙ってやがる!」

負傷した米兵に走り寄る味方は次々と的になりましたとさ。

 

敵軍は容赦無し!

でもあんだけ米兵がいるんだもん。その気持ちはよ~く分かる(ウソ)!

 

つーわけで午前のゲームは終わり。午後からは通常のフラッグ戦でした。

「メディーック!」

この叫びは罪かもしれません。今回の敵は我々の小芝居中も本気です。

パイズ・リー中尉曰く

「スリルあるでしょ?」

はい、仰るとおりです(笑)。

 

そしてベトコンは強敵です。
頭に被った傘がメチャ目立つので溢れるヨダレを我慢できずに射程外でも撃ってしまいます。実は彼らは囮で、結果多方面から撃ちこまれてしまうのですが、分かってても撃ってしまいます。そんでまたやられるんですが、それでもなお撃ってしまいます。
それがナムコスの魔力なのでしょうか?それともパカ山の頭がヤヴァイのでしょうか?ナムっぽいブッシュがあると思わず入り込んで頭の中のネジが飛んでしまいます。

ようし、ここらで少しは頑張らないと!

アメ公の名にかけてナムナム部隊は沼地への迂回を試みました。
沼地周辺の風景がナムっぽくて萌えるからというのが正直な所なのですが、それはこの際忘れて下さい。

警戒し大汗をかきながら前進しますが、恐いので迂回にはかなりの時間を要しました。
すると何たる偶然!・・・否作戦通り、敵の主力は既に通過した後です。
この機を逃さずナムナム部隊はダッシュで敵陣の後方に回り込み、フラッグ守備隊を後方から撃ちまくりながら制圧。そのまま突撃してフラッグゲットしました。
まぁ、こういう運の良い時もたまにはありますよね。

そんなこんなでナムナムごっこを満喫した一日でありました。

今回のゲット数・・・・・数えてません。
今回のデッド数・・・・≒ゲーム数(お約束)。

今回参加された皆様、そして遠方よりナムコス等で参加下さった仕事人さん御一行様、この日は本当にありがとうございました&お疲れ様でした。

次回もまた遊んで下さい!!

 

次回予告
「LTパカ山、ホーク王国に寝返る!」

ナムナムの皆さん、お手柔らかにお願いします!

 
 
 
 

| | コメント (6)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »