« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月18日 (水)

ゲートルについての追記

こんにちは、パカ山です。

たまにこんなこと言われます。

「あのブログ、鉄砲以外のネタも多いよね」

なんつーか、残念なブログですいません。

でも反省はしていないの。

 

G2 というわけでゲートルについての追加記事いってみます。
過去記事ではマニアの方向けとしては薄すぎる内容しか書いてなかったから、少しだけですけど情報量を増やしておきますね。まだまだ全然足りませんけど勘弁願います。
いちおう写真の品物は戦時中だかに作られた実物で、これは足に巻く前の状態です。
足から外した時は裏表逆の状態で巻かれてたりするので、足に巻く前には写真の様に娘さんとかに準備して貰っておきましょう。

G2_1


これを拡げるとこうなります。
そうですよね、こういう写真を載せないとダメなんですよね。
残念ブログですいませんでした。ワラ

G2_2


幅は3寸。ほぼ9cmです。
丸くカットされた先端と縁の処理もご覧の通りです。

G2_3


ゲートル本体の長さは実測2m40cm強。つまり8尺って事でしょうね。

G2_4 縁のアップ。
約2mmの幅で縫ってあります。

G2_5


こんな感じの処理です。

G2_6


ゲートルの終端は三角に折られて縫ってあります。

G2_7


裏返してみます。
裏へ三角に折った内側に紐を折り込み、写真の様に縫い付けています。
紐の幅は約2.1cm。つまり0.7寸です。
紐の長さは三角形の底辺からの実測値171cmでした。
紐の先端は特に処理されず単なる切り落としです。

G2_8


紐自体は杉綾織です。厚くて丈夫な綿製のリボンです。

まとめとかは今日はありません。

ただ、一式戦隼はどこのプラモを買えば良いのか迷っています。
隼って数字に表れない部分のスペックが高過ぎですよね。

| | コメント (2)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »