« 2012年4月 | トップページ | 2013年7月 »

2012年5月15日 (火)

Φノズルで壊れにくい銃が出来るかも

こんにちは、パカ山です。今日は宣伝させて下さいね。

3月からメーカー製造待ちとなっておりました「ΦノズルM4/G3」を昨日ようやく出荷出来ました。お待たせしてしまいまして申し訳ございませんでした。

Φノズルは、先々月のアームズ・マガジンさんのカスタム特集記事中でも扱って頂いておりまして、そのおかげもありまして多めの注文を頂いていたのですが、またも在庫を切らしてしまいまして、昨日ようやく二ヶ月ぶりに出荷出来たところです。

Mono
↑イメージ図。

そして表題についてなのですが、この内容について今の今までキチンと書いていなかった事に気付いていませんでした。

それはΦノズルは弾詰まりの時にピスクラを起こしにくいという事です。
 
「Φノズルは弾詰まりの時にピスクラを起こしにくい」という事です。

大事なことなので二回言ってしまいました。

口頭では沢山の人に何度もお伝えしている内容ですし、お使いになっている方なら「そういえばそうだな」って感じではないでしょうか。

それではご説明申し上げます。

電動ガンの場合、弾詰まりを起こすとBB弾がノズル出口を塞いだ状態になります。
そのためシリンダー内に残った高圧のエアがピストンの前進にブレーキをかけてしまいます。そこにセクターギアが回転してくるわけですからピストンのラックギアが削られ、もしくは割れてしまい、最悪の場合にはギアも破損してしまいます。
サイクルが速い銃では特に被害が大きくなる傾向があります。

しかしΦノズルではBB弾がノズルに入り込まないため、万一の弾詰まりの時もノズル先端からマガジン方向へエアが逃げます。他社のノズルと違いピストンの前進にブレーキをかけにくい構造になっています。
極端なハイサイクルは別ですが、秒間20発程度ならば弾詰まりを起こしてもメカボックスは無傷の場合が多かったです(保証するものではありませんが)。
ここで具体的に数字を書いてしまうと問題なので書きませんが、もっと速いサイクルでも破損を免れた例があります。

秒間何発まで壊れないとかそういう話ではないですし、保証の限りでもないのですが、少なくとも現在市販されている電動ガンのノズルの中で、もっとも弾詰まり時にピストンクラッシュを起こしにくいノズルだとは言えます。

破損防止の保険という意味でもΦノズルはおすすめです。

直球で宣伝させて頂きました。ありがとうございました。

パカ山 

  

| | コメント (4)

« 2012年4月 | トップページ | 2013年7月 »