« 2013年7月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月31日 (火)

人間、一番早く伸びる毛は「鼻毛」ではあるまいか。

私は神経質な方なので、鼻毛切りには結構時間をかける。

それこそ鼻の内壁を傷付ける場合もある程に短く切るのだ。

そしていらん毛は抜く。

鼻毛は抜くと痛い。涙が出る。

それでも徹底的にやる。

そんでしばらく鼻毛の事は忘れる。

 

しかしだ、

さっき見たら既にジャングルだった。

最近私と会った人間は私の鼻から覗く鼻毛を見ていたに違いない。

他人の鼻毛は観察はしても言葉には出さないから、

正直ちょっと恥ずかしい。

 

鼻毛にも役割があるのだろうが、それならボーボーで良いのだろうけど、

しかしボーボーはどうしてもそこに目が行くし、ヒゲみたいにかっこよくも無い。

それにどうせ切るなら役目は果たしていないのだ。

 

しかし、これだけは言える。

美人の顔を下から見た時に鼻毛が微妙に伸びてると、

スゲー萌える。

うまくいけば歯医者さんで体験出来るかもしれないよ。

 

それでは、来年が皆さんにとって良い年でありますように。

パカ山


 
 
 

|

2013年12月30日 (月)

冬休みの自由研究②

前回からの続きです。
流速チューンで発射されたBB弾には何が起こっているか考えてみます。
断っておきますが流速チューンを推奨しているわけではありません。

銃口から高速のエアと一緒に放出されるわけですから、まず対気速度が下がります。
弾速計では分からない現象ですよね。BB弾にとっては弾速計の数字よりも低い速度で撃ち出されたのと同じなわけです。

銃口から放出された高速なエアの影響下から脱したBB弾は今度は弾速通りの対気速度になっていきます。余談ですが、銃口から出た高速のエアを追い越す時って、BB弾にとって対気速度が上がる事になる場合もありますよね。それってBB弾にとっては銃口外加速ですよね。ちゃんと弾速計で測定したら減速していますから安心してくださいw

高速なエアの影響下にあるという事はもう一つ、ほんの僅かですが標的までの距離が減少した事と同義です。BB弾が空間ごと移動しているわけですから。

以上の事がどんな現象として表れるのか考えてみましょう。

銃口からでてしばらくの間はホップが掛かりにくいですよね。
そうすると発射直後のBB弾は重力でドロップします。発射直後のBB弾のベクトルがノーマルとは異なる事になります。

例を挙げると、ノーマル旧世代M4をインナーバレルを280mmくらいにカットして、スプリングだけ強い物に交換し、あとはノーマルのまま初速95m/s@0.2gくらいにしたとします。
これで0.2gBB弾を適正ホップにしてプローンで撃つと、BB弾が地面に触れそうなくらいドロップしてから緩やかに上昇を始め、ホップの頂点がその分遠くになり、やや山なりな弾道ですが実用的な射程距離は延びます。S字みたいな弾道です。

インナーバレルの内径やノズル内径を拡大すると、流量が増えてさらにドロップして山なり弾道になります。逆に絞ると弾道がフラットになっていきます。
私のブログ内で08バレルよりも内径が大きいバレルを使用していないのは山なり弾道を嫌っての事です。スコープを10倍に固定して使うので多少射程を犠牲にしても極力フラットな弾道にします。ダットでは気にならないくらいの山なりでも10倍スコープだと辛いんですよね。

ここから更にバレルを短縮してスプリングで初速を補っていくと弾道の山なりが強まりますが、例の銃口から出るエアがBB弾に影響する距離が伸びて行きます。そこでノズル内径を絞ると弾道の山なりをある程度抑えることが出来ます。
そしてインナーバレル長が200mmを切ってくると色々と問題が出てきます。

流速チューンは重いピストンとフルサイズシリンダーだとか言うのは大間違いです。
たとえ1cmでも加速区間を設けた方が効率よくシリンダーの内圧を高められるに決まってますよね。
重いピストンについてもそう。重いピストンより軽いピストンの方が弱いスプリングでも高速で前進してくれます。つーかマルイさんのノーマルピストンの内部の錘を見てみれば分かりますよね。内部を肉抜きして重さを調整してありますから。さすがですよ。
スプリングは伸びるにつれて力が弱くなるから、加速されたピストンの慣性力を高めてシリンダー内圧を上げるというのがピストン重量云々の本来の話なのに、ただただ重くするだけというのは効率を下げているだけです。慣性力という観点からみれば例えばKM企画さんのワープ400シリンダーを使った場合には正直ノーマルピストンでも少し重過ぎに感じます。
それを重いピストンに強いスプリングでメカボに負担を掛けて、おまけにギアも重くて硬くて慣性力も大きい物に変える・・・って、あまりにも芸がないですよね。
そんな銃を流速チューンと言うのならフィールドから締め出されて当然だと思います。

なんか脇道にそれてしまいました。すいません。
でも長くなりましたので今日はこの辺にしようと思います。

初心者のみなさんは間違った情報には気を付けて下さいね。どこのフィールドにも高い技術と経験を持ったチューナーさんがいらっしゃると思いますので、安易にネットの情報を信じる事なく(この記事だって眉唾で読んで下さい)、そういう人たちに活きた知識を学んで下さい。

ではではまた。

 

|

2013年12月29日 (日)

冬休みの自由研究

こんにちは、パカ山です。

昨日久しぶりにブログをアップしたので、折角だから暫くこの調子で更新しようかなと思いました。

半年くらい前に友人から聞いたのですが、最近は流速チューン禁止のフィールドがあるらしいですね。何でもホップを切ればレギュ以内で、ホップを掛けると初速が大幅アップ(法に触れるギリに近いレベル)になるのが流速チューンだとか。
・・・いやいや、それは流速じゃなくて反則ですから。

おおぴらに反則を助長するようなショップもあると聞きました。そういう所のうたい文句を読むと、

バカですか?

という疑問がわいてくる事があります。多分みなさんもそうですよね。

ゲーム歴がそこそこ長くなれば殆どの方は何が正しくて何が間違っているのか分かっていらっしゃると思いますが、始めたばかりの人は何も分からなくて当然です。私も最初はそうでした。たまたまチームの先輩に教えてもらえただけです。

なので初心者の方向けに、流速とか色々、気力の続く限り少しずつ書いて行こうかと思います。古い知識と、療養生活で鈍りきった集中力と、薬で弱った記憶力でです。

・・・すいませんもう集中が切れてきましたw

もうやめたいけど一つだけ。

ある初速で撃ち出された球に掛かる抗力(空気抵抗)の大きさは速度の二乗に比例しますよね?

ならば80m/sのBB弾に掛かる空気抵抗は、40m/sのBB弾に掛かる空気抵抗の4倍でしょうか?

違いますよね。4倍よりも小さくなるはずです。計算はしてませんのであしからず。
20m/sのBB弾に掛かる空気抵抗ともなればもっと変わるはずです。16倍よりもかなり小さくなるでしょう。

何故か?それは「抗力係数」が変わるからです。
球の表面の空気の流れが弾速で変化するため、空気抵抗は単純に速度の二乗に比例して変化するわけじゃないのです。

ある程度より弾速が下がると境界層が乱流から層流に遷移しますので抗力係数がグンと上がります。つまり空気抵抗が増してホップがよく掛かります。

ゴルフボールのディンプルはほら、乱流境界層を作るためでしょ。ホップ掛かりにくいですが。

昔飛距離について記事を書きました。
↓これです。
http://pakayama.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_1f7e.html

変化球は境界層をコントロールすることだとも言えるんです。

流速チューンも同じです。
ホップの頂点を遠くにするために行う、境界層をコントロールする手段の一つです。

今回はこれくらいで(すいません疲れました)。
質問をうまく返す自信がありませんのでこの記事はコメント機能をオフにします、すいません。

それではまた。

|

2013年12月28日 (土)

リアカン良いですね。

この秋から有志でリアカン戦をやったりしています。

一昨年位からフィールドの人口密度がメチャ増えて、それに比例して飛び交う弾(流れ弾含む)も鰻上りに増えて、大味なゲームにすっかり楽しめなくなっていました。フィールドへの足も遠のき、参加するのは年に2回くらいにまで減りました。

例外は友人と共同開催(いや、おいらレギュシール作るくらいなんですがw)のAGITO関東東海交流戦くらいで、これはインドアでリアカンで楽しいのです。

そうしてフィールドの古参の方を中心とした有志でリアカン戦をやってみようという事になりました。幹事は持ちまわりで場所や開催日は内緒ですw

10~14人くらい(5対5程度)のゲームですので一人が占める戦力の比重は高くなります。数分で全滅する場合もあり、戦っている実感や充実感はかなり高いです。

Rc11 リアカン戦のメインウェポン、流速クルツ。ノズル絞って軽量化したピストンが素直で良い弾道です(適正ホップで初速90m/s)。絶版のΦノズルM14を内蔵しています。マガジン9本、270発のファイヤパワーです。敵7人中5人を数分で倒した事もありますが、全マグ撃ち切った事はまだ一度もありませんw

Rc22 狙撃用のつもりが突撃にもよく使うM14。中身は殆どノーマルのノズル換えただけ。初速84m/sくらい。マガジン6本で120発。これも最高で4本目までしか使った事がありません(ちなみにその時は敵5人中3ゲット)。

Rc33 M4とXM16E1用は勿論20連。8本160発の装弾数は190連一本よりも少ないですw

Rc44_2 あー痛い痛い。
これはAGITO交流戦のレギュ合格シールの余りです。ここぞって時に「あ○せたん頼むぅ!」とか「く○ねこー!」などと念じながらマグチェンします。ウソです、まだア○ネちゃん止まりです。普段はくま○ンに頑張ってもらってます。

つー感じでリアカンホント楽しいのですが、一つ問題・・って言う程の事じゃないんですが、M4とかM14とかってセミでワンマグ撃ち切った後に次のマガジン挿した初弾は空撃ちになるんですよね。ノズルが前進位置で止まるからなんですが。
ゲーム開始で最初のマガジン挿した時も「装填」のため一発空撃ちが必要で、それを忘れるとスコープに敵を捉えて初弾発射・・・のつもりが空撃ちだったなんて事もあります。
それにチャンバー内に残った弾がマグチェン時にポロポロ落ちるのも悲しいですよね。

てな話をしてたら、最近気になる銃が出来ました。
KSCの電動M4 ERGです。全弾撃ち切れてボルトストップも掛かる。しかもブルブルする。
撃った人の話を聞くとイイ感じだそうで。うぅ、欲しくなってきた。M16とかも出ないかなw

そんで、ついでに聞いたのがKSCのM4 ERGの流通の話です。詳しくは書きませんがKSCさんのHPに確かに書いてありました。どちらも好きなメーカーさんだけに何か残念に思った出来事でした。 

ま、何はともあれ、有志でリアカンやるようになってからゲームが楽しみになりました。

 
 

| | コメント (2)

« 2013年7月 | トップページ | 2014年1月 »