2016年9月16日 (金)

ガチ棒の組み込み方

こんにちは、パカ山です。

1000

近日発売予定の「ガチ棒」、すなわちM4MWS用のリアカン便利グッズの組み込み方をご紹介します。正直ちょっとめんどくさいです。何が面倒かというと、やっぱりスプリングを押し込む所じゃないですかね。慣れないとバネが暴れて結構イライラするかもしれません。私は慣れてしまったのでちょちょいのちょいで組めるようになりましたが。

ちなみにM4MWSではマガジンのフォロワーが原因(フォロワー内の小さなバネがずれたり)でボルトストップが働かない事がまれにあるそうで、そういう時の分解組み立ても基本的に同じ事をやりますので慣れておくと便利かも知れません。

あと一応書いておきますが、銃の分解組み立ての時にはゴーグルやシューティンググラスの様な保護メガネを着用するのは基本です。特に慣れてくるとそういう事を疎かにしてしまう場合がありますが、安全対策を十分に行いそれを周囲にもきちんと徹底させていく事は、初心者の方は勿論、ベテランの方には特にお願いしたい事だと思います。

では早速組み込み方です。

1

まず最初にマガジンの底のネジを六角レンチで外します。
底板がスプリングで強く押されていますので不用意に部品が飛び出さないように底板をしっかり指で押さえておきましょう。

2

底板を下に向けてスプリングを解放します。勢いよく飛び出すので注意!
部品が飛び散らない様に箱を用意してその中に解放するなど安全に配慮して下さい。

34

黒い小さなパーツがスプリングと底板に挟まれるような形で飛び出してきますが、これはスプリングガイドです。この部品をマガジンの矢印でしめした穴に入る様に紙やすり等で削ります。板状の部分の四隅とゲート跡を削れば写真の様にすんなり入りようになります。削り終わったらスプリングガイドは抜いておきます。

5

では組み立てです。スプリングを元の様に戻します。
マガジンを固定して、スプリングを短く持って、指一本分ずつ押し込んでいくのがコツです。
私は両膝でマガジンを挟んでやっています。

6

スプリングを押し込んだらスプリングガイドをはめます。
飛ばさない様に注意して下さい。保護メガネは絶対です!

7

スプリングガイドは穴の中に入ります。

8

スプリングガイドの上からガチ棒を押し込みます。
繰り返しますが保護メガネは必須ですよ!

9

ガチ棒を抑えながら底板を装着します。指ではやりにくい場合は板状のもので押さえておくのもいいかもしれません。

10

ガチ棒は底板の矢印の部分に収まります。
ここは通常はスプリングガイドが収まっている場所です。
あとはネジを締めて底板を固定すれば完成です。

・・・スプリングを組むのがやはり面倒ですね。私は慣れましたが、組み込む自信のない方は無理せず得意な人に組んでもらうのが良いと思います。

それと何度も繰り返していますがゴーグルやシューティンググラスなどの保護メガネは必ず装着して下さい。ガチ棒に限らず銃のカスタムを行う際には安全を確保する癖をつけて下さいね。

ガチ棒は近日発売予定です。

ガチなゲームを楽しみましょう~♪

 


 

| | コメント (0)

2016年9月15日 (木)

リアルカウントの便利グッズ

こんにちはパカ山です。

Img_66451000

「このマガジン、何発撃ったっけ?(・・・ってかそもそも撃ったっけ?)」

リアカンゲームでBB弾を補充する時に毎度頭を悩ますのが「撃ち尽くしていないマガジン」ですよね。外から残弾数が分からないのであと何発装填すれば良いかが分かりません。特にマガジンに弾を数発残してのタクティカル・リロードを頻繁に行うと、数発しか入っていないマガジンが沢山出来ますので次の装填作業は大変です。それにうっかり30発キッチリ装填したマガジンと混ぜてしまったらそれらも装填し直しという場合もあり得ますね。

マルイM4MWSの場合、マガジンにフル装填したら35発入ります。したがって30発キッチリ装填するためには一度35発装填してから5発抜くか、空の状態から30発数えて入れるかでしょうか。これって急いでる時には結構煩わしいものです。

そこでこういう製品を作ってみました。

Img_65701000_2

銀色のアルミのブロックが製品です。

これはM4MWSのマガジンに入れるとBB弾が30発までしか入らなくなるという、ガチな諸兄にピッタリな代物です。

名前を「ガチ棒」と言います。
装弾数を5発減じてその分萌えを増量するパーツですw
フルに装填すれば自然に30発のリアカンになりますので装填が素早くラクに行えます。リアカンでゲームした事のある方ならその便利さはお分かりかと思います。

さらにガチな皆さんに納得して頂ける精度を出すためにアルミ削り出しで製作し、仕上げには高品位なサンドブラスト仕上げを採用しました。マガジン内に完全に隠れてしまう製品ですが結構良い見た目に仕上がっていますw

定価は6個セットで1,750円(税抜き)です。

・・・要はこれ、マガジンのスプリングガイドを底上げするだけの物です。適当なプラ材を切り貼りしてもちゃんと精度が出ていれば同様の性能になると思います。手先が器用な方は自作されるのも良いですねw 

そこそこの幅と厚みがあれば、あとは長さ16㎜ですよw(頑張って下さい!)

面倒な方、アルミ削り出しに萌える方はこのガチ棒を宜しくお願いします!

リアカン楽しいですよ~♪

 
 

| | コメント (0)

2016年9月 9日 (金)

メーカー出荷開始しました!

こんにちは、パカ山です。

「Φノズル次世代M4」はメーカー出荷を開始しました!
数日中に店頭にも並ぶんじゃないかと思うのですが、その辺のしくみをよく知らないのでホントに並んでるかどうかそのうちショップさん巡りに行ってみようと思います。

 
 

・・・置いてくれてなかったらどうしよう・・・

 
 

Img_65661000

真鍮のノズルってのもいいもんですね、金色で。

試作を始めたのはいつだったかと過去記事をさかのぼってみたら

・・・6年前ってねぇ…汗

 

私の体調もまだまだ本調子ではありませんが少しずつやっていこうと思います。ΦノズルM14もリニューアルで再販予定です。今度は削り出しで作ってみます。

それとこんなのも作りました↓

Img_65701000

M4MWS用です。来週出荷します。
詳細はまた今度。
まぁボチボチ色々リリース予定です。

それでは、Φノズルを宜しくお願いします。


| | コメント (4)

2016年9月 6日 (火)

もうすぐ発売です

こんにちは、パカ山です。

次世代M4用Φノズルの素材が工場から上がって来ました。

Photo

真鍮製です。強度も精度もバッチリです。
でも・・・・重いのでハイサイクルには向きませんw
宜しくお願いします!


 

| | コメント (4)

2016年2月26日 (金)

実験

ちょっと試したいことがありまして次世代M4を購入しました。

Cb6lwbauaaaipop

素のM4、最新ロットです。

新しい銃を買うとなんだかワクワクしますねw

次世代M4用のΦノズルもリリース予定です。
本当は何年も前にリリースしてた筈なのです。

ではでは。


| | コメント (5)

2016年2月23日 (火)

諸々ありまして

こんにちは、パカ山です。

色々ありまして会社と付き合いのある法律事務所さんと相談し、弁理士さんも紹介してもらいあれこれ考えています。

私の中高の同級生にも弁護士が居ることが分かりまして、おまけにパカ山クラフトの属する会社の顧問弁護士もかなりな人の様です。

ただ私の個人的な感情では、表立った騒ぎは避けたいのです。

どうしたものか。

| | コメント (0)

2016年2月18日 (木)

移転いたします。

こんにちは、パカ山です。

長らく体調不良でくすぶっておりました私も、友人の協力を得て活動再開致します。
個人経営の零細から、株式会社の一部門に脱皮する事となりました。

事業所の新住所は東京都千代田区です。
関東のフィールドにもちょくちょく出没しますので宜しくお願いします。

埼玉のチームゲリラの隊員としても復活ですw

 

| | コメント (2)

2015年9月24日 (木)

Φノズルのコピー品を国内で流通させた場合について。

大変ご無沙汰しております。パカ山です。
今日は残念な内容での更新です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中華製品等の流通、販売に関わる皆様へ

SHSより「ΦノズルM4/G3」及び「ΦノズルAK」のコピー品が確認されました。
国内への流入はまだ確認されていませんが、もしΦノズルのコピー品を国内販売した場合について、あまり楽しい話ではありませんが纏めておこうと思います。

Φノズルは実用新案に登録された製品です。したがって無断で商用利用した場合、それは「権利侵害」という違法行為ですので「損害賠償」を請求されるリスクを負います。

損害賠償で請求される金額は「ノズル一個当たり数百円程度」と予想されます。Φノズルは日本製のため中華コピー品より高価ですが、損害賠償となると金額はその程度です。

但し、損害賠償の金額は「裁判」で決められます。弁理士ないし弁護士との契約金等の費用が双方に掛かりますし、更に裁判で負けた場合は支払うべき金額は増えます。

ノズル一個当たり数百円と思われる金額をめぐって場合によっては数百万円のお金と時間と労力が必要になると思って下さい。

当方も無傷では済みません。権利侵害側よりは少ないとは言ってもそれなりのお金が掛かりますし、裁判に時間と労力を費やす事は同じです。

 

最近はインターネット等を使って副業として中華製品の販売をされる方もいらっしゃるかと思います。そういう方はもし訴訟となった場合は「販売実績についての調査」も行われると思われます(納税の実績も調査されるかも知れません)。

裁判所に出頭するための時間も取られますので本業に影響する事も考えられます。それに何より「違法なネット販売の副業で訴訟を起こされている」という事が周辺に知られる事になります。たった数百円の利益にも、それが違法である場合にはそれだけのリスクが生じます。

 

私はそういう訴訟の類は全くもって無駄だと考えています。出来る事ならば全力で避けたいです。しかしプライドをもって製作した自分の製品が安易にコピーされ、国内で自由に流通する事を看過出来るほどお人よしではありません。

しかし沢山の業者さんが違法は承知で一斉にコピー品を販売した場合にはその全てに訴訟を起こす事は出来ません。金銭的に不可能です。そうなったら誰か一人と徹底的に戦うくらいが精一杯だと思います。

だからどうかコピー品は販売しないで下さい。

 

もし流通や販売に関わる方々がこの文をお読み下さったならば、法に則った行動を心からお願い致します。

パカ山こと浦 高浩

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私はパニック障害が悪化し、薬の副作用や二次的うつを併発しております。闘病も長くなりましたが、まだまだ長引くかも知れません。ご迷惑をお掛け通しで申し訳なく思っております。ストレスを溜めない様にと出来る限り何も考えない暮らしをしておりましたところに、このようなコピー品の話が耳に入って来まして、呆れるやら情けないやらです。

パカ山

| | コメント (3)

2012年5月15日 (火)

Φノズルで壊れにくい銃が出来るかも

こんにちは、パカ山です。今日は宣伝させて下さいね。

3月からメーカー製造待ちとなっておりました「ΦノズルM4/G3」を昨日ようやく出荷出来ました。お待たせしてしまいまして申し訳ございませんでした。

Φノズルは、先々月のアームズ・マガジンさんのカスタム特集記事中でも扱って頂いておりまして、そのおかげもありまして多めの注文を頂いていたのですが、またも在庫を切らしてしまいまして、昨日ようやく二ヶ月ぶりに出荷出来たところです。

Mono
↑イメージ図。

そして表題についてなのですが、この内容について今の今までキチンと書いていなかった事に気付いていませんでした。

それはΦノズルは弾詰まりの時にピスクラを起こしにくいという事です。
 
「Φノズルは弾詰まりの時にピスクラを起こしにくい」という事です。

大事なことなので二回言ってしまいました。

口頭では沢山の人に何度もお伝えしている内容ですし、お使いになっている方なら「そういえばそうだな」って感じではないでしょうか。

それではご説明申し上げます。

電動ガンの場合、弾詰まりを起こすとBB弾がノズル出口を塞いだ状態になります。
そのためシリンダー内に残った高圧のエアがピストンの前進にブレーキをかけてしまいます。そこにセクターギアが回転してくるわけですからピストンのラックギアが削られ、もしくは割れてしまい、最悪の場合にはギアも破損してしまいます。
サイクルが速い銃では特に被害が大きくなる傾向があります。

しかしΦノズルではBB弾がノズルに入り込まないため、万一の弾詰まりの時もノズル先端からマガジン方向へエアが逃げます。他社のノズルと違いピストンの前進にブレーキをかけにくい構造になっています。
極端なハイサイクルは別ですが、秒間20発程度ならば弾詰まりを起こしてもメカボックスは無傷の場合が多かったです(保証するものではありませんが)。
ここで具体的に数字を書いてしまうと問題なので書きませんが、もっと速いサイクルでも破損を免れた例があります。

秒間何発まで壊れないとかそういう話ではないですし、保証の限りでもないのですが、少なくとも現在市販されている電動ガンのノズルの中で、もっとも弾詰まり時にピストンクラッシュを起こしにくいノズルだとは言えます。

破損防止の保険という意味でもΦノズルはおすすめです。

直球で宣伝させて頂きました。ありがとうございました。

パカ山 

  

| | コメント (4)

2010年6月 1日 (火)

ΦノズルM14限定再販開始

大変長らくお待たせ致しました。

ΦノズルM14を本日より限定再販致します。
今回は200個の再販で、直販のみの販売になります。

ご入用の方はパカ山クラフトHPまたはヤフーオークションにてお求め下さい。

M14 M142

本当に長らくお待たせしてしまいまして申し訳ありませんでした。
この製品は加工工程が非常に多く、製造に要する時間やコストが当初の予定よりも大幅にかかってしまうため継続販売を断念した経緯がありましたが、皆様から沢山のご要望を頂くに及び、少数ではありますが限定再販となりました。

ユーザーの皆様に評価して頂けた事にパカ山は感激です!
でも発売が遅れて本当にごめんなさい(ペコリ)。
やはり工場泣かせの品物の様です。

今回ご近所のショップであるGoodSpeedの社長さん(ゲーム仲間です)が「イチヨンノズル作らんかい、ゴルァ!」とか「次世代M4Φノズルの開発はどうなっとんじゃ、ゴルァ」とか言いながら私の宝物であるりゅんりゅん亭のシャーリー人形の顔に電動リューターをつきつけて脅かすので、何とか製品が出来上がりました。

どうか宜しくお願い致します。

 
 

| | コメント (13)

より以前の記事一覧