2008年1月24日 (木)

ガンプラ本

Photo先月のモデルグラフィックスに触れられているのを見てから気になっていたこの本を買いました。
定価1800円もするのね。
もち中古640円で買いましたけど。

アマゾンの評では賛否両極端でしたけどおいらには面白かったです。一気に読みました。

この本はバンダイが模型に本腰を入れ始めた経緯から、スーパーカーブームに乗り遅れたり、ヤマトの模型も不発だったりの紆余曲折や、しかし数年後のヤマトブームで業績を好転させ、遂には打ち切りが決まったガンダムの版権を入手してプラモ化するお話です。

具体的なキットの紹介は殆どなく舞台裏の紹介に終始した本です。

だから面白かった!

おいらもガンプラブーム直撃のオサーンです。
300円ガンダムはビームサーベルが2本しかない頃に買いましたし、以後もガンプラは意地になって買い漁りました。
コミックボンボンも創刊号から買ってたりします。ボンボン創刊直前には同じ講談社のテレビマガジンがこれでもかってくらいPRしてたのを思い出します。

ガンダムの初回放送は思い出深いです。
雑誌記事では全然イケてないメカに思えたのに、いざ動いているのを見るとなんか違うんですよ、緊迫感が。もう頭の中ガンダムだらけ。
ノートに絵をかくんだけどザクのスカートの形がよく分からない。なので大百科本を買う。
学校では早々に「ガンダムキ○ガイ」と渾名されました。

当時まだ同志は殆どおらず、放送終了が近付くと友人は「これでお前のキ○ガイも治るな」とか言ってました・・・・ってみんな見てんじゃん結局。

でもね、一つ驚いたことがあります。

あんなに濃密に関わったおいらにとってのガンプラブームってたったの1年半の期間でしかなかったんですよ。以後はザブングル、ダンバイン、マクロスとプラモを作り倒しましたけど、そこでアニメのプラモは終了。トータルでも3年間。たったそれだけ。
いや、子供には充分ですか、それだけあれば?
ヤマトのメカコレ入れたら4年間ですもんね。消防の殆どがアニメのメカプラモに費やされたってことですか。

その後のエルガイム、ゼータ、ダブルゼータ等々は全く興味なし。ちらっと見ておいらの見るもんじゃないと思いました。っていうか特撮一直線?

大学生って暇ですよね。Vガンダム見てました。
そんで1/60のV2とか買って未だに積んでます。
ゼータ以降のアニメも見始めました。バイトで稼いで(まだオタクが上陸する前の)秋葉でハイファイビデオを買って、友人に借りたビデオでアニメ見まくり。
いやアニメに限らず映画を三日で14本とか。
一週間レンタルで三本借りて、でも当日に返してまた三本借りるのー。

何の話か分からなくなってきましたけど、えっと、そうそう、あのガンプラブームって2年間くらいなんですってね、一般的にも。

やっぱ「キャラ物だけにキワモノ」ってことですか?
「でも何だったんだろう、あのブームって?」そういう疑問が沸いてきました。

「エヴァ」も凄いブームになりましたよね。社会人だったけど毎週録画して見て、
「次の放送までに4回は見れる」なんて友人と話してたくらい。
そう、あれも短かったんですね、そういえば。

そんで本題に戻すとですね思ったんですよ。

おいらは果たしてプラモが好きなのかって。

よくよく考えてみると好きじゃないのかも。・・・・ってか嫌い?

理由1・・・・めんどう
理由2・・・・こわれる
理由3・・・・くさい

でも買っちゃう。積んじゃう。ため込んじゃう。

・・・・・何でなんでしょう?

小さい頃、そうね、闘志ゴーディアンなんか見てた頃、プラモは超合金の代用品でしかなかったです。これは間違いないです。
でも代用品にしては余りにショボかったんですよね。だから不満。だからいじる。
少し技術が付くと多少は代用品に値する物になってきた感じ。
もっとうまくなれば超合金以上の物になる(はず)。ならなかったけど。
でも別の何かになった気がする。

だからいじるとこがないMGはプラモである必然を感じないのかもしれない。
だけど「廉価版のおもちゃ」としての理想形にも思えます。

 

・・・・まとまりそうもないのでこの辺にしときます。

プラモを買い続けてきた理由が分かりません。

でもきっと買って行くと思います。

 

| | コメント (0)

2008年1月18日 (金)

840円のラジコン

みなさんこんばんは。
めざましテレビの今日の占いがあんまり良くなかったパカ山です。
ラッキーアイテムは「新しいおもちゃ」だとか言ってたので何か買おうかと思って出掛けてみました。

長男は3月で2歳になるのですが、最近は「好み」というものが出てきたようで盛んに自己主張するようになりました。洋服の好みもありますが何と言っても「車」が好きなようです。車系のものを何か買ってやりたいなぁとずっと思っていました。

いっちょミニカーでも長男に買おうかと「トミカ」コーナーに行ったりしましたが、同じトミーのラジコンに目が留まりました。定価1050円、売値840円です。何て安さでしょうか。即決で買って帰りました。

「無駄遣いすんな」とかみさんのカミナリが落ちた事は言うまでもありません。

Photoシャーシや外装はABS、ギアはPOM、130モーターを2個装備、送信機と本体に単三乾電池をそれぞれ2個使用します。
半完成のシャーシにモーターやギア、ステアリング等をはめ込んで完成。所要時間は30分もかかりません。
ただシャーシのホイルベースがボディーと合ってなくて修正が必要でした。明らかに設計ミスです。その辺はやはり中国製(TOMYだけど)、子供に優しくないですね。
ステアリングは遠心クラッチ式で、モーターの回転が止まるとギアがフリーになってスプリングの力でセンターに戻るしくみです。凄いアイデアだと感動しました。
サーボではないので(いきなり最大トルクです)運転にはコツが要りますが、やっぱラジコンって楽しぃー!

そういえば昔は自動車プラモってこんな感じでしたよね。
買ってすぐ組んで、モーターにリード線結んでセロテープで止めたりして。
無塗装が当たり前だし、チューブ式の接着剤が「蜘蛛の巣」みたいに糸引いてたり。
そんで「電池が尽きるのと壊れるのとどっちが早いか」ってな感じ。
デカールなんぞ台紙を細かく切る知恵がなく全部いっぺんに水に付けて、洗面器に浮いたデカールを一枚ずつ拾って貼ってましたね。当然付かないんですよねー。

さて、夕食後のひと時に娘と一緒に組み立てました。
完成して動かした時の娘の驚きようったら。・・・まるで魔法。

長男に見せたらすぐに車の方に飛びつきました。しかし車が逃げます。
足の間を抜け、バックして向きを変え、止まったかと思うと走り出し、長男は車を捕まえる事が出来ません・・・・ってか捕まえても取り上げられますから。
 
そんでいよいよ長男にコントローラーを触らせました。
ラジコンが理解できるかなぁと思いましたが、さすが子供です。瞬時に理解しました。次の瞬間から娘と長男でコントローラーの奪い合いです。
まぁ今回は長男のおもちゃという事で娘も順番を守ってくれました。
しかし二人とも前進してガツン、後退してガツンの繰り返ししかできません。

子供たちの喰い付きが良くて嬉しかったです。明日は公園で走らせようかな。

 

しかし、ラジコンのユニット自体が既に安いといっても定価1050円でこんなのが作れちゃうなんて衝撃です。MADE IN CHINA って一体何?って思います。
塗装済み食玩やら、ガシャポンやら、プライズ品やら、最近のものは結構手間掛かった作りですよね、そりゃ粗いですけど。
このラジコンが1050円なのを見て、中国製品ってやつは流通コスト引いたら極限まで「タダ」に近いんじゃないかとそら恐ろしくなりました。

どうなるんだ日本。ちょっと心配。

 

| | コメント (9)

2007年8月12日 (日)

俺は待ってるぜ

Img_0168ニルバーシュが
 
ふたつそろって、

なんかウレシイ。

すぐにでも作りたいけど、今の我が家は模型作れるような環境じゃないです。

変形おもちゃとか食玩が売れるのが分かる気がします。プラモもただ組むだけならいいけど、塗装がとにかく手間ですね。もろもろの準備と後片付けを考えると億劫ですし、それにニオイで家族に嫌われてしまいます。
それにいじりだしたらキリがないですしね。
 

よし、素組みでいこう! 何か組もう!

MGのゼータを引っ張り出しました。ver.2.0を組む前に初代も組んどかないとね。

Img_0176箱の中には集めておいた資料がいっぱい。

それに足と腕とシールドと羽根に流用するための旧キットも確保してあります。いじる気満々でした。

それくらい入れ込んでたキットだったんですね! 

 
 
 

Img_0169はぁ・・・、このキットも10年選手か・・・・。
仕事帰りに近所の模型屋に寄ったら偶然その日が発売日で、でも予約分だけで初回入荷分は終了してて、おいらはただレジの奥に積んである予約分の箱を見せてもらっただけでした。次の出荷くらいでやっと買えた時はそりゃ感動でしたよ。旧キットとはダンチですもん。でもテレビで見たゼータの雰囲気と全然違うんですよね。そこだけが不満つったら不満でしたね。

Img_0175さてランナーを箱から全部出しました。

 

 ・・・・・・ゲプッ(失礼)

 

部品が多過ぎて、見てるだけでお腹いっぱい。

パカ山はずっとこの調子で、MGは色々買ったけど一個も作った事ありません。

 

皆さんはどう思います?MGシリーズの部品の多さを。

一度組んでみれば分かるのかな、その必然と素晴らしさを。

でも、・・・・・もうちょい積んどこうかな、めまいするんで。

気持ちが高まるまでもう少し待つ事にしました。

| | コメント (2)

2007年1月25日 (木)

うほっ

Photo_210 
「買・わ・な・い・か・?」 

・・・・とばかりに再販してました。

イパーイにナタヨー。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

模型の展示会

ヤマダ電機のホビーコーナーで、

「モケイおじさんとモケイおにいさんの合同展示会」なる貼紙を見つけました。

文化の日に豊橋の港の方でやるそうです。割と近いです。

気になる。何か気になる。「飛び入り歓迎」というのも気になる。

「飛び入り」って何を以って飛び入りと言うのかしら。当日券ありみたいなものかな?

おいらは「イベント」というやつにはあまり参加したことがありません。

「ブラックホール(トイガンのイベント)」で「ファストドロゥ(早撃ちです)」をやるぐらい。

模型は離れて久しかったし、飛行機を筆塗りして本棚に飾る程度の趣味でしたし、

・・・・・・でも気になる。来月そこは休みにしてもらうかな。

おっと、遅ればせながら、XM16E1が好きなパカ山でございました。

それと、もう一つ気になる事と言えば、ドラマ「セーラー服と機関銃」の中で、長澤まさみさん演じる星泉はすぐに「メガネっ娘」を卒業してしまうのでしょうか。「アレ?メガネは?」みたいにさらりと流されてしまうのでしょうか。おいらには大変重要な事項ですのでその事が常に脳裏を離れません。

煩悩多し!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月 5日 (木)

宝物自慢

みなさんこんばんは。

XM16E1よりも みのもんたが好きなパカ山でございます。

すいません、ウソです。

今日はおいらの「たからもの箱(押入れ)」から選りすぐりの逸品をご紹介します。

Photo_101じゃーじゃーん!

イマイのクァドラン・ローでございます。

かのミリア様(痛っ)の愛機でございます。

え、興味ない?

分かりました。

でも次行きます。

 

     
 
 

Photo_108
中身です。

・・・・って話勝手に続けますのでヨロピコでございます。

こんなものでもおいらにとっては宝物なんです。

Photo_109 

 

 

 
  
 
Photo_106作るのが勿体無いので、製作用のキットも手に入れています。イマイ倒産後のバンダイ版です。
同じ金型なのに箱が少し大きいです。

でも、初めてイマイ版を見たときの様なワクワク感はないですね。残念。

今ひそかに狙っているのが、イマイのリガードです。ヤフオクでたまに見かけるのでいつか買うかもしれません。

イマイのリガードは当時は金がなくて買えず、仕方なくアリイの小さい方を買ったのですが、そのあんまりの出来にタミヤパテをチューブ半分ぐらい盛って整形しました。
一方イマイのキットは今見てもめちゃくちゃ良いです。
 

Photo_107そんなこんなで、「いつか」作るための資料本も後生大事に持っています。
一部の雑誌はホントは兄のなのですが、飽きた頃を見計らっておいらのたからもの箱にいれちゃいました。

おいらの一生、まだまだやらなければならないことがてんこ盛りでございます。

↓下の記事はあと数秒のところで5日の投稿になってしまいました。

 チキショー、「byブライト・ノア」なんて書かなきゃ良かった。
 「by」が大文字なのを気にしたばっかりに・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年8月13日 (日)

金属が好き

今日が誕生日のパカ山です。

家内が一万円以内を条件に好きなもの(鉄砲以外)を買ってくれることになりました。

すっごく悩みましたが、今はこれしか考えられませんでした。
Photo_42
タミヤのスプレーワークHG-2
(ダブルアクション0.3mm)です。

 
 一万円を超えちゃいましたので残りは自腹。

この金属感がゾクゾクするほど素敵です。

昔からずっと欲しくて、でも初期投資が大きすぎるため踏み切れませんでした。

雑誌のエアブラシ特集とかついつい買ってしまうのに結局はどれがいいのか分からず、しかも大学時代の友人の例もあって二の足を踏み続けてきました。

気が付けばそれは15年越しの恋慕です。

大学時代、同じ文学部のオタク仲間であった「S」は、「テッカマンブレード」という私には全く分からない模型をせっせと作っていました。ゲーマーとしても超一流だった彼は「ストⅡ」など「格ゲー」の修行中でもあり、地元ゲーマーを駆逐すると本八幡や新小岩あたりまで進出して孤独な戦いを繰り広げていました。

そうそれは未だスーファミの時代。

「ゲーセン」はおいらなんぞには想像もできないくらい「香ばしい程にハードな」世界だったようです。

その彼が今は亡き千葉のセントラルプラザの模型屋のショーウィンドーで足を止めました。

その視線の先は「98式AV」すなわち「パトレイバー」のガレキの作例でした。

「うまいな・・・」

彼はそう呟くと、「あ、V2が出るんだぁ」と店頭の広告を指差し、Vガンダムの新OPの美しさを語ってくれました。

あの頃Vガンなんぞ一度も見たことなかったけど、今は言える。

「確かにあれは美しい! (君の言うとおりだったよ!)」

そう彼は常に妥協を許さない、最高の結果しか求めない、筋金入りのオタクだった(・・・と思う)。

その彼がエアブラシに手を染めるのにそう時間はかからなかった。

・・・で、何か良くわからないスプレー式の「DDT噴霧器」みたいなのを買ってきた。

・・・・・・全くダメ。

そんで、よくわかんないけど1万前後の何かを買ったらしい。

・・・・・・全くダメ。

結局数万かけて、コンプレッサーも、ハンドピースも、レギュレーターもかなりなものを買い込んできた。

彼は言った。

「この辺、全部ダメ。金のムダだった。」

それから15年が経った。

彼が求めていたレベルがどれ程のものだったのか今は分からない。

しかし彼の言葉に支配され続けた15年だった。

「4,5万最初にきちっとかけた方が結局安い!」

何て重たい言葉だ。

でも、今のおいらは分かる。

・・・おいら最高でなくていい!

最高を待ってたら「いつまで経っても前に進めない!」

「ムダ上等!」

そうして迎えた今日

・・・・・・・店員と話し込むこと30分。

結局お手軽は拒否し、拡張性を重視。

そうなるとダブルアクション。

メタリック塗装には、あまり細すぎるのもと言われ0.3mmに決定。

最終的に4万コースに行く覚悟で、第一歩を踏み出した。

Photo_43だけど今は缶。練習用だ。

缶に繋ぐための簡易レギュレターや細いホースはコンプレッサーを買ったらゴミになる(自腹)。でもそれでいい。

そして塗装ブースも作らないと!

  

色々あるけど、夢膨らみます。

そして何より、カメラでもそうだけど、「金属が好き!」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

一生生きても足りないよ!

プラモ好きには「積んどく派」が多いそうです。

いつか作りたいので買うのだけれど、作る時間がなくて積んどく。

あるいは作るペースを買うペースが上まわって積んどく場合などです。

やっべ!すごく分かるよそれ!

ある掲示板で名言を見つけました。

「今持ってるプラモを作りきるのに200年はかかるよ」


・・・・・まずひ

おいらね、そんな量はないのだけれど、こないだ買った積りのキットが15年目のデッド品だったりするのね。このままでは「買ってから40年は当たり前」になりそうですし、中年の10年は高校生の半年分もない気がします。

こまったことに人生80年程度。だけどそれぐらいじゃ100%足りない!

生き急いで全て終わらすか、今のペースで一秒でも長く生きるか、どちらかしか選べません。

今度生まれてくるときは、一生分で完結出来る夢しか持たない積り。

・・・でもまたきっと持つ。

この夏をおいらの人生の「天王山」にしてやる!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

ひきこもり

家族はみんなお泊りで、家に居るのはおいら1人。
普段は子供の世話で一日終わるけど、久しぶりのホントの休日じゃないですか。

・・・・・でね、一日パソコンに向かっていました。

少しへこみそうですが何も言いません。後悔は少ししかしないようにします。

Photo_290そうそう、押入れをあさりまくった時に、とっくに捨てたと思っていた1/100のZガンダムが出てきました。大学生の頃の作品です。変形時に肩がフライングアーマーに収まるようになってます。「おいらって天才!」って思ったけど、数年後発売されたMGゼータのフライングアーマーを見て、「みんな考えることは一緒だなぁ」と思いました。(写真見てやってください)
最近ガンダムMK-Ⅱver.2.0を兄が買ってくれましたが、ガンプラの進化は恐ろしいですね。

先日得た2,150円はあと600円ほど残ってるので、お酒買ってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)