2009年11月10日 (火)

L96のライトチューン

おいらの周囲ではシンケンイエロー派が太ももで一歩リードしています。
シンケンピンク派のおいらは孤立の危機を迎えています。

で、L96のライトチューンをやってみました。

L96_1 まずはアウターバレルからマズルキャップを撤去します。
アウターバレル先端をガスコンロで直火焼きすれば簡単です。
そんなに加熱しなくて良いです。炎に触れない程度の距離で表面が妄想で150度くらいになったらラジペンをマズルキャップの穴に差し込んで回します。
ちなみにネジは正ネジで、Gスペよりはネジロックが少なめだったのでラクに外れました。

 

L96_2 アウターバレルにチャンバーを挿入してネジを締めこむと、大抵こんな風にインナーバレルが変な方向を向いています。原因はチャンバーの歪みとアウターの歪みです。これではインナーバレルがマズルキャップに曲げられてしまいます。

 

L96_4
従って赤丸の部分を殴ってみたり(矢印の×の部分は手元が狂いました)、チャンバーのテーピングを銅箔テープでやり直したりしながらチャンバーの芯を出していきます。

 

L96_3 普通にネジを締めれば必ずこうなるまで調整します。
まだ下にふってますので最後にセロテープを一枚巻いて完了しました。

 

L96_5 続いて試行錯誤。
ホップの掛かりの弱さをなんとかしようとして失敗した記録です。
円盤状に切り出したプラ板を調整ダイヤルに挟み込みました。

 

L96_6 ダイヤルの底上げをしようとしてみたわけです。
しかし0.5mm厚では厚みが足りず、1mm厚ではダイヤルが回らなくなりました。

 

L96_7 原因はホップアームの赤丸部分がアウターバレル内壁に干渉してそれ以上動かなくなるからでした。
0.25g以上の弾で適正ホップを得るにはホップアーム自体を加工する必要がある事がわかりました。この作業は失敗です。
で、調べてみましたら、ガンスミスエンジニアさんで紹介されている方法が一番確実で優れた方法だと思います。流石ですね。

ついでにアームの可動軸にも注目です。
支点と作用点の距離がVSRと比較して非常に短く、またアームの先端とシムゴム押さえが別パーツ化されています。
M14風のリンク機構も遊びが多くて気持ちが悪いです。ホップ機構はVSRの方がシンプルで且つ優れていると思います(この辺は次の課題です)。

それとインナーバレルとチャンバーの間に隙間を作りました。
本来ここはインナーバレルをタイトに固定していますので、9mmのドリルを通してスカスカになる様に加工してあります。

 

L96_8 チャンバーのこの部分も同様にドリルを通しました。
芯出ししたとは言え、チャンバーには僅かなズレは必ずあるでしょうからインナーバレルを逃がす事でバレルの曲がりを防ぎます。

 

L96_9 ついでにインナーバレルにも銅箔を巻きます。
この位置に巻いたのはBB弾の保持位置をインナーバレルの首フリの支点にするためです。

 

L96_10 ホップアームはイモネジで直押しする事にしました。
0.25gでも鬼ホップが掛けられます。

 

L96_11 さて、アウターバレルの根元上部には位置決めの穴があいていますが、これは長穴になっています。アウターバレルとレシーバーの上下を合わせると最悪ネジピッチの一周分近くアウターバレル&チャンバーのユニットが前後するから当然ですね。

 

L96_12 アウターバレルはこの銀色のパーツで位置決めされます。
アウターバレルのネジ込み量の違い(個体差)によって写真の隙間が増減し、隙間が多い程チャンバーが前に逃げて行くので、実質のノズル長が目減りする事になります。

 

L96_13 この個体はどうかと言いますと、結構前に逃げます。
丸で囲った部分に見える銀色の部分の幅が上述の隙間の幅です。

 

L96_14 この状態で給弾のガイドを載せてみます。ガイドの前端はチャンバーにネジ止めされます。で、後端のネジ穴はこの通りピッタリというかホントはチャンバーにもっと前に出ろってことでしょうかね?

 

L96_15 それは嫌なので、逆にアウターバレルをもう一周ネジ込んでみました。
アウターバレルの位置決めパーツの隙間はほぼ無くなり、その分ノズルが延長されたのと同じ事になります。

・・・しかしこうなりました(汗)。
ネジ穴が塞がれてしまっています。後程棒ヤスリで干渉部分を削って固定ネジがすんなり入る様にしました。

 

L96_16 そしたらおまけにこういう問題が起こりました。
チャンバー後端にシリンダーヘッドが当たり、ボルトハンドルを倒す時に少し抵抗を感じる様になりました。

 

L96_17 まぁそれ自体はむしろノズル長を最大限に利用しているので悪くないかとも思うのですが、副作用としてボルトハンドルを下げた時に本来解除されるはずのトリガーロックが外れにくくなり、引き金が引けない現象が多発する様になってしまいます。
トリガーユニット全体を遊び一杯うしろに下げてしまえば解決しますが、結局はチャンバーを前に逃がすかシリンダーをうしろに逃がすかの違いという訳です。

 

L96_18 そこでトリガーユニットは全く触らずチャンバーの後端を1mm程削り取ってしまいました。
これでボルトハンドルの動きもスムーズですし、トリガーがロックする現象もなくなりました。
写真には芯出し時の銅箔テープも見えています。

 

L96_19 次にノズルです。
この通り給弾機構の関係上好き勝手にノズルを延長する事は出来ません。

 

L96_21 私はボルトのノズル長をかなり長めに設定するのでΦノズル化しました。
全長が変わらないので給弾に影響を与えません。

このノズルは4Φの内径を30度のテーパーで5Φまで拡大し、その5Φ部分に厚さ1.68~1.69mmに削ったジュラコン板を圧入しています。出口付近ではテーパーで厚みを減らしていますので写真では細めに見えると思います。
ロングバレルなのでやや絞りめの方が初速と弾道の安定に繋がる筈です。

 

L96_22 最後にピストンヘッドの消音加工です。
シリンダー容積が少し減りますのであまり嬉しくはないんですけど、この銃はちとうるさいですよね。

ちなみにノーマル時のシリンダー容積はインナーバレル容積の1.96倍程度でした。アバウトな計測なので勘弁して下さい。

以上が現在までのカスタム状況です。

初速は適正ホップ0.25gで80m/sを下回っていますがロングバレルらしい弾道で20m~45mまでは10倍コマンダーのドット2個の範囲内に収まりました。50mでは結構落ちますね。スコープ内に着弾しますが。

しかしホップの安定にまだまだ不満があります。
今後の課題はホップアームを何とかする事と、力任せに装填せざるを得ないマガジンを何とかする事です。

特にマガジン!弾が変形するかローダーが壊れるかとビクビクしながら10円玉をガイドに給弾しています。BB弾の選別とか以前の問題といいますか、ある意味何かがふっきれます(笑)。

・・・・おいらやっぱりVSRの方が好きです(ボソッ

それでは、また何か弄ったらアップしますので宜しくお願いします。

 
 

| | コメント (11)

2009年2月24日 (火)

痛いボルト

先日死亡したTR-Xコマンダーの後釜にはPT4-16×56を選んでみました。でもまた弄りたい病が疼いてきている学習しないパカ山です。
あ、どうもこんばんはです。

今日は久しぶりにVSRを弄りました。
813Sさんの友人のチームデルタのSさんのGスペなのですが、弾道が右曲がりなためアウターとレシーバーにネジロックを塗ってしまい全くバラせない状態との事。

というわけで813Sさんにその銃を持ってきて貰ったのですが、実は813Sさんをボルトの世界に引きずり込むのが今回のカスタムの最大の目的だったりします。

カモがネギしょってやって来るとはこの事ですね(失礼)。

やった事は単純です。ガスコンロでレシーバーを直火焼きしてネジロックを溶かし、一気に二人がかりのフルパワーでアウターを分解します。これで仕事の8割は終了です(笑)。

続いてアウター先端をコンロであぶってマズルを分解します。台所での作業はこれで終了です。

そんでアウターバレル内部のブレ止めを全撤去し、アウターにチャンバーを組み付けると、プラハンとバイスでインナーバレルがアウターバレルの中央に収まる様に殴ったり捩ったりして芯出し完了です。今回は銅箔テープ無しで追い込めました。

アウターバレルのガタはレシーバーにM4タップを2箇所増設してイモネジを入れます。イモネジはアウター基部を変形させない様にガタを取れる程度の軽い力で締めておきます。

後は諸々組み立てて完成。室内5mで集弾チェックしてワンホールにしかならない事を確認して作業終了です。

 

さてここからがお楽しみタイム!!

813Sさんも俄然盛り上がって痛いシールを作ります。正直ここからが私にとっての本番です!
(Sさん、ホントこれが楽しみなんです。どうか勘弁して下さい)

Photo_2  
ジャ~ン!

2_2  
意外と迷彩効果も高そうです。

このシール、大変気に入りましたので私の銃にも貼ろうと思います。

ではでは。

 
 

| | コメント (8)

2008年3月18日 (火)

新兵器導入!APSカップへの道のりの始まりか?

Img_0256_2やっぱ精密射撃といったらAPSカップ。だけどあの大会はスポーツガン協会の銃しか使えません。
つーことでAPS-2SVを入手しました。後輩から格安でw 

昔持ってたAPS-2はORベースでSVのアウターを組んでたんですが、今回はSVベースでORのボルトハンドルを付けてみました・・・・・・って全く同じ物が出来上がりました。
ストックは一段短縮し、ついでにおいらのコレクションの中からステンレスシリンダーに換装してみました。現時点ではシリンダーは空っぽですが、今週上京するのでスプリングガイドと桑田のMかH(ってまだ売ってるのかな)辺りを入手予定です。スプリングはショートバレル用を3本程キープしてあります。

Img_0260_2スコープはマルイの4×40が付属していました。マウントの高さが絶妙で覗きやすいです。前玉いじって10mでパララックス・フリーに出来たらそのまま競技に使うつもりです。ターゲットレティクルですがAPSカップは距離固定なので問題ありません。

APS-2を所持するのは2001年頭に売っぱらって以来ですけど改めて見ると大柄な銃なんですね。
親指がしっくりくるボルトの操作感とトリガーフィーリングは最高です!

| | コメント (2)

2008年2月20日 (水)

ボルトを競技用にいじる その1

以前からVSR-10を徹底的にカスタムしたいと思っていたのですが、やっと重い腰を上げて先週からいじりはじめました。そんで先程一区切り付いたので晒しますね。

Photo_2まずは下準備。
チャンバーの矢印の部分の穴を貫通させてタッピングしておきます。

Photo_3続いてこんなのを作ります。インナーバレルの代わりです。
チャンバーとピッタリになるように現物合わせで作成すると当然インナーバレルよりかなり太くなります。

Photo_4チャンバーを固定して切削します。

Photo_5出来ました。先端の段になった部分が命です。
それ以外はフローティングないしは今後の加工の基準となります。

Photo_6次にカーマで購入した「水道補修具」を用意。

Photo_7繋いで穴を掘り、

Photo_8しっかりネジ止めします。ついでにアロンもタプーリ入れときました。

Photo_9こうなる予定です。

Photo_10さっそく切削し、先っちょの穴も芯を出して削り広げます。

Photo_11出来上がったら逆さにくわえますが芯出しが大変。
両端で3/100mmの振れがおいらの限界。従ってチャンバー側ではホップパッキンのみでインナーバレルを保持する様にして誤差を逃がす事にしました。

Photo_12内側も削って仮組みです。
振れは先程言った通りですが芯は1/100mm以下の誤差です。

Photo_13次にインナーバレルを保持するブッシュを作成。
この形の意味は、

Photo_14外側の段で内径10mmのアルミパイプを保持するため。

Photo_15そんでブッシュは叩き込み。

Photo_16次はチャンバーの固定。

Photo_17こうなります。

Photo_18こういう風に組み込まれます。インナーバレルに余計な荷重が掛からない仕組みです。

Photo_19一応組んでみます。

ホップ調整は上からイモネジで調整することにしました。

あとはブッシュからバレルキャップまでの間を繋ぐアルミパイプを切り出して完成です。簡易サイレンサー組み込みにしちゃおうかな。

これをプラットフォームにして命中精度の実験をやっていく積りです。

それではまた。

 
 

| | コメント (3)

2008年2月19日 (火)

ボルトをマジでいじる

こんにちは、パカ山です。
このところボルトいじりに終始しています。そして今回はかなり真剣にいじってます。

ただ誤解の無いように書いておくと、今までのエポキシパテでの加工に不満は全くありません。しかし今回は「ボルトでボルトオン可能なパーツ」を狙って作成しています。可能かどうか分かりませんが・・・・。

しかしベンチレースのチャックが酷すぎるので騙し騙しで相当に時間を喰ってしまっています。四つ爪チャックを導入しないと目指す精度は難しそうです。
 
アウターバレルは精度が高いGスペの物を使用。
現時点でやっと折り返し地点。まだまだ時間が掛かりそうですが完成するまで晒したくないので今週末にアップ予定です。

そんで今日も子供の看病っていうかおいらも風邪でフラフラです。

それではまた次回。

 

| | コメント (0)

2008年1月19日 (土)

届かなかったか・・・。

今週末のサバゲのためにスコープマウントリングをア○ゾンに発注していたのですが一向に届く気配がありません。

発注は12月25日で発送予定は1月10日~1月19日とあったのですが、年明けに確認したら11日~22日に変わってやんの。送料をケチるために岡田あーみんのマンガも一緒に注文したのにずっとおあずけですぜ。

Photoスコープが30mm径になったので手持ちのリングを使ったらこんな感じで少し高いんですよ。
だから年明けのゲームのために4.5mm高(5.5mm下がる)のリングを発注したんですけどこんなに待たされるとは(まぁそう書いてあったのは事実なんですけどね、でも限度いっぱいまで待たされるなんて・・・)。
今日の時点で発送されていないので今回のゲームはこれでいくしかないですね。

電動M4は部品と化してますんでボルト一本でいきますけど、マウントリングを待ってたのでサイト合わせも何もやってません!年初めからダメダメっぽいです。 

・・・・早く届いて欲しいぞマウントリング!

 
 

| | コメント (4)

2008年1月 5日 (土)

ボルト特集の準備

こんにちは、パカ山です。
この所書くことが一切無いので書いてませんでしたが近況ぐらいは報告しておきまと、

妄想してました。

というのもボルトアクションのネタで書きたいと思っているんですけど、そうなると飛距離についても考えたくなったのであれやこれやと妄想しています。

妄想じゃなくてキチンとした計算式で書ければホントはベストなのは分かっています。でも諸データの実測の手段すらないし、そもそもおいら数字が苦手なんで諦めました。

 

ところでおいらは割とゲームでVSRを使っていますが、使ってみての率直な感想は、

「スゲー使える!」です。

特にショートバレルにしてノズルを絞ってからは電動を完全にアウトレンジしています。
・・・・・しかし遠距離では威力が殆どなくなっており、当たっても分からない程の貧弱な弾が水平飛行(?)を続けている感じです。

まぁ、そこら辺の事をですね、これまでの試行錯誤を絡めながら書きたいです。

 

それとボルトの集弾性は

「九割方はインナーバレルの組み付け精度で決まる」・・・がおいらの持論です。

なので「ボルトで一番大切なパーツは?」と訊かれたら

「アウターバレル!」だと答えると思います。

まぁそんな感じでそのうち書きますんで、気が向いたら覗いて下さい。

ではでは。

| | コメント (6)

2007年12月26日 (水)

Gスペックのアウターバレルを入手

こんばんは、パカ山です。

先日のロングレンジチャレンジ出場の折り、赤羽のフロンティアに立ち寄りました。
フロンティアはノーマルパーツのバラ売りや中古販売が堪らなくステキです。

1そんでこんなのを購入してました。
Gスペックのノーマルアウターです。
ちょっと小傷が多かったのが残念ですけど写真のセットで2980円でした。
ホント嬉しいですよね。
 

2早速分解。
マズルキャップの奥の小穴にラジペンの先を突っ込んで回してみます。

・・・・・って回らんよ。
えらい硬いよ、コレ。
ってか逆ネジ?正ネジ?どっち?
ネットで検索したけど見つからないお。
 

3これでもかー!

プラハンマーで叩くけどダメー!
嫁に手伝わせてもピクリとも動きません。
・・・ってか逆ネジ?正ネジ?どっち?

「パキーン!」とかいってラジペンの先端がずれてマズルキャップの中がそれは酷い事になって行きました。

・・・・・困った。

やっとX-FIREのHPでGスペのマズルキャップの写真を発見しました。
なになに、接着されてるとな。「はずす時は慎重に」とか書いてある。
コレだけ殴ってはずれないんだから「慎重に」なんてムリだよー。
それとネジの写真をよく見たら正ネジですね。

みなさーん!Gスペのマズルキャップは正ネジですよー!
 (常識ですかー?)

仕方なく最後の手段。

・・・・・火にかけました。

ガスコンロに火をつけて、左手で持って熱の伝わり方から大体の温度を把握します。
炎には触れない様に、でも寒いので火には結構近づけて、バレルをくるくる回しながら加熱してみました。

大体120~150℃くらいになった所でラジペンを突っ込みます。

ラジペンを持つ右手に伝わる熱気!・・・・・間違いなくバレルに触ればやけどです!
皆さん、パカ山みたいに素手じゃなく、軍手ぐらいして下さいねー!

おお!少し回った!
でもすぐに冷えて固まる!

以後は熱しては回しの繰り返しでやっとこはずれました。

4こんな感じ。
赤いネジロックがベッタリっす。
これじゃはずれないわけだ。

 
 
 
 
 
 
 

5こっちから見ると酷い事になったなぁ。
なんてこったい・・・・。

で、
 このアウターを買って、
 マズルキャップ外して、
 どうするかというと・・・・・・・

 
 
 

・・・・・考えてなかったYO!

ただ何となく欲しかっただけなんじゃー!

 

| | コメント (2)

2007年11月 3日 (土)

ガチョピーン(驚

O逝ってしまったピストンリングの代用品として、ホームセンターで買ったOリングとシリンダーヘッドのOリングを比較テストしてみました。

どっちも変わりません。初速も安定してくれました。ホームセンターのOリングなら安価だしすぐ手に入るのでありがたいです。 
ちなみにマルイにピストンリングを売ってくれるか聞いてみたら、矢張りシリンダーアッセンブルでしか売らないそうです。修理はどうするのか聞いたら「開けずに交換」だそうです。安全対策とはいえ随分高価な消耗品ですね。

 

それと、驚きの(ってか頭イタイ)結果が出たので報告します。

ノズル内径3.5mmでノンホップでの初速90.05~90.85m/sなのですが、ホップをかければかけるだけ初速が上がりました。
「そりゃないだろ」という急上昇レベルまでホップをかけたら遂に99m/sギリで、さすがにそれ以上ホップをかけたら初速は落ち始めました。(暖かくなるとヤバいですぜ)

想定外の上昇率にボー然としています。ノーマルピストン重すぎです。

| | コメント (0)

2007年11月 1日 (木)

ピストンリング

Photo地獄のパワー調整を行っていました。スプリングの手持ちが1.2Jスプリングをカットしたものしかないので底上げで目標のパワーまで持って行きます。しかし安定しません。パワーはクリアしましたが非常に不安定です。

ノズル穴径に合わせていくつかを組み合わせるのですが、スプリングガイドで底上げしたり、ピストンに仕込んでピストン重量を上げてみたり(ノーマルピストンは19g)で、うまくいかないので頭の中がぐじゃぐじゃです。ピストン重量はノーマルで十分みたい。むしろ軽くしたほうがいいかもしれません。

あーでもない、こーでもないとスペーサーだけで6個も作りましたが、安定しないばかりか初速が少しずつ落ちてきました。

そうなると原因はピストンリング磨耗ですね。減り始めるとすぐダメになりますから。

1肉眼では全く分からないと言ってもいいかもしれません。それほど微妙な磨耗です。
しかし鬼接写をすれば一目瞭然!縦の筋が入っていますね。
こうなるとシリンダー内壁との接触面積が増えるので大きな抵抗になってピストンスピードを下げてしまいます。

2ちなみに新品はこちら(違う種類だけど・・・)。パーティングラインのバリも残っています。
抵抗も少なく気密もバッチリです。

しかし困った。マルイはピストンリング単体で売ってくれるのかしら・・・・。
とりあえずはピストンヘッドのOリングでも使うしかないですね。

ピストンリングは一番の消耗品のような気がします。電動ガンでもメンテ後に初速が落ちたらかなりな確立でピストンリングの磨耗だと思います。
ノーメンテで一年以上撃ち続けた後「そろそろ手入れしてやるか」とばらしてやるとシリンダー内のグリスが乾燥し始めていて、それらを洗浄してからグリスも新しくして組み立てると初速が出ないって経験ありませんか?・・・・おいらは結構あります。
何も知らなかった頃は匙を投げ、そのうちピストンヘッドを換えるようになり、今では数個のピストンリングをストックして初速が落ち始めたら交換するようになりました。

ボルト用もストックしとかなきゃダメかな。

| | コメント (3)